2007/7/12

お盆によせて・・・  生活

そろそろお盆ですネ

 友達が最近親しい友人を亡くして落ち込んでいました。確かに親しい人が亡くなるって、残された人は悲しいですよネ。
でも、多くの人を見送ってきた私が思うのは、亡くなった人は苦しみのない国に旅立つのですからルンルンだと思うんですよネ。でも、置いていかれる人は悲しい。

 それは旅行でも同じだと思うんですけど、旅立つ方は楽しいし、残った人の心なんて考えてなんていないんだろうけど、残された人の空虚感ってすごいですよネ。

 ただ、旅に出るのと亡くなるのの違いは、その人に再会できるか、できないかだと思うのです。

 恐山に旅行したときにガイドさんがご詠歌について話してくれたのですが『一つ積んでは父のため二つ積んでは母のため…と石積みする子供に、親の悲しみの涙が針となって刺さる…』というものです。現世の人の悲しみはあまり良くないようですネ。亡くなった人がこの世に執着して成仏できないのだそうです。亡くなった人を偲ぶのはイイのですが、悲しむのはよくないのかもしれませんネ。

 法事の時にお坊様から「亡くなった人を偲ぶことは、その方の霊位を高めますし、偲んだ方の心を浄化させます」というお話を伺いました。

 この世に生を受ければ、いつかこの世を去らなければいけないのは定めです。命日は亡くなった人にとっては、あの世での誕生日。お彼岸とお盆はお正月休みのようなものだそうです。普段はあの世で楽しく暮らして頂いて、年に数回家族の顔を見に帰って来る…。

 実家との距離はスープの冷めない距離がイイと言いますが、亡くなった人との距離も、あまり遠すぎず近すぎず、年に数回帰ってきて頂くくらいの方がイイんでしょうネ(*^-^*) ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/7/13  16:26

投稿者:お京

fuyokoさんへ
残った人がマイナス思考でなくプラス思考で考えると亡くなった人の霊位があがるらしいですヨ♡

http://wind.ap.teacup.com/kyoko/

2007/7/13  7:10

投稿者:fuyuko

 よい事をここで教わりました、命日は あの世での誕生日・お盆はなくなった方のお休み?
なのですね。今年初めに亡くなった私の父は成仏できているのかと心配です。


http://blue.ap.teacup.com/michi109/

2007/7/13  0:40

投稿者:お京

らんさんへ
ご来訪有難うございます。
こちらも、また遊びに行かせて頂きますネ♡

http://wind.ap.teacup.com/kyoko/

2007/7/13  0:38

投稿者:お京

ofukurosanさんへ
あの世はこの世の反対な世界だそうです。
不完全は完全に、病気の人は健康に…だから死は誕生なんですってo(^▽^)o
この考え方は日光の東照宮に生かされているらしいですヨ♡


http://wind.ap.teacup.com/kyoko/

2007/7/13  0:33

投稿者:お京

megumyさんへ
キリスト教では仏教の回忌の代わりに記念会というのをやりますネ♡ あとは亡くなった人を偲ぶというより、神様をたたえるのが中心ですネ(*^_^*)

http://wind.ap.teacup.com/kyoko/

2007/7/13  0:23

投稿者:お京

takuyaさんへ
一生懸命生きるって言うのが一番だと思います(*^^)v
きっとご先祖さんも応援してくださっているでしょうネ♡

http://wind.ap.teacup.com/kyoko/

2007/7/13  0:20

投稿者:お京

ヒヨコさんへ
毎日大変ですネ。体調を崩さないよう頑張って下さいネ♡

http://wind.ap.teacup.com/kyoko/

2007/7/13  0:01

投稿者:らん

こんばんは^o^よく読んでませんが… とりあえず〜⇒Telから伺いましたヒラメイタ! では…また明日ですね(*^ω^)ゞ おやすみなさいzzz

2007/7/12  23:19

投稿者:ofukurosan

命日は亡くなった人にとってはあの世での誕生日か・・。
ん〜、深いなあ・・・。
考え方によってとても前向きになれる言葉のような気がします。

うちの親はもし死んだら樹葬?にしてくれって言ってます。


http://sun.ap.teacup.com/ofukurosan/

2007/7/12  23:07

投稿者:megumy

うち、お盆は祖母と一緒に迎えます。
昔はナスに割り箸刺したり、全く意味が分からなかったけど、
今はすごく考えたなぁと思います。
外国ってどんななんでしょうね?
こうしてお盆みたいに、迎えたりするんでしょうかね??

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ