主にあって「アロハ」  

6年間の学園生活を無事卒業することが出来、日々今までの「恵」に感謝しています。さて、今後の黒田の計画ですが、「牧会お助けマン」を再開し、主イエスの「愛」をお伝えしていこうと燃えに燃えております。どこへでも参ります。よろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します

お問い合わせ・ご連絡先は…
「牧会おたすけマン」事務局  
代表 栗原純人 (福音交友会・岸和田北聖書教会 牧師)
Tel/Fax 072−443-1795  sumingk@sensyu.ne.jp
〒596-0005 岸和田市春木旭町 30-3
120

2018/5/23

5月23日 雨の一日  

朝、外は小雨。

雨の中床屋に歩いて行く。

「もうじき、ハワイですね。」
「あと2回は来させてもらえると思うますよ。」
「この間頂いた本、ためになりますね。」
「読んで下さったのですね。良いでしょう、あんなふうに年をとれるのは・・」

差し上げた「ハワイで見つけた素敵なクリスチャンライフ」を読んで下さったのだ・・。


 〜〜〜**〜〜〜


雨の中、今日は家で溜まっていることを片付ける。
クリックすると元のサイズで表示します
ひもで縛られた段ボールを開いてみると、1955年から1983年までの日記帳やアポイントメントノートと手紙が入っていた。

1955年、中学3年生から、1963年、大学卒業までの日記と

1964年、会社に入り、1970年、岸和田聖書教会の牧師になり、

1983年、ハワイのマキキ聖城キリスト教会の牧師とならせて頂くまでのものであった。

その頃、まさか高知に住み、校長になるなどは想像もできないことだが、

しかし、これらのすべては神様のみ思いには明らかであったのか・・と思うと、

2018年、これからが楽しみとなる。

あなたの目は胎児の私を見られ
あなたの書物にはすべてがしるされました
私のために作られた日々が
しかも その一日もないうちに   (詩139:16)

 
1

2018/5/22

5月22日 旅の報告  

今夜は月一度の中川家での聖書を開く会

バプテスト教会のH先生が「今日は説教ではなく、証しをさせていただ来ます」と前置きされ、
クリックすると元のサイズで表示します
うつ病体験をした証しを話してくださいました。

実際に自分が病人となり、元気な時にお見舞いとして話した言葉や祈った祈りが自分自身と自分の病気には届かないことを発見、

うつ病とは生きる意欲を失う病気・・その後の働きに病気体験を役立て伝道する

終わると・・
クリックすると元のサイズで表示します
今日、誕生日を迎えたAさん、特製ケーキで〜す。

この「聖書を開く会」もあと2回、


私たちが居なくなっても続けられるように作戦を立てる。

新しい人を連れて来やすい所、自由に、神様のことを話す力をつける・・・。

結局いつもと同じくらいの11時前に家に帰り、

今、ブログ更新中・・・頑張れ!

2

2018/5/22

5月21日 「ただいま〜!」  

5月21日 高知到着 「ただいま〜っ!」

8:30 和歌山港発 南海フェリー
クリックすると元のサイズで表示します
和歌山港を出港するとき、いくつかの岩と島が見えた。確か和歌の浦である。

サラリーマン生活に区切りをつけ、東京の神学校へと出る思い出に、訪ねた所である・・それから、丁度50年、新しく「おたすけマンU」を始めるために高知へ向かう・・主の導きを感謝する。

10:35 徳島港着
クリックすると元のサイズで表示します
丁度良い休みをとり、最後の一走り

1:50pm 高知到着

 4月21日(土)9:00AM 〜5月21日(月)1:50PM  
    走行距離 3,360q

単なる旅行ではなく、大切な人々を訪ねての旅は本当に楽しく、うれしい旅でした!

お世話になった皆さま、本当にありがとうございました!!!


 〜〜〜**〜〜〜


戻って、まず行ったところ

お医者様・・康子は丁度旅の半ばから、原因不明の蕁麻疹に悩まされてきました。

次に行ったところ

車のお医者様・・眠気との闘いの中での負傷。 車で良かった!


 〜〜〜**〜〜〜


皆さま、長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。

さあ、リタイア生活に本格的に入ります。

楽しみ・・・楽しみ・・。
6

2018/5/21

5月18〜20日 旅の締めくくり  

18日 大阪・堺のB先生宅
クリックすると元のサイズで表示します
朝6時・・早天祈祷会

40年以上、毎朝守られている「早天」は44年前に榎本保郎牧師によって始められた「加太アシュラム」の恵みの延長である。

話題は今日にいたる歩みを振り返り、K牧師、榎本牧師と先生を支えておられた婦人グループ、台湾、ブラジル、メキシコなどで開かれたアシュラムと支えて下さった桧山さん、瀬林さんそして唄野長老・・

今までの歩みを振り返り、この朝、「主に従うことの大切さと恵み」をもう一度聖書と「早天」の交わりから教えられる。
クリックすると元のサイズで表示します
豊かな朝ご飯を、主が下さる交わりのうれしい味わいと共に頂き

「又、お邪魔します」・・お別れする。


  〜〜〜**〜〜〜


この度の最終地点、岸和田に到着。

いつもの通り、S姉のところに宿をさせて頂き・・

夜は・・
クリックすると元のサイズで表示します
S姉も共に、Yご夫妻とご一緒する。

Yご夫妻は岸和田高校以来の同級生。岸和田聖書教会の初代Y牧師の息子であり、S姉には小学生時代より知られており、

話題は旅のレポートに続いて「昔話」「思い出話」となりそうだったが・・

終りにはこれからのビジョンなどについて話し、

「この次は東京のMさんも一緒にハワイで会いましょう」 で締めくくる。


  〜〜〜**〜〜〜


19日(土)  明日は岸和田聖書教会での礼拝のご奉仕。

朝から、教会を訪ね、明日の準備を済ませる。

夜、S姉の大きな決断を断行

40年以上乗り続けていた車とお別れ・・。





0

2018/5/17

5月17日 一路、大阪へ  

朝の食事と分かち合いの時がついつい長引き・・
クリックすると元のサイズで表示します
静岡県静岡市のMご夫妻宅を失礼するときはすでに9:30am

大阪は、堺まで約300 約300km

クリックすると元のサイズで表示します
高速道路から高速道路へとつなぎ走る。

途中の休憩も入れて6時間。ほぼ予定通り、堺大浜のB先生宅に到着。

もう何年ぶりだろう‥

いつもお邪魔しては励まされ、新しいことに気づかされ、

ホノボノした心になるご家庭ではある。

特別のスピリチュアル・ケミカルが私たちの心に働くようである。

気になっていること、気付いたことなど・・話題は色々・・・

何を持ち出しても、最後は「ホノボノ」

誰でも、何度でも、訪ねて見たくなるご夫妻である。

  〜〜〜**〜〜〜

明日は、早天祈祷会・・・ 朝6:00

今日は、おやすみなさい。



3

2018/5/16

5月16日 主の恵みを数えて・・  

朝、竜円宅を出発。

本道へ出たところで「アッ!写真を撮り忘れた・・」

そこで、引き返し撮ったのが
クリックすると元のサイズで表示します
この笑顔!

「またお邪魔しますからね・・・」ともう一度!

富士山のあたりでお昼を済ませ、あと一息・・と走り始める。

食後走るのは、眠くなり危険!

SAに入り、やすむことにしハンディキャップの場所へとバックで入れようとしていると、

・・・・・・・ギャシャ!・・・・時すでに遅し・・・

眠気と心を処理するまで康子に運転を任せ、

目的地、清水のMご夫妻宅に着いたのは2時半。

先ず訪問したのはご夫妻の今の教会
クリックすると元のサイズで表示します
ハワイから戻り、無牧師の時に7人のメンバーで献堂したものだという。

正式牧師として働くためにこの6月神学校を卒業しようとしておられるF先生とお会いする。
クリックすると元のサイズで表示します
今、この教会にはフィリピン、カメルーンなどからの出席する人の方が多いとのこと。

今の日本宣教の突破口を開こうとしておられるかもしれない・・・

クリックすると元のサイズで表示します
三保の松原を「天女の衣」の松を求めて歩き、

富士山を見上げて
クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮るが
クリックすると元のサイズで表示します
実際はこの写真のように全く見えません。

NYで結婚したYチャン&ホノルルで家庭を持つMチャンのこと・・・。

仕事、教会、これからのこと・・・話題は尽きない・・

この続きは・・・明日・・・・と

感謝を引き受け・・・て…呉れました

良い再会を分ち、違いの大切さを話し合いました。

2

2018/5/15

5月15日 休養日  

竜円さんのお宅での一日は休養日

富士夫さんのために介護士さんが来て下さる日。

そこで、お昼を外で済ませた後、康子とかなえさんは温泉へ。

私は家に戻り、次の日曜日のための準備をする。

4月20日に高知を出て以来、毎日のように移動と訪問を続けていたので、今日一日の静まりの日は特別!

いつお訪ねしても、明るいご夫妻にホッとし、励まされる。

どうしても「老後」(77,78才を迎えても今を老後だと考えていないところが怖い)に向かうことが話題となる。

黒田家は「ボケ得」と言っているが、 竜円家では「死に得」というとのこと。

夜、共に聖書を開き、心配より信頼、不安より信じる戦いこそが大切・・と話し合う。

今日は思いがけず、休養の一日となり感謝する。

   わがたましいよ、主をほめたたえよ。
   主が良くして下さったことを何一つ忘れるな。 
                     詩篇103:2
1

2018/5/15

5月14日 富弘さんとの一日  

今日はゆっくりと星野富弘さんと過ごす一日である。

時間の計算をして作戦を立てる。

先ず向かった先は足尾銅山
クリックすると元のサイズで表示します
一文銭には「足」などと作った場所が刻まれており、
クリックすると元のサイズで表示します
一文は今の約¥8、1両とは4,000文で、今の約¥30万とのこと。

かつて坑道が東京から下関に至ると言われる1200qもあり、公害の源であった足尾銅山も今は緑に覆われ、静か。実際に私たち二人だけ・・

足尾銅山を早めに切り上げて、向かったのは
クリックすると元のサイズで表示します
青々と空を映す草木湖と緑のパッチワークのような山々に包まれるようにして立つ
クリックすると元のサイズで表示します
「やさしさにいつでも会える」富弘美術館

朝食を食べているときに「強くなければならない仕事なのに、私自身が折れてしまって、でも、昨日は星野さんの作品で癒されました・・」と話していたKさんに再び出会う。

弁護士だという彼女のために「ハワイで見つけた素敵なクリスチャンライフ」を差し上げる。

館内は撮影できないけれど・・

円の組み合わせで出来ている建物には「春」というテーマで作品が展示されており、

特別展示室には特に来館者の中で人気の順に24点が展示されていた。
クリックすると元のサイズで表示します
途中でお昼を食べに外に出たり、

クリックすると元のサイズで表示します
館内のカフェで休んだり・・

ビデオを観たり・・

ゆっくり味わい、館長さんの案内で富弘さん宅を訪ねたのは3時・・

玄関を開けると・・何と電動車椅子の富弘さんはそこで待っていて下さり、インコの「タカチャン」の大声での歓迎にビックリ・・以前、マキキノメンバーと共に訪ねた時と同じだった。

「18年ぶりですね。白髪が増えました。」

「これ以上増えると、白田になります。」

「ハワイは楽しかったですね。ハワイに行ってから国内の移動が楽になりました。」

色々な話がハワイと日本を行ったり来たりしながら、あっという間に2時間ほどが過ぎ、

「こんなに長生きするとは思っていなかったので、もう一度、体制を整えなければ・・」

「準備ができるとハワイにもう一度来て下さい。」

再び、タカチャンノ「アリガト!バイバイ」に見送られて外に出た。

クリックすると元のサイズで表示します

「ハワイに親せきが出来たみたい・・」と奥様が強く握手をして下さったのがうれしかったと康子も喜びながら、埼玉の竜円ご夫妻に到着。

自動車学校の運転のテストの数倍むつかしい玄関に駐車。ヤレヤレ。

これから楽しい竜円篇の始まりです。

これらの素晴らしい主が下さる出会いと交わりを主に、ああ、感謝、感謝!
0

2018/5/13

5月13日 主を礼拝する  

今日は日曜日

旅先での楽しみは礼拝。

今日は柿内先生のお宅での家庭礼拝に加えて頂く。
クリックすると元のサイズで表示します

「朝風、静かに吹きて・・浮かぶは神の思い・・」

「山辺に向かいて我。目をあぐ。助けはいづかたより来たるか・・」

「日々に光」に従い、聖書を順番に読み、味わい、気付かされたことを分ちあい、祈る。

日頃、教会で捧げる礼拝とは違うが、小さなテーブルを囲む輪の中に共にいて下さる神様を思い、感じ、いつもとは違った新鮮さで主をあがめることが出来、感謝した。

そして思い出したのはもう何年前だろう。マキキ教会で3カ月休暇を頂いたとき、イスラエルの榊原さんと家を交換し、エルサレムで一月を過ごしたことがあった。

その時の日曜礼拝を思い出した。

最初の日曜日はプロテスタント礼拝を「主の墓の園」で守り、次の日曜はヘルモン山の山頂で、次は砂漠の中に川が流れる国立公園アイン・アブダッツドで、最後に日曜はエルサレムのアパートの一室で8人が集まり日本語で礼拝をした。

どの礼拝も教会堂で捧げる礼拝ではなかったが、今もその時の感動を忘れない。


  〜〜〜**〜〜〜


礼拝後、旅を続ける。

昨晩泊めて頂いたゲストルームの驚きのおすそ分け・・
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ゆったりした部屋づくりに驚きましたが、何とジャクジまでが付いていたのです。


  〜〜〜**〜〜〜


雨の中でしたが、富弘美術館に向かう途中、日光を見学しようと走りました。

東照宮に着いたのは閉館30分前の4時・・

折角だから・・と大急ぎで・・
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは国宝・陽明門

更に・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
と誰でもが見つける「見ざる、言わざる、聞かざる」と「眠り猫」をカメラに収め・・鳴龍の響きを聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します
雨の時間はずれ・・人気のない日光も悪くないねぇ・・と言いながら、群馬はみどり市の宿に着きました。

明日は、星野富弘さんにハワイでの2回目の詩画展、2000年以来の再会が楽しみです。

今日も、一日、ああ、感謝、感謝!

3

2018/5/12

5月11日&12日 懐かしい訪問  

11,12日は懐かしい訪問の日

(その1)東京基督教大学を訪問
以前から訪ねたいと思っていた東京基督教大学訪問が思いがけず実現。
クリックすると元のサイズで表示します
岸和田出身のY先生、今は副学長・神学部長の重責を担う先生である。

お母様と奥様が来て下さり、岸和田時代の思い出に花が咲く。
クリックすると元のサイズで表示します

チャペルでの礼拝では
クリックすると元のサイズで表示します
今年卒業する学生の証を聞き、

食堂では
クリックすると元のサイズで表示します
もう10年以上も前にアメリカからの信徒による日本人宣教の研修会でお会いしたS先生、つい先週RJC18 でお会いしていたY先生などにお会いし、大学は人と人とを結ぶ接点です。

(その2)中学校&高校の同級生、Oご夫妻を訪ねる

何年ぶりの訪問か・・・O君がリタイアしてもう15年以上・・
あわや下半身まひという大けがからも復帰、今は、テニス、ゴルフ、囲碁を楽しみながらの日々・・とのこと。
クリックすると元のサイズで表示します
高知から車での旅のレポートを聞き、「私たちもやって見ようかな・・」

同窓生の何人かの死について話し合い、「人生フライトの着陸準備」について話が進み、イエスキリストによる身代わりの死と信じるものに約束された永遠のいい後について話が及び、

懐かしい時を互いに喜び、次を目指しました。

(その3) 兄家族を訪ねる
3年前にもなるという兄の死後、娘の住むつくばへと引っ越した義姉を訪ねる。
クリックすると元のサイズで表示します
お互いの安否を訪ね合い、無事で元気を喜び合う。

「まさか、パパがなくなり、私が大学で教えるなんて、考えられないことだわ・・」と姪

「まさか、家族がアメリカに住み、アメリカ人になる何て、考えられないこと・・」と私

いずれも主のなさること・・・これからが楽しみ。

(その4) イスラエルガイドのKさんとご両親との再会
K先生ご夫妻はもう45年も前、牧師になりたての何もわからない頃、

初めてのお葬式を教えて頂き、印象深いお葬式を出すことができた。そのご一家はクリスチャンとなり、今も健在。

クリックすると元のサイズで表示します
K先生は今年90才とのこと。

イスラエルで政府公認の観光ガイドをしつつ、神学校にてヘブル語、地理などを教えつつ、ご両親のお世話をするRさんは明るい。

クリックすると元のサイズで表示します
時間を作り、チャンスを逃さずに、許されている働きを進め、神様の素晴らしさを示したい・・・


懐かしい訪問を通して、多くの友に会い、これからを祈り、分かち合うことが出来、人の思いを越えて働いて下さる神様を賛美する・・

ああ、主に感謝、感謝!
3

2018/5/10

5月10日 hi-b-a CAMP場を訪ねて・・  

今日は千葉は一宮海岸にあるhi-b-a camp場を訪ねる。
クリックすると元のサイズで表示します
神学生の頃、高校生たちのために何度かの夏のキャンプのボランティア―をしたことがる懐かしいところ。

今、キャンプ場の責任者として働いているのは岸和田時代に康子の日曜学校の生徒だったO先生。

キャンプ場を案内してもらいながらその働きの大変さを思う。

クリックすると元のサイズで表示します
夜はいつものように夕食を子供たちと一緒にする。

クリックすると元のサイズで表示します
O先生がつけてくれた暖炉に当たりながら、お互いの経験を話し合って大笑いをしながら、心の通う時を過ごし、

お互いに、30数年も経って後、今、ここのこうして再会し、伝道に関わっていることを

ああ、主に、感謝、感謝!

今夜は神学生時代から今までを振り返り、感謝の時を過ごしたい・・。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ