よろしくお願いします  

「牧会おたすけマン」のはずが・・・またまた神様の不思議なご計画の中で・・こんなことになってしまいました。現在、清和女子中高等学校の校長となっております。どうなるか・・神のみぞ知る・・です。おいのりください。
クリックすると元のサイズで表示します

109

2018/2/18

2月18日 若さがあふれる教会  

「高齢化が進む・・」・・何処も同じである。

高知県全体の話ではなく、教会の話である。

しかし、何事にも例外があって、
クリックすると元のサイズで表示します
ここは若さが一杯の教会、ハンドベルクワイアが礼拝の前奏を奏でる。
クリックすると元のサイズで表示します
賛美チームが賛美をリードし、英語と日本語で賛美をする。

国際結婚で結ばれた若いカップルが赤ちゃんと共に礼拝を守り、

週報には、高知大農学部博士課程を修了し、ガーナに帰国したTさんのお父さんのために祈り、ガーナとの国際交流のために祈ろう・・とあった。

若さは素晴らしい、しかし、若さだけでは・・4月から就職で高知を離れる人がいる・・
クリックすると元のサイズで表示します
美味しいうどんでランチタイムを過ごす。

「卒業生を送り出しても、残って教会を支えてくれる年配層が欲しい・・」

どこでも、いつも、必要はあるもの・・そのために、祈り、働き、神さまも働いて下さる・・

青年聖書研究会の前に、感謝しつつ、失礼する。
0

2018/2/18

2月17日 うれしい交わり  

「母が敗血症で手術、脳梗塞、脳出血の上、大きな腫瘍もあり、心臓も弱っています。」

「非常に難しい状態での手術でしたが、無事終わりました。でもいつ何か起きてもおかしくない状態。今、ICU」

「 皆様、お祈りありがとうございます。夕方にICUに行き、明日午後一般病棟に移れることになりました。ハレルヤ!」

この二日間のメールの後、今日、京子さんをお見舞いしました。ご本人はどれだけ大変なところを通ったかなど関わりがないほど、穏やかで、いつものように迎えて下さり、聖書を読み、祈る。

・・わたしはあなたの神、主であり、
  あなたの右の手を固く握り、
  「おそれるな。わたしがあなたをたすける」という・・
                  イザヤ41:13

そして夜、中川ご夫妻宅に集まり、夕食を頂く。

(いつもは中心となる夕食を撮るのですが・・)

東京に入院中のPさんのこと、教員免許を取るためにガンバリ中のSさん、新しい職場から祈りのリクエストがとどくHさん・・など最近の色々な話題を話しながら、「信仰の決断」へと話題が進む。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもは大勢が集まり、賑やかな中川亭で、今夜は命の危険から守られたお母さんを見舞った後のホッとした中で、お互いの心に触れる話題に、交わりのうれしさが一番のご馳走でした。

ああ、主に感謝、感謝!
2

2018/2/17

2月16日 検査をすませ・・  

今日は4時に早退、

朝から検査のために行っていた病院へ康子を迎えるためです。

胃の調子が悪く、今日は検査を受けました。

2日前から薬と食事の両面から準備をし、朝9時に病院へ入り、4時までかかった検査です。

幸い検査結果は合格。

結局、胃の調子の悪いのはストレスとのこと。

「私のストレスはすることがないこと」

確かに、楽であればよい・・と言う訳ではない。

健康であるためには適当な責任ある仕事をすることは健康であるためには大事なことだろう。

迎えに行ったところで、わたしも検査の予約を春休みに入ってから入れておいた。

何もなければ感謝、何かが見つかれば、

それ又、早期発見でめでたし、めでたし・・

あなたはどのように健康管理をしていますか。

2

2018/2/15

2月15日 新しい聖書が届く  

今日、学校に福音書房から聖書が届いた。

昨年の秋、注文した「新改訳2017」である。

パイロット版を読んで、ことばが自然で、プリントも読みやすい・・と早速注文したが品不足で届かなかったものである。

手元に届かない不自由さよりも、聖書が品不足・・と言う方が何となくうれしくて、出来てくるのを待っていた聖書である。

クリックすると元のサイズで表示します
早速、今夜から新しい聖書を開く。

高校3年生、信仰の一歩を踏み出すきっかけとなってくれた聖句・・

「わたしを愛する者を、わたしは愛する。
 わたしを熱心に捜す者は、わたしを見出す。」 箴言8:17

サラリーマンから献身へと方向転換へのきっかけとなってくれた聖句・・
「しかし、今、主よ、あなたは私たちの陶器師です。
 私たちは粘土で、あなたは私たちの陶器師です。
 私たちはみな、あなたのみ手のわざです。」 イザヤ64:8

これからもよろしく、導いて下さい。
2

2018/2/15

2月14日 新しく・・  

学校が新しくなる・・

昨年、チャペルの屋根を新しくしてから、トイレの改修工事が終わり、今ではウオッシュレット。

ホールも新しくなり、ライトも明るくなりました。

最後の改修工事は、・・・下駄箱です。
クリックすると元のサイズで表示します
このスチール製の下駄箱が、
クリックすると元のサイズで表示します
木製の下駄箱になり、
クリックすると元のサイズで表示します
正面を入ると広いホールが迎えます。

一度、機会を見てお出かけください。
4

2018/2/14

2月12,13日 色々あって・・  

PC不調で、失礼いたしました。(私はいたって元気です。)

12日の朝・・
クリックすると元のサイズで表示します
大雪のニュースに乗り遅れんようにとアパートの前は雪化粧。

土佐教会では
クリックすると元のサイズで表示します
バザーが開かれ、
クリックすると元のサイズで表示します
懐かしい賑わいで
クリックすると元のサイズで表示します
康子も清和の生徒と一緒に楽しみました。

13日の夜・・
クリックすると元のサイズで表示します
中川亭の「聖書を開く会」にて、信徒の成長は主の願いについて学び、
クリックすると元のサイズで表示します
今日のカレーとケーキは一段と美味しく花丸で、
クリックすると元のサイズで表示します
清和の中山先生ご夫妻も来て下さり、牧師が4名・・

楽しく、深い、学びが出来ました。

ああ、感謝、感謝!
2

2018/2/11

2月11日 主の不思議な導き・・  

今日は天王ニューライフチャーチで礼拝を捧げる。
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに夫婦そろっての礼拝である。

いつものことながら、建先生は賛美もメッセージにもプロジェクターを使い、工夫しておられる。

マタイ25章から「神に対して行う」との題で、クリスチャンライフの基本について教えられる。

「何事でもイエス様に対してするように・・」

「自分にしてもらいたいと思うことを人にもそのように・・」

礼拝後、ご夫妻と交わりの時を過ごす。

先生ご夫妻はアメリカで知り合い結婚して高知で伝道しておられる。子供は5人(男、女、男、女、男)

私達は日本で導かれ、結婚して子供は5人(男、女、男、女、男)、ハワイに住んで、今は高知。

しかも、先生の3女はユタ州で学生伝道をし、カリフォルニア州で留学生伝道をしている我が家の長女摂と一緒に働いているとのこと・・

色々話しているうちに、あっという間に時間は過ぎて、失礼することになりました。

神様のネットワークは不思議で、素晴らしい・・今日は再び気づかされ、感謝しました。

ああ、主に、感謝、感謝!

3

2018/2/11

2月10日 卒業式  

クリックすると元のサイズで表示します

2017年度第65回卒業式を行いました。

6年前、わたしと一緒に清和に入学した生徒が卒業して行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
一人ひとりに卒業証書を手渡しながら、3年間を思い、これからの歩みを思い、「おめでとう」と声を掛けました。

受け取った生徒たち一人ひとりのちょっとしたしぐさや表情の中に、その性格や校長との関わりが見えてうれしく思え、6年間を味わい、

クリックすると元のサイズで表示します
「安心してゆきなさい・・」との言葉をもって捧げた祝祷で送り出すことが出来、感謝しました。

お祈り、ありがとうございました。


夜は、8年まえハワイへ訪ねてきた高知大の卒業生のYさんが鳥取から訪ねて来てくれて、当時の高知大の先生、ふさ先生宅に一緒にハワイで出会った顔ぶれが集まり、

その後、それぞれが辿った「まさか」の経験や変化を話し合い、

驚いたことに、Yさんは鳥取代表の射撃の国体選手、お兄さんはリヤカーを引っ張って世界を歩いて回る冒険家・・

本当に驚きました。
クリックすると元のサイズで表示します
この次は何時、どこでかな・・と話し合って、さよならしたことでした。

長〜い、長〜い一日を

ああ、主に感謝、感謝!
2

2018/2/10

2月8,9日 卒業する人、させる人  

卒業はするものだと普通、思います。

しかし、学校で先生方は生徒一人ひとりを卒業させていきます。

あの中学一年生が高校を卒業するまでにあった一つ一つ、生徒が忘れても先生は覚えています。

教科の成績もさることながら、兎に角良くここまで成長してくれた・・と卒業させていきます。

24名の卒業生のうち、3年間皆勤が4名、1年間皆勤が1名・・一人ひとりの名前を読み上げ、賞状を手渡しながら、感謝を捧げました。
クリックすると元のサイズで表示します
卒業礼拝の中でささげるキャンドルサービス・・

「キャンドルは暗さを解消する光のシンボル、つまり、社会に出て行くあなたを現わしています。置かれたところを光ある場として下さい。」

 〜〜〜**〜〜〜

礼拝後、予選会では卒業させる先生方が
クリックすると元のサイズで表示します
息もピッタリのバンド演奏に合わせて、君達のためにと熱唱。

卒業はする生徒もさせる先生も、共に、感動の時、感謝の時。

ああ、主に、感謝、感謝!
3

2018/2/8

2月7日 ここが南国?  

ここ数日の間・・毎日のようにTVは繰り返しています宇。

「日本中が数年に一度の寒波に包まれています。」

あまり寒いので今朝は車で出勤することにしました。

学校に着いて見ると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
車の温度計の OUTSIDE −5℃ !!

学校の住所は 南国市明見98 ここは南国!!

全く南国らしくない今朝の冷たさでした。

  〜〜〜* *〜〜〜

そうそう眼鏡report です。

学校へ着くとなんと昨日持って行っていた袋の中にチャアンと入っておりました。

帰る途中、再び眼鏡屋でメガネフレームの修理を頼み、

一件落着です。

ありがとうございました!
2

2018/2/6

2月6日 眼鏡事件  

性格調査に @決まったことを続けること と A変化に富んだ生活 とどちらに向いているか・・
という質問があった。

今ならハッキリということができる。@決まったことを続けることです。

朝、起き、家を出て、信号を渡るタイミングから、橋の上を歩いているときに「文殊通」行がだ来ること・・「領石通」行の後「ごめん」行まで1〜2回信号が変わる・・学校に入るまで、殆ど判で押したような・・

この6年、続けてきた一日の始まりである。

かなり、決まったことを続けることが得意な方だと思う。

ところが困ったことが起こりました。

いつもの順序で眼鏡を拭いていると眼鏡のフレームが折れた・・眼鏡なしだと仕事ができない。

きっとどこかに古いのが置いてある・・筈!

どこに置いたかは覚えていない。片づけるとすればどんなところに・・?と引き出しを開けると「ありました」ヤレヤレです。

・・・ところが・・

眼鏡屋に行って、メガネのケースを開けて見ると壊れたメガネが入っているはずなのに、出てきたのはサングラス

康子が取りに帰って探してもなく、

帰って私が捜してもない!

目下お手上げ状態デス。

どこかにあるのは決まっているのだが、

見つかりません。

と言う訳で、年を取るということは、不自由なことです。

今週、発生した黒田家の眼鏡事件でした。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ