2018/7/17

7月17日 いよいよ明日(V)  

どうなることやら・・と思いながらいよいよ最後の日を迎え、

出発の準備に一日過ごしました。

中でも、もう一度、励ましの時を・・と願っていたPさんとも、

聖書を開き、祈る時を持つことが出来ました。

何もかも掃除を終え、

もう流しも使えません。

そこで・・・

クリックすると元のサイズで表示します
コインランドリーで洗濯をしかけて、

お借りしていたところから一番近くのレストランに夕食に出かけ、

「高知最後の晩餐だね・・」

「考えて見ると、二人での外食は4月から初めてだよ」

「本当ね!」

「楽しかったね、いよいよだね・・・」

食事を終えて、ドライヤーをかけ、二人で洗濯ものをたたみ、

少し、もやのかかった三日月を眺めながら、

尚、ひっくり返っている家に戻りました。


 〜〜〜**〜〜〜


9時半を回った頃、康子のスマホが鳴り、

借りていた冷蔵庫をひきとりに、

新也君とMaxが来てくれました。

昨日結婚したばかりのMax,

8月に結婚を控えた新也君、

バリバリの新婚カップルが二組集まれば、

きっと、何かが起こる・・・期待し、祈ろう。


 〜〜〜**〜〜〜


こうして「いよいよの夜」も過ぎ、

本当に、お世話になりました。

二人からの心いっぱいの感謝を贈ります。
6



2018/7/20  10:14

投稿者:TOMOE

やすこさんの笑顔の中に6年間の思いがたっぷりつまってるのが伺えます。先生、高知での「一冊」がうまれそうですね。コンピューターできえてゆくのはもったいなく思われますいずれにしろ、「おかえりなさい!」

2018/7/19  2:22

投稿者:Mao

お父さん、お母さん、六年間本当にご苦労様でした!高知では色々とお世話になりました!8月にはもういないのでなんか寂しいです!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ