ようこそ!  ようこそ!

「バクの夢生活」へようこそ!

クリックすると元のサイズで表示します
鶴見川のマスコットのバク

このブログは、私の姉妹ブログへのリンクを容易にする「総合もくじ」的な要素があります。
時間推移に沿って閲覧いただくのも楽しみ方のひとつですが、ぜひ「カテゴリー」から興味のある姉妹ブログへも飛んでお楽しみください。

そして、色々な  をお寄せ下さい。 大歓迎です!

****** トピックス ****************

●山行記録(18・1・16現在)
 
 ベトナム最高峰・ファンシーパンを加えて・・・343座となりました!

●日本アルプスの山並み写真もご覧ください!

●その他の・・・ブログの楽しみ方

 思いつく言葉を「検索」してみるのも面白いと思いますヨ。
 (例)・・・箱根、秦野、東京、札幌、野草、野菜、里山、などなど
 山の検索キーワードはこちらからお探しください。

*****************************





2018/2/13

大磯駅から鷹取山へ  山行:湘トレ(2010年〜)

クリックすると元のサイズで表示します
大磯運動公園を通って・・・(撮影:2月9日)
クリックすると元のサイズで表示します
・・・鷹取山へ(帰路は神奈川大学経由で秦野へ)

いつ鷹取山(219m)へ登ったのか思い出せないくらいですが、この日再び鷹取山を目指しました。

集合は大磯駅で、久々に気温が上がる予報につられて大勢の参加者が集まりました。
コースは、大磯駅〜大磯運動公園〜星槎大学〜東の池〜鷹取山〜妙円寺から神奈川大学でした。

やっと、東の池に出て以前に通った道を思い出しました。

途中で見つけた春の花・・・ひっそりと可憐に咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
春近し?・・・ホトケノザ(左)とヒメオドリコソウ(右)




2018/2/6

雪の…岳ノ台  山行:ナベ会

クリックすると元のサイズで表示します
雪が積もる岳ノ台の展望台にて(撮影:1月30日)

積雪でヤビツまで行くバスはなく、蓑毛から柏木林道を登ってゆきました。
ヤビツから岳ノ台への道は、だいぶ雪が深くなっていました。

下界から見ると残雪が少しある程度と思っていましたが、想像以上の雪でした。
一年ぶりに雪の感触を楽しみながら、トレッキングを続けました。

クリックすると元のサイズで表示します
思いのほかの積雪で・・・
クリックすると元のサイズで表示します
寒かったけれど、雪景色を楽しめました!

帰路は、菩提を目指しましたが、途中で不動の滝まで足を延ばしました。
滝の一部が凍りつく様子を見ることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
菩提五所神のひとつ・・・不動の滝




2018/2/5

吾妻山往復38000歩  日々のこと(2016年〜)

クリックすると元のサイズで表示します
満開の・・・菜の花(撮影:1月29日)

秦野から二宮・吾妻山へ菜の花を求めて、往復でウォーキングしてきました。
行きは、震生湖を超えて中村川沿いに歩いて吾妻山に向かい、帰路は中井の厳島湿生公園を経て東名バス停まで行き、そこからバスで秦野駅に向かいました。

歩数計は、38000歩、よく歩きました!

目的の菜の花も満開で、山から見る相模湾を背景に良く映えていました。

クリックすると元のサイズで表示します
花に誘われて、ウォーキングの人が集まってます
クリックすると元のサイズで表示します
シンボルツリーの・・・エノキ

月曜日でしたが、公園整備の作業で「芝生の根切り」を行っていました。
初めて見る光景で、芝生の管理も手間の掛かるものです。

クリックすると元のサイズで表示します
道々、野鳥も楽しみました!

ウォーキングの途中、道々で野鳥に出合いました。
中村川沿いや厳島湿生公園ではカワセミが何度も現れて楽しませてもらいました。
ズームのカメラをもっていかず写真は撮れませんでしたが、偶然アオサギの飛び立つところを撮影でしました。


2018/1/24

応急処置の勉強会  くずは活動(2016年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
身近にあるものを使った応急処置の仕方(撮影:1月21日)
クリックすると元のサイズで表示します
新聞紙の添え木とビニール袋の三角巾

野外活動中などにけがや骨折をした場合の、応急処置の仕方を勉強しました。
県の看護協会の看護師さんが講師で、実技を含めて指導いただきました。

私は、山歩きの時のシューズのソール剥がれ対策のために、ガムテープやストッキングを携行してますが、これが応急処置にも役立ちます。
これに加えて、ビーニール袋とレジ袋を携行するとよい事を教わりました。

転ばぬ先の杖・・・大事です!


2018/1/20

ベトナム@ハノイ到着  ■海外の旅

クリックすると元のサイズで表示します
ベトナム航空でハノイへ直行(撮影:1月13日)
クリックすると元のサイズで表示します
機内からは南アルプスがよく見えました!

ベトナムへは2度目の旅となります。
今回は北部の中国国境近くのファンシーパン(3143m)のトレッキングが最大の目的です。
成田に前泊して、早朝の便でハノイへ向かいました。

機内からは、八ヶ岳・南アルプス・中央アルプスの山並みを眺めながら、食事とベトナムビールを楽しんでいるうちに6時間後にハノイに到着しました。

ツアーのメンバーと合流した後、現地ガイドのトンさんの案内でハノイの旧市街を散策しました。
まず、教えられたのは多くのバイクが走る大通りを渡るコツでした。
あわてず、ゆっくり、ゆっくり・・・です。

クリックすると元のサイズで表示します
現地ガイド・トンさんの案内でハノイ旧市街の観光
クリックすると元のサイズで表示します
歴史ある古寺・・・鎮国寺

深夜に寝台列車に乗り込んで、いよいよ目的の山に向けて北部の町ラオカイを目指します。

クリックすると元のサイズで表示します
夜汽車で国境の街・・・ラオカイへ向かう
クリックすると元のサイズで表示します
4つのベットがあるコンパートメント





2018/1/19

ベトナムA国境の町・ラオカイ  ■海外の旅

クリックすると元のサイズで表示します
早朝にラオカイ到着(撮影:1月14日)
クリックすると元のサイズで表示します
中国との国境の町・・・橋を渡ると中国です

早朝に国境の街ラオカイに着いて、駅前のレストランで朝食にフォーを食べました。
その後、中国との国境を見学して、少数民族の花モン族の日曜市場を訪れました。

民族衣装を身に纏った大勢の人とお店で賑わっています。
食べ物の屋台あり、野菜あり、肉あり、アヒル・水牛あり・・・何でもあります!
現地の人のバイタリティーを感じる広場でした。

ちょっと、試食は敬遠してしまいますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
花モン族の日曜市場・・・すごい賑わいです!
クリックすると元のサイズで表示します
サトウキビを売ってます

そして、花モン族の静かな村も散策して、日常も垣間見せてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
バンフォー村のとうきび畑
クリックすると元のサイズで表示します
とうきびの発泡酒つくり

王宮遺跡も保存されていて、見学することが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
花モン族の王宮遺跡
クリックすると元のサイズで表示します
お土産屋の女の子

お店で買った地元のピーナッツは、小粒でしたが炒り加減が良く美味しかったです!



2018/1/18

ベトナムB登山1日目  ■海外の旅

クリックすると元のサイズで表示します
登山口・チャムトン峠の休憩所(撮影:1月15日)

サパの街(1600m)から専用バスでファンシーパン(3143m)の登山口のチャムトン峠(1950m)まで行き、ここからいよいよベトナム最高峰への登山開始です。
頂上まで、標高差は1193mとなります。

少しガスってきていて先行きが心配でしたが、曇り空ながらまずまずのトレッキングのスタートでした。

川を何度か渡って、近年出来た木道や橋を通って標高を上げてゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します
近年整備された木道を行く
クリックすると元のサイズで表示します
橋を渡り・・・渡渉を繰り返す

第1キャンプ場(2250m)でお昼となり、先行していたポーターさんたちが準備してくれた紅茶とフランスパンを頂きました。
大きなフランスパンのサンドイッチでしたが、ベトナムのパンは美味しくて完食しました!

クリックすると元のサイズで表示します
第1キャンプに到着
クリックすると元のサイズで表示します
ランチは・・・美味しいフランスパンのサンドウィッチ

山は冬の季節で野草も多くは見られませんでしたが、やっとリンドウを見つけることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
花のない時期で、やっと見つけたリンドウ

後半厳しい上りとなり、石の階段や梯子を使う場面が繰り返されました。
霧が出てきたところで、今日の宿泊場所の第2キャンプ場(2800m)に到着しました。

計画ではテント泊でしたが、山小屋が空いてそこで一夜を過ごすことになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
厳しい急登を繰り返して・・・
クリックすると元のサイズで表示します
本日の宿泊場所・・・第2キャンプに到着

山小屋泊でほんと良かったと思います!
夜半すごい風が吹き荒れて、明朝の出発が心配されるほどでしたが、何とかやり過ごせました。

夕飯は、ヘッドランプを頼りに、心づくしのベトナム料理を頂きました。
量が多くて食べきれませんでしたが、ベトナム料理のフルコースって感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します
小屋で食べる・・・ベトナム料理の夕食

初めての海外での山小屋、あるものを全部着込んでシュラフに潜り込みました。



2018/1/17

ベトナムC登山2日目  ■海外の旅

クリックすると元のサイズで表示します
いざ、頂上へ向けて

夜半の強い風でどうなることかと心配しましたが、出発時刻には収まっていて予定通り頂上を目指して出発です。

昨日に引き続いて、梯子や階段道が続きますが、山道は整備されています。
時々立ち止まって下を見ると、雲海が広がって綺麗でした。

クリックすると元のサイズで表示します
厳しい梯子や階段道が続くが・・・雲海が美しい
クリックすると元のサイズで表示します
雲海を眺めながら、小休止

登ってきたファンシーパンの北回りコースは厳しい上りが続きましたが、ついに頂上に立つことが出来ました。
でも、驚いたことに頂上は近年、観光のために開発されていて、大勢の観光客が記念写真を撮っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ついに、ファンシーパンの頂上に立つ
クリックすると元のサイズで表示します
ロープウェイがあって、頂上は観光客で賑わう

登山で登ってきたのはほとんど我々のパーティーだけのようで、他の人は南回りコースに出来た世界最長のロープウェイで上がってきています。
今、頂上を含めて一大観光地にする計画が進んでいるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
下山は、世界最長のロープウェイで20分間の空中散歩

自力で登ってきた我々にとっては少し興ざめの頂上でしたが、頂上からの眺めは晴れ上がって山々が良く見られました。
帰路は、新しくできたロープウェイで空中散歩を楽しみながら下山しました。


2018/1/16

ベトナムDサパ〜ハノイへ  ■海外の旅

クリックすると元のサイズで表示します
サパのホテルからハノイへ移動の朝(撮影:1月17日)
クリックすると元のサイズで表示します
機織り中の写真をパチリ!

今回の旅の最大の目標であるファンシーパン登山を終えて、この日はサパからハノイへの移動日となります。
約6時間、専用バスでハノイへ戻ります。

2泊したサパのホテルの朝、ホテルのロビーの機織り機で作業していたアカザ族の女性がポーズをとってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
移動途中にあった・・・棚田

ファンシーパンの下山時にも美しい棚田があったのですが、あいにくガスがかかって写真に収められませんでした。
サパを出た峠の所で棚田の綺麗なところがあって、気を利かせた現地ガイドのトンさんが小休止をしてくれたので写真に収めることが出来ました。

ハノイに着いてホテルに入った後、夕食前に市内観光に出かけました。
自転車に荷物を積んだ売り子のおばさんも、気持ちよく写真のモデルになってくれました。

そして、街中の公園で見かけた日本から来ていた大道芸人の二人・・・
多くの人を集めて、パフォーマンスを披露していました。

クリックすると元のサイズで表示します
ハノイの売り子おばさんの写真をパチリ!
クリックすると元のサイズで表示します
日本の大道芸人のパフォーマンスもありました!

ハノイの喧騒・・・何か日本にはないバイタリティーを感じます。
そして、フランス文化の雰囲気を残すオペラハウス前では、多くの意観光客が集まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ハノイの街の喧騒
クリックすると元のサイズで表示します
ハノイの名所・・・オペラハウス

そうそう、スリには注意しましょう!
・・・この後、夕食会場へ向かいました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ