クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉ケーブルテレビで紹介されたバードカービング作品(チュウシャクシギ)

このブログでは、「バードカービング・さえずり会」の発表作品のほか「鳥」に関する情報は何でもアップしてしまいます。
鳥好きの皆さん!どうぞお楽しみ頂いてコメントをお寄せください。


******  ****************

木彫りの野鳥作品をご覧下さい!
会員のバードカービング作品は「カテゴリー作品」をご覧下さい。
管理人のはこちらからまとめてご覧頂けます。

●カワセミの写真一杯の友人のアルバムにリンクを張りました。素晴らしい写真を見ることが出来ます。

 
●ブログの楽しみ方
  @ このままスクロールして日付順に閲覧してゆく。
  A 「カテゴリー」からお好みの記事を閲覧する。
  B 「検索」機能を使って記事を絞り込んで閲覧する。
    例えば、「野鳥の名前」や「製作者:XX」(XXは会員の苗字)など
    いろいろ試して下さい。

*****************************

2017/10/11

大船フェスティバル’2017  ■作品発表会の記録

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3日間の展示を終えて記念写真(撮影:9月24日)

今年は、さえずり会が結成されて25年を迎えて、大船フェスティバルで記念の作品展を開催しました。

例年開催していた木彫りブローチの色塗り体験は止めにして、バードカービンの作品をじっくり見て頂こうとの企画にしました。
25周年記念コーナーには25年前の集合写真も飾り、共同作品コーナーには今年のテーマである野鳥の家族の作品を並べ、会員それぞれがレイアウトした個別作品コーナーも設けました。

今年は落ち着いて作品を見て頂けたようで、特に、共同作品の野鳥の家族は好評でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今年の共同作品・・・「野鳥の家族」

さあ、また新しい共同テーマを設定して、頑張ってゆこうと思います。




2017/10/7

25周年記念作品展!  ★20・25周年記念展示

クリックすると元のサイズで表示します
25周年記念コーナー(期間:9月22日〜24日)

さえずり会が発足して今年で25年となり、大船学習センターのフェスティバルではバードカービング作品をじっくり見て頂きたいと展示中心の企画をしてきました。
趣味の会が四半世紀も続いたことは、日ごろの積み重ねの結果でうれしいことです。

展示は、今年の共同テーマであった「野鳥の家族」を展示するコーナーと会員それぞれの作品を展示するコーナーに分けました。

野鳥の家族では、親子やペアのいろいろな野鳥が見られます!

クリックすると元のサイズで表示します
共同作品・・・野鳥の家族

今年は。野鳥ブローチの色塗り体験は行わず、ブローチの完成品のみの販売をしたところ大変好評でした。やはり、フクロウのブローチが人気でした。
後日収益金の一部を、市内の福治団体に寄付する予定です。

以下、画面をスクロースしてゆけば個別展示コーナーの作品がご覧になれます。

2017/10/4

展示コーナー@(柏木・村上)  ★20・25周年記念展示

クリックすると元のサイズで表示します
個別展示コーナー@

さえずり会創設25周年の記念に、会員別に一つのコーナーに作品を並べることにしました。
それぞれ、テーマを決めて、そのテーマにあった作品を選んで飾りつけしました。

作品は、今年新規に制作したものを中心に、過去の作品にも応援してもらいました。


クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:飛翔・囀り(制作者:柏木」)

  燕の飛翔、コヨシキリの囀り。
  生き生きした姿を彫りました。


クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:大きな鳥二体(制作者:村上)

   [シマフクロウ]:日本のふくろうの中では最大で、
     北海道で繁殖し、大木の穴に巣を作ります。
  [マガン]:日本に渡ってくるガンの仲間では最も多く、
     主に水田で落ち穂を食べます。
     

2017/10/4

展示コーナーA(比内・島田)  

クリックすると元のサイズで表示します
個別展示コーナーA

クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:梢の野鳥たち(制作者:比内)

  最新作のイカルを中心にして、木々を飛び交う野鳥を
  集めてみました。イカルの止まり木は、昔から家にある
  菓子皿を利用しました。

クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:私の出会った野鳥たち(制作者:島田)

  色々な野鳥に出合い、その鳥たちを
  彫りたいと思う。



2017/10/4

展示コーナーB(藤井先生・本田)  ★20・25周年記念展示

クリックすると元のサイズで表示します
個別展示コーナーB

クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:動きそうな鳥(制作者:藤井先生)

   バードカービングを始めて25年。
  作った作品はキンクロハジロで90羽目
  となります。
  これからはマイペースで、ゆっくり小鳥を
  中心に作ってゆくつもりです。

  

クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:楽しいさえずり(制作者:本田)

   バードカービングを始めて25年。
  みんなで楽しみながら作った思い出の
  作品です。










2017/10/4

展示コーナーC〈中平・早水)  ★20・25周年記念展示

クリックすると元のサイズで表示します
個別展示コーナーC


クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:水辺の小鳥(制作者:早水)

  空飛ぶ宝石と云われるカワセミ。
  山際の川のほとりや大船中央公園の湖で目を
  凝らしていると、ある時出会えるかも知れない。
  水中へ一直線に飛び込む姿はダイナミック!


クリックすると元のサイズで表示します
テーマ:色合いが好きな小鳥(制作者:中平)

  オレンジ色と黒の対比が綺麗なアトリ。
  青と赤みのある深いオレンジ色。
  飛んでいる時の鮮やかさを想像しながら
  作成しました。



2017/9/19

バードカービング体験教室  


体験教室の案内状(画像をクリックすると拡大します!)

今週22日からの作品展示会で、体験教室の募集をします。
年内に自作のバードカービング作品を完成させます。
ちょっとの根気があれば誰でもできますので、どうぞお気軽にご参加ください!

優しい先生から、丁寧に指導を受けることが出来ます。




2017/9/13

40:箱根の寄せ木  ■「止まり木」いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します
箱根の寄せ木を使ったメジロの止まり木(完成:17年9月)

以前、木工の展示会があって、そこで求めた箱根の寄せ木の端材を利用することにしました。
端材を小枝に見立てて、少し現代的なデザインにしてみました。

この年の合同テーマは、「野鳥の家族」でメジロを手掛けました。
メジロの親子が梢で休む姿に見えるでしょうか?


2017/9/13

39:昔から家にあった菓子皿  ■「止まり木」いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します
イカル:菓子皿の裏を樹木に見立てました(完成:17年9月)

梢に止まるイカルを作品にしたいと思っていました。
さて、何をその止まり木しようかと思案していた時に、ふと目にとまったのが昔から我が家にあった菓子皿のセットでした。

菓子皿は木製ではなく樹脂で作られたものでしたが、形が木の葉の形をしていました。
その裏面を使って、樹木に見立ててイカルの止まり木としました。

クリックすると元のサイズで表示します
イカル

もう処分してしまおうと考えていた古い菓子皿が、再生されて我が家の装飾品になりました。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ