「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

 

もうすぐ40万アクセス  

 40万アクセスピッタリの方に、この中東ヨルダンで買ったクロスのペンダントをプレゼントします。

 前後賞の方には、戦前の古いヨーロッパの絵葉書を送ります。

 皆さん、どうぞよろしく。

 
クリックすると元のサイズで表示します
36

2017/3/27

日本独特のやめて欲しいこと  

 仕事を辞めてから、YouTube等を観る機会が増えましたが、気になることがあります。

 これは、日本だけのような気がします。

 ドキュメンタリーやドラマの前に、内容を予告紹介するのは止めて欲しいです。

 長い予告だと本編が始まるまでに七分もかかることがあります。

 国会中継は、インターネットで視聴出来ますが、質疑内容を野党が与党に事前通達するのは、おかしくないかなあ?

 ドイツの国会では、そんなことは無かったと思います。

 日本的な習わしですか。

 ニュース番組の一部では、番組の間にずーっとBGM を流してます。

 邪魔ですので止めて欲しい。

 いまだに、コマーシャルになると音が大きくなりますね。

 困ったものです。

 日本ではなんとか大臣とか、国会で偉そうにしてますが、勘弁して欲しい。

 欧米では、大臣ではなく、ミニスターと言います。これは、奉仕する人とか僕と言う意味です。

 大臣と言う名称は止めて欲しい。

 また何かあれば書きますね。
2

2017/3/27

アベノーマルな発言  

「まさに、しっかりと、まさに、まさにですね、ここはしっかりと、デンデン(云々)と、そこでですね、まさにその通りです」

 内容無しのアブノーマル、違った、アベノーマルな発言です。

 アメリカのワンちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
3

2017/3/27

稀勢の里、奇跡の逆転優勝  

 いやー、凄いです!

 これが本当の「男泣き」。

 
2

2017/3/26

人智学とヒトラー  ドイツ精神史研究室より

 下記の手紙はドルナッハの一般人智学協会のオフィシャルな手紙です。一度破られていますが。

 宛名は、アドルフ・ヒトラー首相で、差出人は、ドルナッハの理事三名。

 アルベルト・シュテッフェン、マリー・シュタイナー、そして、ギュンター・ヴァックスムート博士です。

 1933年にヒトラーが政権を掌握後、2年がたってから書かれた手紙です。

 内容は、ドイツで人智学運動を禁止しないで欲しい、我々は、フリーメーソンやユダヤ人、そして平和運動とは関係を持った事はないのだから。

 更に、もう一枚の手紙にあるように、ルドルフ・シュタイナーは「アーリア人」であることが、証明されている、と言うものです。

 もしこの手紙の存在をユダヤ人であったカール・ケーニッヒが知ったら、怒髪天を突いた事でしょう。

 私は個人的に、元SS又は積極的だったナチス党員の人智学徒やキリスト者共同体の司祭を知っています。

 この問題は深いので、これからも納得のいく研究が必要と考えます。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
10

2017/3/26

磐船神社は神秘的  漫遊写真館

 昨年の秋に磐船神社で参拝して来ました。

 非常に神秘的な秘儀の場です。

 長いコートに革靴でしたので、岩窟巡りは出来ませんでしたが、次回はリトライしたいものです。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
9

2017/3/25

ユーゲントシュティールのガラス  

 ゲーテは何かを研究するためには「感覚的」な物を必要としました。

 ギリシヤやローマ時代を研究するためには、それに関する本だけでは駄目で、ギリシヤやローマ時代のコインやアクセサリー、そして壺等を収集しました。

 若死にした畏友シラーを研究するために、シラー自筆の原稿や手紙を収集したことは有名ですね。

 このようにシラーと一体化したお陰で、集団墓地でシラーの頭蓋骨を探し当てる事が出来たのです。

 私も、ゲーテには到底及びませんが、「感覚的」な物を重視します。

 ドイツのユーゲントシュティール(フランス語では、アールヌーボーと言います)様式の研究の為に、私はこの花瓶を求めました。

 ドイツのダルムシュタットと言う街で、19世紀末に作られたものです。

 今では再現が不可能な技法で作られています。

 以前、アルザスのコルマールで見つけました。

 アルザスの骨董通り、また歩きたいものです。

 
クリックすると元のサイズで表示します
10

2017/3/24

古神道入門の良書  

 キリスト教との関連にも触れた、古神道の世界を全体的に把握出来る一冊です。

 菅田正昭著「古神道は甦る」、たま出版、1985年。

 古神道の影響を受けた「教派神道」のほぼ全体像も掴む事が出来ます。

 恐らく絶版でしょうから、古書店で探すほかないですね。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/24

古き良き北海道  漫遊写真館

 父の写真を整理してます。

 懐かしい写真が出てきました。

 北海道の原風景です。

 約百年前の手稲のヒュッテです。

クリックすると元のサイズで表示します

 約八十年前の滝川農場。

クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/23

誰かな?  

 昭和38年3月。戦闘機「飛燕」の前で。東京二子玉川の航空ショーにて。

 
クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/23

ベネッシュ博士のサイン  ドイツ精神史研究室より

 この小冊子「二人のフリーメーソン団員の親展書簡」も、恩師の形見として頂きました。

 二枚目の写真の上に、フリードリッヒ・ベネッシュと書かれたサインがあります。

 もうベネッシュ博士のような人物は輩出しないでしょうね。残念です。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/23

ベネッシュ博士の形見本  ドイツ精神史研究室より

 恩師フリードリッヒ・ベネッシュ博士が他界した後、恩師の蔵書から何冊か拝領しました。

 これは、「黄金と薔薇十字団」について書かれた豪華本です。

 1925年刊ですね。丁度、ルドルフ・シュタイナーの他界した年です。大正14年ですね。

 ここにも、古神道の「神代文字」(じんだいもじ)に似た文字が紹介されています。

 表紙にある「ヤキン」と「ボアズ」と言う二本の柱は、「鳥居」のようにも見えます。

 ヨハネ的キリスト教、フリーメーソン、薔薇十字団、そしてカバラ等々、古神道と繋がる「霊統」は、興味深い研究テーマです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/22

古神道の復権・本田親徳  ドイツ精神史研究室より

 あの副島種臣にも多大なる影響を与えた本田親徳(ほんだちかあつ 1822-1899年)は、古神道を近代に復権させた偉大なる人物です。

 当然、出口王仁三郎の存在も、本田親徳無しでは考えられません。

 本田親徳の伝えた「鎮魂法帰神術」は、内的な行で魂を浄めて、神々を降ろし、その神々の真偽を判断すると言うものです。

 その判断者を「審神」(さにわ)と言います。

 数多ある「霊能者」が、いい加減なのは、この審神が出来ないからですね。

 学生時代に、大枚をはたいて求めたこの本田親徳全集は全て理解することは出来ませんが、大変興味深いです。

 太陽についての答えは、ルドルフ・シュタイナーと同じことを言っています。

 しかし、「神代文字」は難しいです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/21

第十二回Skype講座:水の神秘  ドイツ精神史研究室より

    第十二回Skype講座:水の神秘
     
 
 水は命の源であると同時に、聖なる存在として太古から崇拝されて来ました。

 今回の講座では、液体である水、そして雪の結晶等々について考えたく思います。

 ルドルフ・シュタイナーの水についてのコトバもいろいろと紹介いたします。

 どうぞふるってご参加くださいますようお願いします。

                            小林直生

          


 日時: 2017年3月28日(火)、今回は火曜日です。お間違えなく!

     19時から約2時間半。
 


 画像や音声の調整のため、なるべく18時40分くらいから

 Skypeを開いてお待ち下さい。


 締め切り:当日まで。

 
 参加費: 4000円以上でお願いいたします。

 
 Skype講座ですので、パソコンにSkype機能をインストールして下さい。参加者のSkype名

 が必要です。メールアドレスも必要です。


 参加希望者は、私にメールをお願いいたします。その際、Skype講座への参加の仕方などを連絡いたします。




 参加費をまず、ゆうちょ銀行の私の口座に振り込んで下さい。確認次第「連絡先リスト

 に追加リクエスト」を送ります。


 
 郵貯からお振り込みの時は: コバヤシ ナオキ 記号14060 口座番号55879781

 
 他の銀行からは:店名408 店番408 普通預金口座番号 5587978


 当日は19時開始ですが、開始20分前位からSkypeログインして下さい。テスト通信を行います。


 定員:25名


 お問い合わせ: 私のメールアドレス naos@aol.jp 


 思うところがあってFacebookはやめましたので、もしよろしければ、この記事の左上のあるURLをコピーして、紹介して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

    クリックすると元のサイズで表示します

          クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
11

2017/3/21

神品を見る  

 ひさしぶりに、中之島公園の東洋陶磁美術館に行って来ました。

 天気も良かったし、ようやく春が来たかな、と言う一日でした。

 大阪はなかなか美しい街です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ