ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2018/4/7

日々あれやこれや  不定期な日誌


 今年に入ってから、人生の空気が変わり始めたように思います。

 2015年からのわが人生のドタバタは、いったい何だったのでしょうか?

 よーく考えてみると、ドタバタは、2005年から始まりました。

 私の「社会建築」構想を、公にしたとたんに、強風が吹きまくり、2015年に至るまで、人間関係も、嵐の中でした。

 ゲーテは、「偉人は嵐の中に立つ」と、言っていますが、偉人でもないのに、偉人になった気分になりましたな。

 そして、2005年から十二年年が経ち、嵐は、そよ風に変わり始めたようです。

 「石の上にも三年」ではなく、十二年であったわけです。

 そういえば、ルドルフ・シュタイナーも、1911年の大波乱開始から、落ち着いてルドルフ・シュタイナー本来の使命であった「カルマ論」を公にするまで、十二年かかっていますね。

 この十二年間に、体的にも魂的に不調が続きましたが、これからは、人生本来の仕事が出来そうです。

 
 さてさて、やりたいことは、沢山あります。

 このブログでも、追々活動内容を、紹介して参ります。

 しかし、日々の実生活を楽しく過ごすためには、趣味を堪能しなければなりませんね。

 昨年から、久しぶりに再開した、パイプ煙草の喫煙は、人生を豊かにしてくれます。

 ついでに、昔持っていたライターを見つけて楽しんでいます。

 私は、ライターを「プロメテウス」の分身と思い、1930年代からの、ビンテージ・ライターを探して手に入れて、喜んでいます。

 ロンソン、デュポン、ジッポーなど、フォルムや機能に個性があって面白いものです。

 パイプもいろいろ安く手に入れて、パイプを選ぶ楽しみを堪能しています。

 しかし、嫌煙ブームの中、あのダンヒルが、煙草とパイプ煙草関連事業から撤退することになり、ダンヒルのパイプ煙草は、年内にまったく消えてしまうそうです。

 嫌煙の気持ちは、よく理解できます。私も、紙巻きたばこの臭いは、好きではありません。

 それに、煙草の煙を肺に入れるなど、言語道断ですな。まあ、私も15年位前までは、紙巻きたばこを吸っていましたがね。

 禁酒法も、嫌煙ブームも発信元は、アメリカ合衆国です。

 禁酒法は、宗教的な理由で、そして、嫌煙は、「健康」という擬似宗教が原因です。

 ドイツ人のジョークに「一番不健康なのは生きていることだ」というのがありますが、あまり健康にこだわると、かえって病気にかかりやすいのではないでしょうか?

 何事も、ほどほどにですかね。

 私は、中学生の頃から煙草と酒をやっていましたが、今は、紙巻きたばこ無し、酒無しの生活で、ただパイプ煙草の薫りを楽しんでいます。

 それはさておき、今年は、執筆、翻訳、講演活動に集中できそうです。

 新しい人間関係も出来て、今までとは異なる環境で「再デビュー」したいところです。

 今年は、ヨーロッパにも行けそうだし(昔の仕事関係ではなく)、日本国内もいろいろ観てみたいですね。

 先日は、沖縄で講座を行なってきましたが、沖縄ももっと知りたいですね。

 沖縄に行く前に、風邪かインフルエンザに罹っていて、小康状態だったのですが、那覇で「ヤギ汁」を食べたら、アーラ不思議、体調が頗るよくなり、翌日、二時間の講義を二回、それに質疑応答を二時間、支障なく行なうことが出来ました。

 さすが「ヤギ汁」、沖縄では万能の薬なのだそうです。それに、うメ〜しね。

 ジンギスカンとヤギ汁は、やはり旨いですわ。

 今年は、第一次世界大戦終結百周年、明治維新から150年、私的には、1978年にドイツ留学をしてから40年、司祭になって33年ですか。

 33年は、イエス・キリストの生涯年数ですが、ルドルフ・シュタイナーは、キリストの復活以来、この33年は、歴史的なリズムになったと言っています。

 すなわち、2018年の精神的背景は、33年前の1985年、66年前の1952年そして、100年前の(実際には33年と4か月)1918年にあるとのことです。

 この年に何があったか、ネットなどで調べてみてください。なるほど、だから2018年にこんなことが起きるのだと、思えますよ。

 まあ、あれやこれや、いろいろと書いてみました。


          飛んでいけメランコリア。


       クリックすると元のサイズで表示します

          
          アルプレヒト・デューラー「メランコリア」から。
16



2018/4/20  10:14

投稿者:naoskoba

buna様 ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2018/4/7  17:05

投稿者:Buna

これからの発信 活動を楽しみにしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ