地味鉄庵

味わい深き鉄道車両を求めて

 

今月の更新

2017年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ

●多忙のため、コメントの受付を中止させて頂きました。●当ブログ所収の画像・文章につきましては、著作権を主張いたします。無断での流用は固くお断りします。

ごあいさつ

鉄道趣味の果てしなく深い森の中にひっそりと (?) 佇む庵のようなブログ……として、管理人の好みに沿って、大手私鉄とローカル私鉄の古い車両、そして国鉄型車両を中心とした構成でお送りしております。たまに海外ネタや濃いぃ貨物スポットネタが混ざるなど、鉄道趣味界の主流からはほど遠い内容ばかりですが、お楽しみ頂ければ幸いです。なお、当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。

管理人プロフィール

●20代は非鉄だった分、昭和の電車の退場に焦り愛を捧げる、甲斐性なしで人混み苦手なオッサン。 ●鉄道撮影はキヤノン製デジ一眼と赤緑鉢巻ズームレンズを使用。

お断り & お願い

●当ブログは鉄道情報ブログではありません。単純に個人的な撮り鉄活動の記録をアップして感想や思い入れを自由放送するだけのブログです。内容にはなるべく正確を期しておりますが、不正確の点は個人的な限界ということでご容赦願います。当ブログの記事を参考にされた方が、そのことによって不利益をこうむられたとしましても、当ブログは一切責任を負いません。●当ブログへのリンクを設定する場合、必ずトップページまたは個別の記事にお願いします。画像への直接リンクはお断りします。また、当ブログにアップしている文章・画像の著作権は留保しております。管理人に無断で別のブログ・掲示板等に画像を載せるなど、著作権に反する画像の二次利用行為は、当ブログがオリジナルであることを明記してあるとしても固くお断りします。●管理人にご連絡のある方は、「HN7007あっとやふー」までお願いします。

To Dear Guests

Welcome to Jimi-tetsu-an! This weblog mainly introduce Japanese trains especially old electric and diesel cars born in Showa Era. Webmaster feels very sorry that the English introduction in this Weblog is not good and efficient, but Webmaster is very happy if you have great interest to Japanese railways, trains, models, and other various things in Japan.

向台灣・中國的貴賓敬告

歡迎光臨! 如果大家通過本部落格「地味鉄庵」可以諒解到日本鐵路車輛懐舊情緒的話、站長感覺到無上的榮幸。雖然本網頁介紹很多關於中國・台灣鐵路的話題、由於服務器的語言環境有限、本網頁的語言限於日語、敬請原諒!

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

国別御訪問数

free counters
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おっとっと
>MAKIKYUさま
 こんにちは、コメントどうもありがとうございます〜。
 SRTは基本的に、江南に住む金持ちや、江南以東に住むニューリッチ (日本で言えば田園都市線沿線民) のための路線で、日本人には関係ないでしょうね。
 ヌリロは観光列車に転用される編成が多く、オリジナル編成が減った結果、逆に湖南方面への細々とした運用に転じたというのは面白いですね。日本人鉄ヲタなら、ムグンファに乗るのかヌリロに乗るのか、確かに迷うところでしょう。
 ムグンファの新旧&特室&電源車ごちゃ混ぜは1両単位ですので、個人的には2・4両単位の近鉄乙特急よりも、それこそ日本の10系客車と43系客車の混結を思い出します (客車の世代は違いますが)。ある意味で、車体幅がバラバラなタイやベトナムの長距離客レに通じるものがあると思っています。
 長項線セマウルは、ヌリロがさらに増備されて新昌から益山まで延長運転されると思いきや、逆に消えてしまいましたので、将来的にはITXセマウルとムグンファのいずれもあり得るでしょうね。
投稿者:おっとっと
>palportさま
 こんにちは、コメントどうもありがとうございます〜。
 中央線も堤川からソウルまでの間は基本的に新線化が終わっているはずですので、大田を振り出しに忠北線で堤川に出て、昔の産業路線らしい雰囲気が残っている山の中をのんびりとムグンファで旅するというのはオツなものでしょうね。
 もっとも、台湾に出かけた方が、列車本数の多さやローカルな味わいの濃さ、そして食事の美味しさという点で、はるかにコストパフォーマンスが高いのも否めないところです。
 ちなみに私も、KTXに乗るとしたら釜山近辺は洛東江沿いに走って欲しいものですが、そもそもトンネル新線が出来てからKTXに乗ったことはないです (それほど韓国は疎遠です。汗)。
投稿者:MAKIKYU
こんにちは。

SRTは昨年試乗会で乗車機会があり、車両自体はKTXやKTX-山川より上等と感じたものの、ソウル方起点の立地は使い難いと感じたのは同感です。

またKORAILも近年変動が激しく、華やかな列車から地味な列車まで色々な所で状況が次々と変化していますが、ソウル駅〜新昌間のヌリロ設定が廃止され、ムグンファ代替で龍山〜木浦/麗水expo系統(龍山〜益山間2編成併結)へに転用されたのは注目で、機会があればこの列車には一度乗車したいと思っています。

ムグンファ号は客車も新旧様々で混成編成も当たり前、近年では内装不燃化工事などで更にバリエーションも増えるなど、日本の列車に例えるなら近鉄乙特急を連想させるものがあります。

当たり外れは激しいものの趣味的な面白さは断トツとも感じており、中央線系統の特室も機会があれば是非一度試してみたいと思っています。

長項線系統だけに残存するセマウル客車も、車齢や彼の地の状況を考慮すると、先は余り長くないと思いますが、代替時にはムグンファ号で統一するのか、それとも電鉄化→itx-セマウル運行となるのかも気になる所です。

http://blog.goo.ne.jp/makikyu
投稿者:palport
こんばんは。

韓国鉄道旅は4年近くご無沙汰ですが(台湾鉄路迷旅にハマってしまいまして・・・)、今年の秋口あたりに久々に行ってみたいとも思う今日此の頃。

その際には、大田から忠北線で堤川→太白線・中央線・慶北線を巡る旅をしてみたいな・・・などと考えております。

KTXの旅も悪くは或りませんが(但し、釜山側はトンネルだらけの高速新線区間よりも、洛東江沿いを走る京釜線ルートの方が好きです)、太白山脈をのんびりと走る旅も、久々にしてみたいものですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ