地味鉄庵

味わい深き鉄道車両を求めて

 

今月の更新

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ

●多忙のため、コメントの受付を中止させて頂きました。●当ブログ所収の画像・文章につきましては、著作権を主張いたします。無断での流用は固くお断りします。

ごあいさつ

鉄道趣味の果てしなく深い森の中にひっそりと (?) 佇む庵のようなブログ……として、管理人の好みに沿って、大手私鉄とローカル私鉄の古い車両、そして国鉄型車両を中心とした構成でお送りしております。たまに海外ネタや濃いぃ貨物スポットネタが混ざるなど、鉄道趣味界の主流からはほど遠い内容ばかりですが、お楽しみ頂ければ幸いです。なお、当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。

管理人プロフィール

●20代は非鉄だった分、昭和の電車の退場に焦り愛を捧げる、甲斐性なしで人混み苦手なオッサン。 ●鉄道撮影はキヤノン製デジ一眼と赤緑鉢巻ズームレンズを使用。

お断り & お願い

●当ブログは鉄道情報ブログではありません。単純に個人的な撮り鉄活動の記録をアップして感想や思い入れを自由放送するだけのブログです。内容にはなるべく正確を期しておりますが、不正確の点は個人的な限界ということでご容赦願います。当ブログの記事を参考にされた方が、そのことによって不利益をこうむられたとしましても、当ブログは一切責任を負いません。●当ブログへのリンクを設定する場合、必ずトップページまたは個別の記事にお願いします。画像への直接リンクはお断りします。また、当ブログにアップしている文章・画像の著作権は留保しております。管理人に無断で別のブログ・掲示板等に画像を載せるなど、著作権に反する画像の二次利用行為は、当ブログがオリジナルであることを明記してあるとしても固くお断りします。●管理人にご連絡のある方は、私のアドレスを知っている方に連絡先をお聞き下さい。

To Dear Guests

Welcome to Jimi-tetsu-an! This weblog mainly introduce Japanese trains especially old electric and diesel cars born in Showa Era. Webmaster feels very sorry that the English introduction in this Weblog is not good and efficient, but Webmaster is very happy if you have great interest to Japanese railways, trains, models, and other various things in Japan.

向台灣・中國的貴賓敬告

歡迎光臨! 如果大家通過本部落格「地味鉄庵」可以諒解到日本鐵路車輛懐舊情緒的話、站長感覺到無上的榮幸。雖然本網頁介紹很多關於中國・台灣鐵路的話題、由於服務器的語言環境有限、本網頁的語言限於日語、敬請原諒!

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

国別御訪問数

free counters
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おっとっと
↓このレスのうち「하」が「핫」になってしまい실례했습니다 (^^;)
投稿者:おっとっと
>Enfield님
 안녕핫힙까、한국에서의 코멘트 감사함니다!
 KORAILの中期抵抗車、ついに製造25年の期限に達してソウル首都圏からは引退ですか……。ソウル首都圏の電車でも一大勢力を構成していた車両だけに本当に残念ですが、その分だけ韓国と日本のKORAILファンの間に大きな印象を残した電車だったと思います。
 1x72編成は地方のシャトル用ですか! 後期抵抗車も同様に地方用として転用されるのでしょうか?! ソウル首都圏電鉄では路線の長さゆえ、最近は1000系も滅多に来なかったものと思われますが、地方の短い区間で往復する運用に入れば、その分だけ遭遇しやすいものと思われます。ですので、個人的には地方への転用に大賛成ですね! 撮りやすい路線・運用であれば、久しぶりに韓国を訪れて是非乗車と撮影を楽しんでみたいところです。
投稿者:Enfield
こんにちは。私は韓国に居住する韓国人です。この間、上記形態の電車は、2017年 3月29日を起点にすべて運行を停止しました。非常に残念なニュースですね。 しかし、最後期生産された1x72戦車は、いくつかの地方の専用シャトル列車で置換されて使用される予定であります。

https://www.youtube.com/watch?v=wGrDuwr9-bY

http://blog.naver.com/ykssk209
投稿者:おっとっと
>MAKIKYUさま
 こんばんは、コメントどうもありがとうございます。
 韓国・首都圏電鉄の1000形、たとえ運用がある京仁・京元線系統でも、来ないときはとことん現れず、数本続けて5000系という事態もあります (共通運用だと思われますので、単純に運が悪いだけかも知れませんが……)。
 その点、逍遙山〜仁川間を延々と走る各駅停車は、そこそこ1000系が入っていても狙いにくく、距離がそれほど長くない京仁急行がいっそう狙い目になりますね。
 田の字窓の初期車を組み込んだ編成は、ソウル地下鉄1号線の編成を含め、多くてもせいぜい10〜15本前後といったところでしょうか。本当に希少価値になってしまい……全車廃車も時間の問題だと思いますので、1枚目を撮影できたのは本当に幸運でした。まあ、これからは中期・後期車オンリーの編成も廃車が進むでしょうから、田の字窓が連結されていようがいまいが「1000系は来れば乗る・撮る」ことが大事になるでしょう。
 ちなみに、国鉄1000系の難燃化改造は基本的にソウルメトロ所属車と同じで、全ての椅子がステンレスに改められています。それでも、日立Aトレインの椅子よりははるかに座り心地が良く、ソウル駅から東豆川まで乗り通しても疲れませんので、まあ仕方がないか……と思っています。
投稿者:MAKIKYU
こんにちは。

以前は多数派勢力であったこの形式も、今では次々とVVVF車が導入される事によって逆に希少な存在となり、日本でも首都圏では103系が消滅してしまった事もありますので、最近はこの車両がやってくると嬉しく感じてしまうのは同感です。

京仁線方面は複々線化されており、各駅停車と急行の緩急結合(山手線と京浜東北線快速の様なモノで、首都圏私鉄やJR西の様に綿密な接続が組まれている訳ではありませんが…)を利用する事で、この車両の捕獲率が上がる事も注目点ですね。

また初期車両の先頭車が絶滅してしまった事は惜しいですが、それでも1枚目の写真の様に、車体形状が異なる車両が組み込まれた雑然とした編成も、日本の103系にN40工事施工車が組み込まれている姿を思わせるものがあり(韓国ではただの編成組み換えですが…)、これもなかなか面白いですね。

あとこの形式も難燃化改造と共に座席が随分硬くなり(某メーカーアルミ車の直角座席並?)、この点はかつての103系を思わせる内装と比較すると、面白みに欠ける気もしますが、それでもソウルメトロ所属車両のステンレス座席(1000系でもこの座席ですね)よりはまだ程度が良いかと思っています。
(それとも最近はKORAIL所属車でもステンレス座席が出てきているのでしょうか?)

http://blog.goo.ne.jp/makikyu
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ