イベントスケジュール  X日の丸・君が代関連ニュース
 【7月の裁判日程】
  ◇  7月14日(金)2015都立高再任用更新拒否事件(11:30〜東京地裁527)
  ◇  7月20日(木)河原井・根津09処分取消訴訟(13:30〜東京地裁527)

 【7月の集会日程】
 ● 7月23日(日)第7回「日の丸・君が代」問題等全国学習交流集会
   10:30 日比谷図書文化館大ホール(日比谷公園内)
 ● 7月23日(日)コンサート自由な風の歌12
   14:00 セシオン杉並ホール(地下鉄丸ノ内線東高円寺)

2017/7/23

アベを倒そう!(288)<大阪からのビラまきと「オリンピック教育」批判ビラまき(38)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 まず、▲ 大阪のビラまきの様子が入っていますので紹介します。
 大阪では校長とも面会、生徒のビラの受け取りも良いようです。
 生徒たちとも話しをしています。
 これが「開かれた学校」というものでしょう。
 東京では「閉ざされた学校」が多いです。
 都教委が学校を私物化しているようである。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 大阪のD-TaCの笠松です。
 7/20(木)東淀川区・井高野中訪問要請活動の報告。

 終業式で午前10:00に訪問。
 久しぶりの校長室迎え入れで、笠松・T中と15分ほど。
 ゆっくり話を聞いて受け答えの中で、
 「親家さんと入れ替わりで隣接敷地の東井高野小の校長に赴任し、井高野中に転勤して2年目。」とのこと。

続きを読む

2017/7/23

加計疑惑徹底追及!稲田も安倍もすぐ辞めろ!7・24〜25国会議員会館前行動の御案内  ]その他
 原告・支援者の皆さんへ。
 (転送・転載・拡散歓迎。BCCで配信。重複はご容赦を。)
 被処分者の会・近藤 徹

 週明けの衆参予算委員会の閉会中審査で森友・加計疑惑、稲田防衛相の「南スーダン自衛隊日報」を巡る虚偽答弁などが採り上げられます。
 総がかり行動実行委員会24日(月)、25日(火)昼、議員会館前集会を行います。断末魔にあえぐ安倍政権を追撃・打倒へ頑張りましょう。被処分者の会ノボリ旗を第二議員会館前(首相官邸寄り)に出します。多くの参加を呼びかけます。
 総がかり行動実行委・高田健さんのメールを転送します。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 高田健です。 拡散希望です。
  =衆参予算委員会閉会中審査=
 ● 森友疑惑徹底追及!加計疑惑徹底追及!稲田も安倍もすぐ辞めろ!
   7・24〜25国会議員会館前行動の御案内


 ようやく衆参予算委員会での閉会中審査が決まりました。

続きを読む

2017/7/23

『産経』歪曲報道2連発(その3)  ]その他
 ◆ 今回の『産経』は墓穴を掘った!
   皆さま   高嶋伸欣です


 <『産経』歪曲報道2連発>の(その3)では、17日のコラムで阿比留記者が展開した再利用「大誤報説」に反論する予定でしたが、その前に12日の「加戸氏発言 報じぬ朝毎」と題した記事で、『産経』が墓穴を掘ったのも同然である、という事実の指摘を先にすることにしました。

 1.すでに(その1)で明らかにしたように、『朝日』『毎日』共10日の国会での加戸氏の発言ついてまったく報道していないわけではありません。

 2 『産経』自身も、両紙の「詳報」の欄に加戸氏の発言が掲載されていることをを認めています

 3 けれども、その引用部分が『産経』の最も注目する部分ではないことと、「詳報」欄であって、通常記事(一般記事=阿比留記者の表現)で加戸発言に全く触れていないので、「加戸氏発言 報じぬ朝毎」という見出しにしているのだということです。

続きを読む

2017/7/22

喝! 『朝日』よ、お前もか!(高島伸欣)  ]Vこども危機
 ☆ 7/23(日)10:30〜 日比谷図書文化館
   第7回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会
   記念講演:高島伸欣 「蘇る『教育勅語体制』と『日の丸・君が代』強制を迎え撃つ」


 ◆ 「五輪で「国旗・国歌を学ぼう」だなんて、血迷うな!
   皆さま   高嶋伸欣です


 今日20日の『朝日新聞』東京本社版の夕刊社会面に、写真入りで「五輪来るよ 国旗・国歌学ぼう」「世界の多様性知るきっかけに 中学へ出前授業」と題した記事が掲載されました。
 都教委による2020年東京五輪を口実にした「愛国心」育成、「教育勅語体制」再現教育への問題提起や、学校現場への「日の丸・君が代」強制で東京都の学校がどれほど活気を失い、教職員がいかに苦しめられているかという現実を全く視野に置いていない、能天気な「日本会議」の宣伝さながらの記事であるように、私には読めます。

続きを読む

2017/7/22

労働者が連合本部前で抗議行動  ]U格差社会
 ◆ 「連合の対応は絶対許されない」本部前で市民が抗議
   …「高プロ」容認報道受け
(弁護士ドットコムニュース)
クリックすると元のサイズで表示します
抗議行動を行った市民たち

 これまで労働組合が「残業代ゼロ制度」と批判してきた「高度プロフェッショナル制度」(高プロ制)について、修正付きの容認に転じたと報じられた連合(日本労働組合総連合会)。
 これを受け、市民たちが7月19日、東京・千代田区の連合本部(連合会館)前に押しかけ、「執行部による連合の乗っ取りだ」などと抗議の声をあげた。

 抗議行動は午後7時からスタート。開始時点で40人ほどが集まった。呼びかけ人の男性(33)は、「政府は高度な専門性を有する人だけで、多くの人は対象にならないと話しているが、経団連は対象の拡大を想定している」と高プロ制を批判。

続きを読む

2017/7/22

第2経団連に成り下がったか連合  ]U格差社会
  《ここがおかしい 小林節が斬る!(日刊ゲンダイ)》
 ◆ 憲法を忘れた連合による「労働基準法」改悪容認の悪辣


 一定年収(1075万円)以上の専門職(コンサルタント、為替ディーラー、研究開発者等)を一般の労働時間規制から外し、残業、深夜・休日労働について会社が割増賃金を支払わないことにする労働基準法改正案について、労働組合の団体である連合がそれを容認する方針に転じたとのことである。

 それは、@年104日以上の休日取得(つまり週休2日)を義務づけた上で、A労働時間の上限の設定、もしくは休憩時間を設ける、もしくは連続2週間の休日取得(つまり48日連続労働が可能)、もしくは臨時の健康診断を行うこと……を条件とするそうである。

続きを読む

2017/7/21

河原井・根津09年処分取消訴訟東京地裁口頭弁論から  X日の丸・君が代関連ニュース
 ☆ 河原井・根津09年処分取消訴訟 次回9月14日(木)11:30 東京地裁527
2017年7月20日
 ◆ 傍聴に駆けつけてくださった皆さま
   お忙しい中、ありがとうございます。


 今日の法廷では準備書面を2本提出しています。1本は12年最高裁判決が言う「不利益の内容との権衡」について、もう1本は損害賠償請求についてです。
 2008年事件地裁判決が影響して、2008年停職6月処分が適法ならば、2009年事件は加重ではなく横滑りの停職6月処分ならばいいではないかとされることが危惧されます。
 そこで、不起立案件は「戒告」が基本であることを確認し、停職6月処分はあってはならない処分であることを主張します。法廷では、岩井弁護士が10分ほど口頭で述べます。

続きを読む

2017/7/21

『産経』歪曲報道2連発(その2)  ]その他
 ◆ 『産経』の報道で安倍官邸は窮地に追い込まれる!
   皆さま   高嶋伸欣です


 国会の閉会中審査における加戸守行・前愛媛県知事の発言報道を口実にした『朝日』叩きをめざす『産経』の歪曲報道の(その2)です。

 1.先の(その1)では、『産経』の扇動に同調する動きが拡散中、と説明しましたが、『産経』自身がさらに扇動継続のキャンペーンに着手しています。
 それにしても、わずかでも手掛かりにできそうなものを見つけると強引にそれを『朝日』叩きに結びつけるという『産経』の執念の深さを、今改めて確認させられています。
 そのように言いたくなる程に、今回の『朝日』叩きは粗雑で、浅薄さが見え見えなのです。

 2.『産経』の東京本社版は朝刊だけです。17日朝刊の第1面では「加計学園・行政は歪められたのか?」という連載(上)を掲載し、「オピニオン」の6面では大型コラム「視線」で阿比留瑠比・論説委員兼政治部編集委員が「行政が歪められた実例とは」という見出しの長文コメントを、掲載しています。

続きを読む

2017/7/20

『産経』が歪曲報道2連発!(その1)  ]その他
 ◆ 『朝日』も『毎日』も報道しているのに「報じぬ 朝毎」の記事見出し
   皆さま   高嶋伸欣です


 「サギをカラスと言い換える」歪曲・ウソ報道の常習犯『産経新聞』が、最近またも歪曲報道、それも2連発をやってのけています。

 1.ことの発端は、10日の閉会中審査で参考人として出席した加戸守行前愛媛県知事の発言についての報道で、「加戸氏発言 報じぬ朝毎」という見出しの記事を12日朝刊に掲載したことです。

 2.新聞の読者の大半は、見出しを一瞥するだけで、さらに記事本文を丹念に読む割合は極めて低いのが、普通です。

 3.この見出しでは、『朝日』『毎日』は10日午後の参議院文科・内閣委員会連合審査会での、加戸氏の発言をまるで無視したかのように、読者の多くは受け止めます。

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ