イベントスケジュール  X日の丸・君が代関連ニュース
 【2月の裁判日程】
  ◇  2月 7日(水)東京「君が代」4次訴訟控訴審第1回(10:00〜東京高裁824)
  ◇  2月21日(水)2015都立高再任用更新拒否撤回・結審(10:00〜東京地裁527)

 【2月の集会日程】
 ●  2月 3日(土)東京教育集会2018
   13:30 発明会館(虎ノ門)
 ●  2月 3日(土)自主教研「日の丸・君が代」問題交流会
   18:30 静岡県産業経済会館(静岡駅北口徒歩15分)
 ●  2月11日(土)「建国の日」反対、「日の丸君が代」処分撤回2・11集会
   13:15 大淀コミュニティセンター(谷町線・堺筋線・阪急天神橋筋六丁目駅)
 ●  2月25日(日)都教委包囲ネット総決起集会
   13:00 東京しごとセンター地下講堂(飯田橋駅東口)


2018/2/25

ひのきみ全国ネット 都立高現職教員2名に対する再処分抗議・撤回要請書  X日の丸・君が代関連ニュース
東京都教育委員会 教育長 中井敬三 様
2018年2月22日
許すな!「日の丸・君が代」強制、止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊 全国ネットワーク
連絡先:「ひのきみ全国ネット」代表世話人・小野政美

 ◎ 東京都教育委員会は、東京地裁判決(2017.9.15)が「裁量権の逸脱・濫用」で「違法」として処分を取り消した東京都立高校教員2名の被処分者に対して2018年2月21日付で発令した「君が代」不起立を理由とする再処分を即時撤回せよ!


 東京都教育委員会は、2018年2月21日、東京地裁「減給処分」を取り消された東京都立高校教員2名に対して、「平成21年度及び平成22年度に実施された卒業式において、国歌斉唱時に国旗に向かって起立し斉唱することを校長から職務命令として命じられていたにもかかわらず、起立せず職務命令に違反した」という「処分事由」により、「職務命令違反を行った教員について、地方公務員法に基づく懲戒処分(戒告)」を行った。

続きを読む

2018/2/25

世界最先端の研究水準は「国威発揚」のためではない  ]平和
 ◆ 研究力の低下 (東京新聞【本音のコラム】)
河村小百合(日本総研上席主任研究員)

 一位米国、二位英国、三位ドイツ、四位日本−これは世界で質が極めて高いとされる研究論文の生産本数の、二十年前、十年前の不動の順位だ。
 ところが、文部科学省科学技術・学術政策研究所のデータが示す最近年(二〇一五年までの三年平均)の順位は、一位米国、二位中国、三位英国、四位ドイツ。その後は仏・豪・加・伊と続き、日本はやっと九位で顔を出す。
 科学技術立国で戦後の高度経済成長を達成し、その後も世界屈指の経済大国の地位を守ってきた日本の研究力が近年、目に見えて低下している。

続きを読む

2018/2/25

アベを倒そう!(354)<卒業式ビラまき始まる(大阪)>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 ▲ 大阪の高校での卒業式ビラまきが始まりました
 大阪からの報告です。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今日(2月23日)から大阪府では高校の卒業式が始まり、添付(略します:渡部)のグループZAZA名のビラまきを始めました。
 今日は茨木市の福井高校でビラをまきました。
 この福井高校は自転車登校の生徒が多いのですが、生徒・教職員・保護者に260枚ぐらいのビラをまきました。
 校門前には、はじめは10人ぐらいの教師、あとからは4人の教師が立っていました。
 一人の教師が、危ないから自転車で登校する生徒を止めるなと強く言ってくる場面もありましたが、自転車を止めてビラを受け取ってくれる生徒も結構いました。Y

続きを読む

2018/2/25

個人の内心を理由に再任用を拒否した大阪府  X日の丸・君が代関連ニュース
 ◆ 「君が代」起立めぐり再任用拒否 元教諭が大阪府を提訴

 卒業・入学式での君が代の起立斉唱をめぐり再任用を拒まれたとして、大阪府立高校の元教諭、梅原聡さん(61)が23日、府に計約550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によると、梅原さんは定年退職を控えた昨年1月、勤務先の校長から「今後、起立斉唱の職務命令に従うか」と尋ねられ、「答えることはできない」と返答。府教委は同3月に「職務命令に従う意識が希薄」などとして再任用しなかった。
 梅原さんは訴状で「起立斉唱の意向確認は思想良心の自由を侵害するもの」と主張。精神的苦痛への慰謝料や本来得られたはずの給与相当額の支払いを求めている。

『朝日新聞 - Yahoo!ニュース』(2018/2/23)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000106-asahi-soci

2018/2/24

都庁前通信 2018年2月22日号  Y暴走する都教委
  《河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会 都庁前通信》
 ● 平昌冬季オリンピックの報道がなぜトップ?


 国会開会中だというのに、テレビも新聞も報道のトップは平昌冬季オリンピックでの日本選手の記録。選手が出した記録を称賛する人や共に喜ぶ人がいていいけれど、「日本の獲得メダル数」を前面に出す国威発揚型報道には辟易とする。
 オリンピック憲章は「オリンピック競技は、…選手間の競争であり、国家間の競争ではない」「IOCとOCOG(オリンピック組織委員会)は、いかなる国別の世界ランキング表も作成してはならない」と定めている。

 ● 平昌オリンピックの負の問題=自然破壊を報道しないのは?
 谷口源太郎さん(スポーツジャーナリスト)は「スポーツとマスコミ」Vol.161 において、「見捨てられ消滅に向かう?冬季オリンピック」と題し、平昌オリンピックのスキー・滑走競技のコース新設による大規模な環境破壊を紹介している。

続きを読む

2018/2/24

大阪市立学校:「君が代」指導にかかわる学校への要請  X日の丸・君が代関連ニュース
◎ 学校長をはじめ大阪市立学校にかかわるすべてのみなさまへのお願い
〜卒業式・入学式の「君が代」指導にかかわって〜
2018年2月   Democracy for Teachers and Children
〜「君が代」処分撤回!松田さんとともに 〜(略称 D-TaC)

 私たちは、多くの大阪市立学校で、教育長指示に基づいて行われている卒業式・入学式の「君が代」起立・斉唱指導のあり方を問題として、大阪市教委や学校に要請活動を行っている市民団体です。
 今年度の卒業式に向けても、大阪市教育長に対する「要請と質問」を提出し、2月16日に大阪市教育委員会との協議を行いました。(「協議」報告参照。大阪市教育委員会ホームページへの議事録[要旨]掲載は2〜3か月後になります。)

続きを読む

2018/2/24

アベを倒そう!(353)<公道にビラ配布禁じる看板⇒神奈川の自治体が撤去>  X日の丸・君が代関連ニュース
<転送歓迎>(重複ご容赦)・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」の渡部です。

 本日(2月23日)の朝日新聞」に表記の記事が出ました。
 その冒頭には次のように書いてあった。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 神奈川県各地の駅前通路などでビラ配布や宣伝を禁じた看板、貼り紙について、弁護士グループが法的根拠を横浜市など設置自治体に問い合わせたところ、自治体側は「誤解を招く表現だった」などとして撤去した
 弁護士らは▲ 「「表現の自由を保障した憲法に違反する規制」と訴えている。(以下略)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ところで、このビラまきならぬパンフレットづくりについては世界でも昔からやられていたようで、かのフランス革命(1789年)でも「検閲や、厳重な印刷法規をおかして」かなり作られたようだ。マチュ著『フランス革命』(1922〜1927年、岩波文庫にあります)の第一巻には、次のような記述がある。

続きを読む

2018/2/23

都立高教員2015再任用更新拒否国賠裁判・最終意見陳述  Y暴走する都教委
 ☆ 都立高教員2015再任用更新拒否国賠裁判・判決 7月13日(金)13:10 東京地裁527

 ◆ 2.21都立高教員2015再任用更新拒否国賠裁判・結審

 都高教が全面支援する2年に及ぶ裁判が結審を迎えました。最後の法廷で、再任用更新拒否された5人の原告の内2人が5分ずつ意見陳述を行いました。
 結審の法廷で、見慣れない裁判長が現れて「裁判体の構成が変わったので更新弁論を行います」という宣言から始まりました。裁判長が、佐々木宗啓氏から佐久間健吉氏に交替しました。判決文は、最後の1回しか立ち会っていない、証人尋問も聞いていない、原告の顔も知らない、新しい裁判長が書くそうです。変わったのは裁判長だけで、右陪席(高田美沙子)左陪席(宍戸崇)は今まで通りです。何の説明もありませんでした。
 以下、原告2人による法廷意見陳述を紹介します。

続きを読む

2018/2/23

八木秀次が文科省の禁止を無視して公の場で堂々と検定規則違反行為  ]Vこども危機
 ◆ 「教育再生機構(八木秀次)」版の検定申請手続き違反が判明!
   皆さま     高嶋伸欣です


 この数日で目下検定中の中学道徳教科書8社の内の「日本教育再生機構(八木秀次)」版は育鵬社ではなく、急遽設立した「日本教科書株式会社」から検定申請されたものであることが明らかになりました。
 そのように判断された根拠の一つが、八木氏自身が昨年8月に参議院議員会館で開催された「草莽全国地方議員の会 夏季研修会」で「道徳の教科化の意義と教科書採択の課題」と題した講演をし、その講演内容を要約した新潟県柏崎市議会議員・三井田孝欧氏のブログ(下記URL)に「日本教科書会社版中学道徳教科書への期待」という記述がある(LITERA等による)ためです。

※新潟県柏崎市議会議員・三井田孝欧氏のブログ
 http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/2017/08/post-a5f5.html

続きを読む


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ