2017/11/9

第五福竜丸建造70年記念特別展オープニングに吉永小百合  ]その他
 ◆ 吉永小百合、トランプ氏に物申す「広島や長崎も忘れないで」 (スポニチアネックス)

クリックすると元のサイズで表示します
第五福竜丸を訪問し元乗組員と記念撮影に記念撮影する吉永小百合

 女優の吉永小百合(72)が5日、来日したトランプ米大統領に物申した。「(ハワイ滞在中の3日にツイッターで)“パールハーバーを忘れるな”とおっしゃったようですが、広島や長崎、福島、そして第五福竜丸のことも忘れないでほしい」と語った。

 吉永はこの日、東京都江東区の第五福竜丸展示館を訪問。1954年にビキニ環礁で米軍の水爆実験による“死の灰”を浴びた第五福竜丸が建造70年を迎えたのを記念した特別展「この船を描こう 森の福竜丸 男鹿和雄と子どもたちの絵」展のオープニング記念会に出席し、報道陣の問い掛けに答えた。


 北朝鮮の核実験などもあって不穏な空気が漂う世界。吉永は「ノーベル平和賞にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が選ばれました。日本もきちんと考えて行動してほしい」とも訴えた。

 特別展には元乗組員の大石又七氏(83)や絵を出品した子供たちも姿を見せた。核兵器廃絶の祈りを込めて原爆詩の朗読を続ける吉永は「しゃべられる限りは続けていきたいと思います」と誓いを新たにした。

 戦後を力強く生きた女性を演じた新作「北の桜守」は来年3月10日公開。

 『スポニチアネックス』(2017/11/6)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000069-spnannex-ent


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ