2018/1/14

埼玉県議会殿、安全だというなら、核廃棄物処分場は埼玉県に!  ]Xフクシマ原発震災
  たんぽぽ舎です。【TMM:No3261】2018年1月11日
 ▼ 「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を求める意見書」
   の撤回を求める埼玉県議会へ抗議の集会・デモ・抗議文提出と記者会見
   短期間の呼びかけですが、多くの人が駆けつけました(1月10日)
坂東喜久恵(たんぽぽ舎)

 埼玉県議会で12月22日とんでもない「意見書」が採択されたことは、12月27日発信【TMM:No3257】にてお知らせしましたが、急きょ「抗議文」を作成し、賛同人を募り、集会の呼びかけがなされました。
 前日までに寄せられた賛同人3130人、賛同団体141(まだ増えていると思います)。

 1月10日の昼、最寄り駅の浦和駅西口前には多くの人が集まっていました。埼玉県民だけでなく近隣の人たち。そして、原発現地から駆け付けた方たちも。


 デモの前の小集会では、東電福島第一原発事故の被害を受けた大熊町議員の木幡ますみさんと郡山市議の蛇石郁子さんが事故の後の大変さがいかなるものかを訴え、茨城県東海村の相沢一正さんが老朽原発の東海第二原発の問題を、新潟の武本和幸さん(原発反対刈羽村を守る会)からは柏崎刈羽原発の問題を。
 そして、埼玉県議会の無責任さをみんなで抗議。

 ジョニーHさんが歌で皮肉った安全だというなら原発を埼玉県に作って、廃棄物処分場は埼玉県ににみんなで喝采。実際他県の人たちからは「廃棄物処分は埼玉に」と言われているそうですが、そうですよね。
 県庁までのデモは「埼玉県議会は決議を撤回しろ」「埼玉の恥だ」の声を上げアピール。

 その後、抗議文の提出と記者会見。その間参加しない人は市民ホールで待機。
 その間に野党の議員さんたちからなぜこんな意見書が決議されてしまったのかを聞きました。
 意見書は全会派一致のところが多いのに、ここでは多数決。おまけに議会最終日に出され、内容も件名だけで事前に開示されないというとんでもない議会運営。議会改革も必要です。
 これも応援して変えていかなければ。絶対に他に広げてはいけません。

 何しろ決議されたとき、この問題を報道したのは東京新聞1社だけ。記者会見では、記者クラブの記者たちの勉強不足を痛感したそうです。
 今後の対応や活動については、地元中心にいろいろ精力的に発信していくとのこと。たんぽぽ舎でも随時お知らせしていきます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ