2018/3/11

森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会<納税者一揆第3弾>  ]平和
 ◆ 3.20 緊急院内集会の知らせ
   〜森友文書改ざん疑惑を徹底追及する!〜

クリックすると元のサイズで表示します

 『朝日新聞』が伝えた森友文書「改ざん」疑惑が国会と政権を揺るがす事態になっています。
 しかし、政府は書き換えの有無を明言しないまま、「検察当局が調査中だから」と言いくるめ、与野党が求める原本(の写し)の提出も調査結果の報告も拒んでいます。
 そこで、「幕引きを許さない市民の会」は、頂点に達した納税者、主権者の怒りで腐敗し切った政権を追い詰める行動の第3弾として、3月20日(火)に次のような緊急院内集会を開くことにしました。
 300席の大会議室です。皆さまのご参加と広報へのご協力をお願いします。

 ■ 森友文書改ざん疑惑を徹底追及する! 緊急院院内集会
   3月20日(火)
 11時〜13時30分(10時15分、入館証渡し開始)


 ■特別報告■ 11時〜11時30分
   上脇博之さん(神戸学院大学教授)
   「森友文書改ざん疑惑をどう見るか」
 ■パネル討論■ 11時30分〜13時15分
    上脇博之さん(神戸学院大学教授)
    6党国会議員(出席議員は各党調整中)
     *当日の国会状況により調整されます
    醍醐 聰さん(東京大学名誉教授)
    司会 杉浦ひとみさん(弁護士)


 *上脇博之さんは、ベールに包まれていた官房機密費に風穴を開ける情報公開させ、佐川理財局長(当時)が捨てたと言い張った森友文書を公開させた行動派の情報公開エキスパートです。
 *パネル討論には疑惑を追及する野党6党の国会議員が参加し、最新の国会情勢を報告してもらいます。
 *討論では、会場からの質問もどしどし取り上げます。
 *討論では、
  ●公文書の「書き換え」はどのような罪なのか?
  ●「検察当局が調査中」という理由で議会の国政調査権、国民の知る権利を拒めるのか?
 なども徹底討論します。

 ■院内集会後の申し入れ行動■
 討論して終りではなく、その後、財務省、会計検査院に出向き、麻生財務大臣、会計検査院長宛てに申し入をします。

 ※ 詳しくは添付のチラシをご覧下さい。
 ■ 広報にご協力のお願い■
   チラシのURLは以下です。拡散にご協力ください。
https://app.box.com/s/8x7vzxxfnp63750m0saytvycpzx5rhhj

 添付のチラシは9日に納入されます。チラシを使って参加の呼びかけにご協力くださる方は、枚数、送付先のご住所をこのメールへ返信でお知らせください。至急、発送します。

 テレビの前で不満をつぶやくだけでは腐敗政治を変えられません。
 ここで私たちが息切れしたら、悪代官3人組(安倍・麻生・佐川)の逃げ切りを許してしまいます。
 こんな低俗な政治を次の世代に背負わせないよう、声を上げ続けましょう!

 ----------------------------------------------------------------------------
 ■「3.3モリ・カケ追及! 緊急デモ」(納税者一揆、第2弾)のご報告■
 1500名の参加で納税者の声を力強くアピールしました。
 当日のテレビニュースや翌朝の各紙が伝えましたが、ここでは次の2つをご紹介します。
 ※ NHKの3月3日、夕方6時のニュース
   「佐川長官喚問を」「徹底捜査を」森友学園 文書問題で抗議デモ>
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180303/k10011350611000.html
 ※ 「東京新聞」動画ニュース(31分)
   https://www.youtube.com/watch?v=dTlKE8nlIOQ&feature=youtu.be
   財務省・国税庁包囲行動の動画フルバージョンです。

------------------------------------------------------------------
 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」
   HP : http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/
   連絡窓口(メール): moritomosimin@yahoo.co.jp
        または、 morikakesimin@yahoo.co.jp
   携帯電話): 070-4326-2199 (10時〜20時)
-------------------------------------------------------------------

2018/4/18  22:08

投稿者:所沢市政の問題点


【 産廃処理偽装問題 】森友学園と所沢市東部クリーンセンター

 森友学園の場合は、産廃処理費用分と称し国有地の価格を値引き。
 所沢市 東部クリーンセンター建設事業の場合は、産廃処理費の予算と実費の差額を業者に利益供与の疑い。
 産廃処理を口実として、懇意にしている団体や業者への億単位の利益供与という点で共通である。

産廃処理偽装問題、森友学園8億円、所沢市東部クリーンセンター9億3000万円。

所沢市東部クリーンセンター建設事業 産廃処理偽装問題。
割高の処理費用となる焼却灰混合土として予算計上し、普通の建設汚泥として処理の疑い。
契約で計上された予算と実費の差額は3億〜5億円。 
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalvdoor/archives/7310411.html

東部クリーンセンター建設事業における産業廃棄物処理費についての契約は、平成13年3月議会で議決。
産廃処理総費用9億3000万円。
その後、当時の建設室参事が官製談合を告発。産廃処理費の予算と実費の差額は3億〜5億円と市議が議会で質疑。
契約書の閲覧不可と助役が答弁。   
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalvdoor/archives/7310525.html


【 落札率103.7%?】 所沢市 東部クリーンセンター工場棟建築工事、官製談合で業者に利益供与の疑い
http://tokorozawablg.jugem.jp/

所沢市政の問題点
https://twitter.com/tweettokorozawa

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ