2018/3/12

被災地の本音「復興五輪」に懐疑的  ]Xフクシマ原発震災
 ▼ <震災7年ネット調査>復興五輪 役割に懐疑的 理念「明確でない」6割 (河北新報)

 河北新報社とマーケティング・リサーチ会社マクロミル(東京)は東日本大震災に関するネットアンケートを東北6県と首都圏で実施し、「復興五輪」を掲げる2020年東京大会への評価や東京電力福島第1原発事故を受けた福島の風評被害の現状を探った。(報道部・庄子晃市)
クリックすると元のサイズで表示します

 「復興五輪」を掲げる2020年東京五輪が復興に役立つかどうか聞いたところ、52.0%が「役に立たないと思う」と答えた。
 復興五輪の理念「明確ではない」が63.6%に上った。開催まで2年5カ月を切ったが、復興五輪とは何か依然浸透しない現状が裏付けられた。
 復興五輪についての回答結果はグラフの通り。


 グループ別で見ると「役立たない」が最も多いのは岩手、宮城、福島の被災3県内陸部の58.9%で、最も少ないのは被災3県沿岸部の非被災者44.9%。沿岸部被災者は56.3%、首都圏は47.1%。青森、秋田、山形3県51.7%だった。
 どのグループも東京五輪が復興に果たす役割に懐疑的な見方が多数を占める一方、期待度は被災地間でばらつきがみられる。
 復興五輪の理念について尋ねたグループ別の回答で、「明確でない」が最も多いのは被災3県内陸部71.9%。次いで被災3県沿岸部被災者64.7%、青森、秋田、山形3県61.5%、首都圏61.2%、沿岸部非被災者57.8%と続いた。

 ※【震災7年ネット調査】原発 再稼働反対70%超える
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1062/20180311_10.html


 河北新報オンラインニュースではアンケート結果の詳細をPDFファイルで公開しています。
 トップページ「震災7年共同ネット調査 回答の詳細」からご覧ください。
http://www.kahoku.co.jp/img/news/pdf/shinsai_7years.pdf

『河北新報 - Yahoo!ニュース』(2018/3/11)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000007-khks-soci


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ