2018/7/9

アベ内閣は、直ちに全個人通報制度批准を閣議決定し総辞職せよ!  ]平和
 《今 言論・表現の自由があぶない!から》
 ◆ 持続不可能な日本


 日清、日露、第一次・第二次世界大戦、侵略戦争で、
 アジアと国際社会の数千万人もの人々を殺し、
 女性やこどもたち、多くの人々を戦争の惨禍に苦しめ、
 さらに、アベ政治は加害の歴史をなかったことにするため、
 朝鮮半島侵略と差別と加害の事実の調査を拒絶し、朝鮮人虐殺現場を抹殺している。

 安部晋三は、国連人権理事会と国民および地球市民を欺き、
 自然災害における政府の仕事をサボり続け、国民に対し甚大な被害を与えている。
 これは、人道の罪である。

アベ内閣は、直ちに、日本が批准済みの
人権条約に備わっている全ての個人通報制度を「批准する」と閣議決定し、
総辞職せよ!


2018年7月7日
プロジェクト・ピースナイン
国連 経済社会理事会特別協議資格NGO
言論・表現の自由を守る会


ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
◆ 干潟は地球の宝
三番瀬のラムサール条約登録は不可欠!

クリックすると元のサイズで表示します
谷津干潟 シギ・チドリ類飛来数(1990年〜2015年):環境省
平成の30年間で、チドリと「ハマシギ除くシギ」飛来数ほとんどゼロに!


日本と地球の壊滅的環境破壊が止まらない!

谷津干潟 ラムサール条約登録25周年に、
三番瀬と小櫃干潟等、東京湾の全ての干潟の
ラムサール条約登録を実現しましょう!


 ◆ ラムサール条約締約国会議(COP13)の第13回締約国会議(2018年10月21日〜29日)
   サイドイベント募集中

 アラブ首長国連邦のドバイで2018年10月21日から29日にかけて開催される湿地に関するラムサール条約締約国会議(COP13)の第13回締約国会議は、世界的に数多くのサイドイベントを開催する機会を提供する条約及びCOP13の問題に関連する地域的テーマを含む。

 このようなサイドイベントを企画したい場合は、2018年7月20日までにこのフォームを記入してください。客室と設備の詳しい情報はフォームにあります。さらなるご質問がある場合は、sideevents@ramsar.orgまでご連絡ください。

 この期限が過ぎても事務局が受け取った要求はもう考慮されないことに注意してください。また、期限前にリクエストを送信しても、サイドイベントに利用できるルームとタイムスロットが限られているため、 。

 上記の締め切り後、事務局はすべての要請を審査する。締約国とCOP13に関連する議論に直接関連するトピック、および複数の州または組織が共同で開催するイベントの要請を優先する。事務局は、申請者に2018年8月31日までに申請が承認されたかどうかを申請者に通知します。

 私たちは、COP13でのあなたのアイデアやサイドイベントの提案をお待ちしております。ご参加いただきありがとうございます。これは間違いなく面白い議論を刺激し、今後の締約国会議の重要性を増すものです。


 ◆ RAMSAR COP13 SIDE EVENTS REQUEST FORM

The 13th meeting of the Conference of the Contracting Parties to the Ramsar Convention on Wetlands (COP13), to be held in Dubai, United Arab Emirates, from 21 to 29 October 2018, will provide the opportunity to hold a number of side events on global and regional themes relevant to the Convention and the COP13 issues.

If you wish to organize such a side event, please complete this form no later than 20 July 2018. More information of the rooms and equipment is available on the form. Should you have any further questions, please contact us at sideevents@ramsar.org.

Please be aware that requests received by the Secretariat after this deadline may no longer be considered, and that sending us a request before that deadline does not guarantee that your proposed side event can take place, since rooms and time slots available for side events are limited.

Following the deadline indicated above, the Secretariat will review all requests. Preference will be given to topics that are of direct relevance for Contracting Parties and COP13-related discussions and to requests for events to be jointly hosted by more than one State or organization. The Secretariat will inform applicants whether or not their request has been approved by 31 August 2018.

We look forward to receiving your ideas and proposals for side events at COP13 and thank you in advance for your active participation, which will undoubtedly stimulate interesting discussions and thereby add value to the forthcoming meeting of the Conference of the Parties.

『今 言論・表現の自由があぶない!』(2018/7/7)
https://blogs.yahoo.co.jp/jrfs20040729/MYBLOG/yblog.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ