ranchblog

ウエストウインドランチのyu-koが綴るウマ日誌

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yu-ko
>ステージパパ
私は「ナチュラルホースマンシップ」は理想ですが最終目標ではなく、でもこれを知った上でちゃんと馬装して乗れば、今よりもっと素晴らしいパフォーマンスができると思うのです。
きっとパパさんも同感でしょう!?
投稿者:yu-ko
>Shigeさん
鞍ナシは馬の動きを知るにはもってこいかも知れませんね。

パフォーマンス的には鞍なしの方がインパクトありますね。私はより確実な脚を使うために鞍はあったほうがいいなあ。(私じゃ絶対スピンで落ちる)
投稿者:yu-ko
>カンジさん
リンク張り、どうぞどうぞ!ありがとうございます。

Stacyのこの写真は、いろんな紙面に掲載されていたので知ってはいましたが、ん〜、やっぱり動画はインパクト大!ですね。この会場に自分がいたら絶対鳥肌で号泣の感動でしょう。

ドレッサージュでもノーブライドル(ネックレインはあったかも?)であれは確かずいぶん前の世界馬術か何かのデモンストレーションもありました。私たちの知らないところでこういう感動シーンは行われているんですね。
カンジさんのチャレンジも楽しみにしています!
投稿者:ステージパパ
シートと脚と、ネックレーンならぬネック・たてがみタッチ。ナチュラルホースマンシップか、なるほどね。
投稿者:Shige
yu-koさん>
この前福島の外馬場の手前のグラウンドでドンちゃんで試してみましたよ!でもさすがにホルターはつけましたが・・・。
ノーサドルは馬の動きが良くわかりますね。

カンジさん>
それは「囚人」にもかなり惹かれたのでは???関西人ですね(笑)
投稿者:カンジ
yu-koさん、リンクをはって頂いて有難うございます。私の方にもyu-koさんのブログをはらせていただいてもかまいませんか?

Stacy Westfallの演技見させていただきました。素晴しい演技です。と言うか素晴しい馬との関係ですね。
アメリカの雑誌を本屋さんでチラッと立ち読みした事があるのですが数年前にフリースタイルで囚人の例の白に黒の横じまの服装で手には手錠をしたまんまもちろんノーブライダルで素晴しいストップを決めている人の写真が表紙に載っていて感激した事があるのですがご存知ないですよね?
一度あの演技を見てみたいものです。いつか自分もできるようになってこちらでやってやろうと思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ