2010/4/14

ダイエット中でもお酒は飲めます  お酒の効用

⇒ 先に秘密を読んでしまう


まことしやかに言われているダイエットの不思議にお酒とダイエットの関係があります。


まず、第1のお話

お酒を飲んだらダイエットできないから痩せる為にお酒を辞めなければならない。

この話はわりと良く聞きますよね。

これ、うそです。


お酒を飲んでいても痩せることはできます。

要は摂取するトータルカロリーがあなたの消費するカロリーより低ければいいのです。

お酒を飲もうが飲むまいが、そこさえクリアできれば体重は減っていきます。



次に第2のお話

お酒のカロリーはエンプティカロリーと言って太らないカロリーだからいくら飲んでも問題ない。

この話も聞いたことがあるでしょう。

これ、間違いが入ってます。


エンプティカロリーとは身体にとって役に立たないカロリーのことを指します。

炭水化物、というか、砂糖と小麦粉だらけのスナック菓子もエンプティーカロリーと言ういい方をします。

身につかないと言う意味でのエンプティーではありません。


確かにアルコールの持つカロリーはただ燃やされるだけで、成分が脂肪に置き換わって蓄積される率は非常に低いようです。

でも、だからアルコールのことを「身につかない」と言う意味でエンプティーと言うわけではないのです。


そして第3のお話

お酒を飲むと食欲が進むから、結果的におつまみを食べ過ぎて太るのである。

というおはなし。

これは人によるのです。


基礎代謝量の高い、痩せの大食いの体質の方であれば、そんなこと気にせずに飲んで食べても太りません。

あなたの身近にも見渡せば一人ぐらい入るでしょう?

そんなうらやましい体質の女性が。


でも、もしかして彼女は生まれつきそうなのではなくて、この方法でその体質を手に入れただけかもしれません。


⇒ 食事の工夫で痩せの大食い体質に生まれ変わる方法


手に入れてしまえばお酒を飲もうとおつまみを食らおうと痩せる、太らない身体を持つことができます。



モデルの体型維持方法の実践記録

ウエストサイズストーリー

勝手にナレッジフロー日記

湘南ティータイムのブログダイエット
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ