★武術映画の傑作「精武門」にはまり、「精武門ズ日記」というblogをしていましたが、新たにこちらに引っ越しました
* HP「精武門ズ」〜管理人が作った「精武門」関連作品のみ紹介しているHPです。気が向いたらど〜ぞ。

2017/12/17

天涯・明月・刀 (電影)  

「天涯・明月・刀」
ドラマ「天涯明月刀」が面白かったので、我が家にあった映画版を早速、視聴。
アクションゲームみたいな話だよー。なんて言われてたんですけど、そのとおり。
武術界で一番の使い手だと評判の主人公が次々と襲われて、闘っていくという単純なストーリー。
主役の名前とかは勿論同じで、武侠モノなんですけど、同じ小説から作ったとは思えない感じ。
アクション映画としては、単純で面白かったですけどね。
こうなると小説が気になるけど、日本語訳が無いようなので、ここでひとまず。って感じかなぁ。
●1976年 香港映画
●出演 狄龍(ティ・ロン)
羅烈(ロー・リエ)
谷峰(クー・フォン)
0

2017/12/17

天涯明月刀を視聴  

先日から気になっている中国で活躍している俳優(香港出身)鐘漢良が主演しているドラマ「天涯明月刀」を、一気見!

1日3話くらいのペースで約二週間。こうなるとほかの事はほとんど出来ずに、修行、いや拷問に近いような日々であった。

ストーリーは、武芸者の母親から暗殺された父親の復讐の為だけに武術のスパルタ教育を受けた鐘漢良演じる傳紅雪が、父親の敵を打つために、武術界に出て行くというもの。原作は映画になったりしているし、原作者の古龍の作品は中華圏では沢山、映画やドラマになっているので、多分中華圏では知られている話なのだと思う。

ドラマ自体は一気見なので、ジンワリした味わいはなかったものの展開のテンポもよく、俳優陣も姜大衛などベテランから若手まで揃っているし、ストーリーは出生の秘密。姉妹が一人の男性を巡って憎み合う悲劇。親子の愛情。熱い友情。そして、野望に陰謀に復讐とという、韓国ドラマもビックリのテンコ盛り。
さらにカッコいいアクションで、大満足でした。

武侠ものなので、出演者のほとんどは髪を長くしてオデコ全開。見始めは鐘漢良のかなりのデコッ八ぶりが気になって仕方なかった(立派な額なのよねー😁)けれど、役柄とアクションの動きの美しさにヤッパリ「いい役者さんだのぉ〜」と益々、気に入ってしまいました💕
ちなみにリンク先の画像の中央が我が「鐘漢良」

中華圏の武侠モノは好き嫌いが分かれるところですが、なかなかのオススメの作品です。長いけどね〜😓

『天涯明月刀』2012年 中国 41話
出演者:ウォレス・チョン(鍾漢良)
バロン・チェン(陳楚河)
チャン・モン(張檬)
デビッド・チャン(姜大衛)
監督:頼水清
原作:古龍
0

2015/1/12

太極(2012)  電影・電視

久々に、楽しい作品を観たので、書いておく。
「太極TAI–CHI ゼロ」と「太極TAI–CHI ヒーロー」。香港俳優スティーブン・フォンが監督。
主演は梁家輝、アンジェラベイビーに新人の袁暁超。

既に中国語版は我が家にあって、家族は観ていたらしいが、私は隣で寝ていたもの。

時代は清朝。陳家溝で繰り広げられる修業者。
ストーリーはテンポが良く、新時代のカンフー作品という感じがした。
冒頭はカンフーパンダっていう雰囲気もあり、ポップな感じが溢れていた。

また、主演の袁暁超が新鮮で可愛いと思って調べたら、長拳のチャンピオンだったので、第二のジェット・リーと
いわれていたらしい。

そして、悪役のエディ・ポンが可愛い顔で、漫画チックな悪役を演じていて、そこも見所。
この辺からエディ君が実力を見せてくれて、黄鴻飛に繋がるのかなぁ。と、思ったりして。

この作品観たら、李連杰作品を久々にみたくなった。
0

2013/2/24

マーシャル・シティ〜超人大戦(全城戒備)2010年香港  電影・電視

出演:郭富城(アーロン・クォック),舒淇(スー・チー),呉京(ウ−・ジン),
   張靜初(チャン・チンシュー),鄒兆龍(コリン・チョウ)
監督:陳木勝(ベニー・チャン)

サーカス団に所属している郭富城演じるサニーは道化をしながら父親と同じナイフ投げを夢見ている。マレーシア公演中に、同じサーカス団にいる鄒兆龍演じるチョウとその仲間たちが旧日本軍の財宝探しをしているところにでくわす。しかしそこには、人間を超人にするために秘密裡に開発されたガスが隠されていた。そしてこのガスは超人的な身体能力を持つものの、身体が醜く変容しいずれは死んでしまうというものだった。

財宝を探しているうちにガスを吸ってしまう、サニーとチョウの仲間たち。
しかし、サニーは偶然海に落ち、身体能力が上がったものの、身体が醜くなることを避けられた。
そして、海から上がって体中むくんだサニーを助けたのが、アンカーウーマンの舒淇演じるエンジェルだった。

そのうち、香港の町では、チョウたちが超人的な能力を使って、連続強盗をはじめる。逮捕に乗り出す、呉京,張靜初のカップル刑事。

一方、サニーはエンジェルのマネジメントのもと、超人的能力を持つスーパーヒーローとして、TVでもてはやされるようになっていた。

そして、サニーとチョウの戦いが始まる・・・

何しろ、呉京がカッコイイ!!超人的になった鄒兆龍とのアクションも切れがあって申し分なし。そして、ほんの少し描かれている張靜初との恋愛エピソードも可愛らしくてよい感じだった。

久々に、はちゃめちゃな、香港映画を見た!!という感じ。原作はアニメ?と思わせるようなストーリー展開。勿論、アーロンもコメディやアクションで見せてくれている。

たぶんお金は凄くかかってる・・はちゃめちゃな、香港映画!!!そんな作品を求めている方にはお奨め!!

紹介
0

2013/2/24

チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター (インド)  電影・電視

主演:『ムトゥ 踊るマハラジャ』のラジニカーント

全部みるのに3時間かかるインド映画。最近、同居人が気に入って、一緒にみることにした。

インド版「ヘルハウス」プラス「エクソシスト」プラス「金田一シリーズ」プラス「ゴーストバスター」って感じだろうか?こんなにいろんな要素が入ってたら、なんのこっちゃだが、まさに「踊るコメディホラー」だ。

主演のラジニカートは最後まであきさせないパフォーマンス。
しかし、3時間はやっぱり辛い。時間がじっくりあって、ノリノリの映画で楽しみたい方にお奨め。。。

紹介
0

2013/2/23

今日の広東語〜あなただって、いい女ですよ〜  今日の広東語

ほめ言葉はいろいろありますが・・・

ドレスアップした彼氏には、こう囁きましょう。

「你好靚仔呀」(あなたって素敵(いい男)ね。)
そしたら、彼氏もこう答えるとオシャレ・・

「你又夠靚女吖」(きみだって、すっと素敵さ)

いいでしょ〜。

「桃姐」のロジャーと桃姐の会話です。
0

2013/2/17

密告・者(綫人)2010年  

監督:ダンテ・ラム
出演者:ニコラス・ツェー,ニック・チョン,グイ・ルンメイ,リウ・カイチー

ニック・チョン演じるドンは,金に困った犯罪者を潜入させて,密告させることで事件を解決している刑事である。

ある日,取引の最中にリウ・カイチー演じる密告者の正体が組織にばれてしまう。
彼は逃げるが追い詰められ、身体に大きな傷を追い精神に異常をきたしてしまう。

本来はいざとなったら密告者を見捨てなければならないのだが、ドンは彼との信頼関係を崩してしまったことに大きな後悔を感じ,彼の心の中には、密告者を使う業務に割り切れない気持ちでいた。また、ドンには,妻を犯人に追われて記憶喪失のうえ傷をつけたという過去があり,いつも彼女を見守っていた。

1年後,ドンは上司から台湾から帰ってきた凶悪犯罪者ルーイー演じるバーバイを探る指示を受け、再び密告者を送り込むことに。そして、出所間近の青年ニコラス演じるサイグァイに目を付ける。売春組織に売り飛ばされた最愛の妹を救い出すため金が必要だったサイグァイは、バーバイの情婦グン・ルンメイ演じるディーに近づき、運転手として組織に潜り込む。

ニコラスがいかにも普通のちょっと気の弱そうな青年を好演している。そして何よりも驚いたのが、グン・ルンメイ。周杰倫と共演した「言えない秘密」では透明感溢れるお嬢様だったのだが、今回ははすっぱな情婦を見事に演じきっている。ちなみにやや気になったのがバーバイ演じるルー・イー。イケメン過ぎて悪い人に見えないのだ。熱演しているのだが,そこがやや残念なところだった。

「証人」に続く香港らしい作品。ちょっと痛いがこんなアクションが好きな方にはおすすめ。

ニコラス・ツェが第30回香港電影金像奨(2011年) 最優秀主演男優賞を獲得している。


公式HP
0

2013/2/11

エクスペンダブルズ(2010年)  

もう既にパート3の企画もあるというのに,やっと本作をみた。
アクション映画ファンなら涙もの豪華キャスト。特に李連杰出演!
今更DVD鑑賞の感想を書くのも恥ずかしいくくらいだ。

この作品の見所。
・シルヴェスター・スタローンの男気
・セクシーなジェイソン・ステイサム
・少年のような李連杰!
このごつい男たちの中では,とにかく「リンチャン」かわいい!と言いたくなるくらいだ。

ストーリーもシンプルであっという間にラストを迎える。
スカッとしたい時にお一つどうぞ。
0

2013/2/11

7級公務員(7급공무원)2009年  電影・電視

監督:シン・テラ/主演:カン・ジファン、キム・ハヌル

ポスターのイメージで想像していたものとは違う爆笑ラブコメディ映画でした。
キム・ハヌル演じるスジは旅行会社に務めていると身分を偽っているスパイである。カン・ジファン演じる恋人ジェジュンがいるが,いつもウルルン島に出張している。

ある組織を追って花嫁姿で偽装していたスジにジェジュンからカナダへ留学するから別れようという電話が入る。犯人を確保し空港にかけつけるスジを残してジェジュンは旅立っていく。

冒頭からミニスカの花嫁姿で水上バイクに乗り犯人を確保するスジが滅茶苦茶カッコイイ。
一方ジェジュンはどちらかというとオタクでオドオドした感じで二人のキャラクターが対照的に描かれている。

3年後、スジはある細菌兵器の売買の事件を追って,掃除婦に変装して犯人を追って男性トイレへ入る。そこで,用を足している男性の股間に釘付けになる。そこには帰国したジェジュンの姿が・・。

実はジェジュンもロシアから帰国した新米スパイだった。そしてスジの追う犯人の取引相手をジェジュンも追っていたのだ。

といってもジェジュンは新米でやる気はマンマンだが,現場を知らずドジばかり。
お互いに取引相手を追っているため,それぞれの部署でお互いがスパイの一味と誤解されてしまうことに。

一つ一つのエピソードに笑いが入っていて,ずっと大曝笑だ。
特にカン・ジファンはアクション一切なく,ドジなスパイを熱演している。

香港映画でいえば,「ラブソング」のレオン・ライとマギー・チャンの雰囲気といっていいかもしれない。

最後まで色々な落ちが付いていて,飽きることはなく,何も考えず笑いたい人には超お奨め!
0

2013/2/9

映画は映画だ(영화는 영화다) 2008年  電影・電視

原案・製作:キム・ギドク/ 監督:チャン・フン/主演:ソ・ジソプ,カン・ジファン

カン・ジファン演じる映画俳優カン・スタは撮影中の映画で監督の要求どおり,撮影にリアリティを求めるタイプだ。映画俳優としてのプライドが高く,傲慢で周りのスタッフ達にも好かれていない。また,恋人はいるものの,隠れてワゴン車で逢引をして身体を重ねるだけの関係である。そんな中,撮影中に共演者に怪我を負わせ,暴力俳優のレッテルを押されていまう。そして,いくら探しても共演者がみつからず撮影は頓挫寸前になる。一方,暴力団の幹部であるソ・ジソプ演じるイ・ガンペは映画俳優に憧れていたが,挫折し,ボスの出所を待ちながら組を守っていく毎日だ。

ある日,クラブで二人は出会う。そして,お互いに自分の無いもの〜ソテはガンペにリアルなヤクザの風格。ガンペはソテに俳優のプライド〜を感じるのだった。

ソテの主演映画は共演者がきまらず,ソテも相手役探しに乗り出すが,誰も相手にしてくれない。そこで,ソテはクラブで出会ったガンペを思い出しスカウトへ向かう。
このスカウトのシーンがカンカン照りの白っぽい屋上。これ・・「無間道」のシーンに似てる。この二人がカッコいいので,滅茶苦茶絵になるのだ!

そして,ガンペはリアルな演技をすることを条件に加わることになった。
お互いを意識する二人。これが二人の今までのこだわりや考え方に変化をもたらしていく。

リアルなやくざがリアルに映画に出演する映画のシーンと俳優が俳優として映画に参加するシーンを演じるのは二人ともとても難しかったのではないかと思う。
何がリアルで何がそうでないのか・・・。観ているほうも、傍観者として戸惑ってしまうほど、二人の演技にひきつけらてしまった。

そして,二人の心の変化がある事件をひき起こしつつ,映画の撮影は最後の撮影となる。最後の撮影シーンでは,二人は真剣に殴り合いのシーンを浜辺で演じる。泥まみれになって殴りあうシーンは圧巻だ。

そして,クランクアップ。二人はそれぞれの世界に戻っていくが,ガンペには決着をつけなければならないことがあった。このラストシーンは予測はできたけれども,映画撮影をリアルに感じてしまった私には,せっかく撮影したこの映画はいったいどんな風に扱われてしまうのだろうか?と観た後にもさまざまな選択肢が浮かび,ラストシーン自体は楽しい終わり方ではないがその想像がまたこの作品の後味を楽しいものにしてくれて,余韻が残る。癖のある男くささあふれる作品でもある。

黒社会をテーマにした映画をはじめとしたアクション映画好きにはけっこう楽しめるのではないだろうか。

第28回韓国映画評論家協会賞 新人監督賞、男優演技賞、新人俳優賞も獲得している。


0

2013/2/3

今日の広東語〜お祝いの言葉へのお返し  今日の広東語

昨日の内容に誤りがあったので,書き直しです。
もう少しで,旧正月ですね〜。
そこで,新年の挨拶をされたらどう返事をしましょうか?
「祝你新嘅一年呢,心想事成,龍馬精神」こういわれたら,
まるっきり同じ言葉で返すのもいいのですが,
「大家咁話(みんなそういいます)」という返し方もあるそうです。

みんなが同じ状況、お正月とかクリスマスに使うそうです。

次は使ってみよう〜
0

2013/2/2

魔法使いの弟子(2010年)  電影・電視

製作・主演:ニコラス・ケイジ
ディズニー映画。「ファンタジア」の魔法使いの弟子を映画化したものらしい。
世界の終わりを守るため魔法使いのバルサザールは1000年の間,指導者候補を捜していた。そして,現在のニューヨークで物理オタクの青年、デイヴと出会う。

「ベスト・キッド」,「酔拳」のような師匠と弟子との物語。
若者の成長を描いたこういうドラマは安心してみていられるし,ハッピーエンドだし,ホッとする。
また,さすがディズニー映画!はずれがないな〜。
ホッとしたい時にお奨め。
公式HP
0

2013/1/27

今日の広東語〜花様年華より  今日の広東語

今日も大好きな「花様年華」より一言。梁朝偉演じる周慕雲がカンボジアで,張曼玉演じる蘇麗珍との出来事を過去のことにしようと決意することを暗喩して親友に話すなシーン

「咁個秘密就永遠留喺棵樹度,冇人會知道
 //そうすると,この秘密は永遠にこの木の中に残って,誰にも知られない。」

そして,その後梁朝偉がカンボジアの木のウロに向かってささやくシーンは,熱苦しいカンボジアの空気の中でシーンとしたなんとも切ない場面なのです。

0

2013/1/27

チャ刑事(차형사)2012年  韓流

韓国映画「チャ刑事」劇場鑑賞
監督:シン・テラ
主演:カン・ジファン,ソン・ユリ

一番早い時間に劇場に行ったが,お客さんの入りは165席のうち,1/3か1/4くらいだっただろうか。男性が2〜3人。他は女性。ほとんどは主演のカン・ジファン氏のファンと思わる。

カン・ジファン氏がコメディからアクション,男前ぶりまで様々な顔を十二分に見せてくれてファンにとっては,最高の作品だろうと思う。

警察署に住み込んで,犯人逮捕に日々邁進するカン・ジファン演じるチャ刑事。甘いものやチーカマが大好きで,出っ張ったおなか。風呂にもほとんど入らず,髪はボサボサ。最低の不潔男である。ある日彼の部署にファッションショーで麻薬を取引しているという情報が入り,チャ刑事を捜査のリーダーとしてモデルを選んで署員を潜入させることにした。モデルを依頼するデザイナーとして選ばれたのが,このショーでデビューするチャ刑事の高校の同級生ソン・ユリ演じるヨンジュだった。高校時代にお互いを意識していた二人。

モデルとして潜入捜査員を身長で,チャ刑事の部下を選出したが,思わぬ事故で彼が骨折してしまう。そこで,再度,潜入モデルを選出しようとするが適任者がいない。そして,背が高いという理由だけで,チャ刑事がモデル候補として選ばれる。しかし,実はヨンジェは高校時代にすらっとした筋肉美だったチャ刑事にかけることにしたのだ。その日からチャ刑事のダイエットと猛特訓が始まる。

そして,チャ刑事は肉体美を取り戻すのだが,犯人に潜入捜査官とばれてしまい,ヨンジェと共に陥れられてしまう。ショーまでの日にちはもうわずか。チャ刑事はヨンジェのショーのため強引に警察署でショーの準備をさせることにする。ショー当日,麻薬がヨンジェの荷物の中に入っていることが発覚し,チャ刑事は一計を案じた。

完璧なラブコメアクション映画。絶対ありえな〜いという設定があまりにぶっ飛んでいて,まるでギャグマンガ。そこでカン・ジファン氏はまるでマンガの主人公のごとく楽しげにチャ刑事を演じきっているように見える。

観客を楽しませようという監督の意図なのかもしれないが,ややふざけすぎた(お下劣なお笑いシーンも満載)細かいギャグが多すぎて長すぎる印象だった。それでも不潔男のエピソードやダイエットのシーンをもう少し丁寧に描いて,じっくりみせてくれる部分もあったら変身した彼がより引き立ったのではないかと・・注文が多すぎるかもしれないが,そんな気がした。

そうはいってもなかなかお金もかかっているし,カン・ジファン氏のジャッキー・チェンも顔負けの危険なアクションシーンも楽しむことができる。

少し前の香港コメディ映画に近いテイストもあり,ハチャメチャな設定はタイのアクションコメディにも似ているような気がした。何も考えずにひたすら笑える作品だ。「思いっきり笑いたい」「イケメン(筋肉美)を堪能したい」方にはお奨め。

0

2013/1/27

ハプニング(2008年)  電影・電視

M・ナイト・シャマランの「ハプニング」を観た。
原因不明の中次々に多くの人たちが自殺していく。植物から発生する毒なのか?それとも放射線の影響なのか?何もわからないまま逃げ惑う人たち。大好きなマーク・ウォルバーグが熱演している。

最近のM・ナイト・シャマランらしく,散々パニック映画のごとく緊張感を煽っておいて,最後に肩透かしというパターン。
テーマは「地球の脅威か?」パニックのシミュレーションか?いまいち落としどころがない気もする。昔みた「ウルトラマン」とかに「次はあなたの隣でも同じことが起こるかもしれません。」的なエンディング。
2010年の「エア・ベンダー」も残念な感じだったが・・「シックス・センス」のドキドキ復活を望む。

オフィシャルサイト
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ