2014/10/30

清掃あります  

更新、止まったままです。
すみません。

今年も「京都府・笠置の岩場清掃」が行われます。
沢山の参加があるといいな〜。
皆様、よろしくお願いします。

http://moon.ap.teacup.com/bck2006/33.html
0

2014/2/2

イタリア・シチリア島ツアー そのA  紐登攀

その2 シチリア暮らし

ほんの数日間でしたが、シチリアの暮らしを体験して
印象に残ったことを少し・・・


<シエスタ>

北部の都市ではもう無い習慣と聞いていたけど
シチリア島にはしっかりありました。
SIMカードを買いにシラクーサの街に行くとなんだか交通量が多い。
我先にと走るイタリア車に呆然とする長老。
しかし時計が午後1時を回ると街は閑散とした。
訳がわからずとりあえず路面パーキングの料金を払いにキオスクに行くと
13:00〜16:00時は無料と言われた。

そんじゃまずTIM(テレコムイタリア)のショップへと向かうとCLOSE。
VodafoneもCLOSE。
よく見るとバール以外のショップは軒並み閉まってます。
あいていたのは高級食材を扱う店くらい(都会ぶってるのか)。

つまり13時〜16時はシエスタで、家に帰って食事する人、行きつけの食堂に行く人の大移動が先ほどの混雑と言うわけ。
16:00時から店を再開して20:00時早いところは19:00時にはもう店じまい。
仕事しろよ〜


<市場>
どこへ行ってもマーケットが大好き。
その土地の暮らしぶりが見えておもしろいもんね。

まずはおなじみカルフール。
馬鹿でかいのにいつ行ってもお客は少ない。
もともとの人口が少ないというのもあるがこれで商売成り立つの?って思うほど。
食品、日用品を問わずカルフールブランドの商品が幅を利かせてるのはトップバリューと同じ。
旅行者の我々には何かと便利だけど(安いし)
イタリア人にはイマイチ?

ただパンだけは美味しかった。
そもそもイタリアのパンは美味しくない。
フランス資本のカルフールとしてはそこは死守したい砦なのかもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します



私たちが滞在したBelvedereは小さい街だけど
八百屋、肉屋、パン屋、チーズ屋があって、小さいスーパーも2軒ありました。
地元の主婦はきちんと外出着を着て、お化粧して買い物に行きます。
ジャージやスウェット姿は有り得ない。

ちょうど新年を迎える買出しでどこも混み合ってました。
個人商店なので店の人とやり取りしなければならない。
イタリア語は妹の指示で数だけは1から100くらいまで言えるようにがんばった。
肉屋でサラミソーセージを買うとき
「サラミ下さい」
「辛いよ?いいの?」
「OK」
「ほんとに辛いよ、食べてみて…(試食させてくれる)大丈夫?」
「ハイ大丈夫です。50グラム下さい」
「5? 50?」
「50です」
「50ね」
といってサラミを50枚切ってくれた。
…6日間掛けて食べきった、もちろん美味しかったよ。
クリックすると元のサイズで表示します


パン好きの長老にとってパン屋は何より大事。
街の商店はどこも間口が小さいので車で流していると見逃してしまう。
看板を掲げてあるとも限らないし…
節穴で有名な長老ですがパン屋をかぎ分ける嗅覚は鋭い!
「入り口に縄のれんみたいなのをぶらさげてるのがパン屋やで」
「なにそれ!」
言われて見ると確かにパン屋には縄のれんがかかっってるではありませんか!
どんな意味があるのかは今もってわかりませんが
これでパン屋を見つける苦労は無くなりました。
まあお味はそこそこ、焼きたてなのとお安いのは嬉しいですが・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12月30日はBelvedereの小さな朝市に行った。
大きな改造バンの移動店舗がずらりと並ぶ。
ほとんどが衣類、寝具など。
数件だけど食料品の店もあった。
そのなかに乾きものを売る店があった。
ナッツ類に混じってぼんち揚げ? おかき? 五色豆?
真実を確かめるべきか迷ったけどこれらがむき出しで売られているのを見て
「しけってるんちゃうか」とためらった。
シチリアのぼんち揚げもなぞのままである。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<シチリアで食べたもの>
イタリアだからって何を食べても美味しいわけじゃない。

まず水である。

B&Bに着いたその日にコーヒーを淹れてみた。
沸騰させるから水道水でもいいと思い
初エスプレッソをいただくと
なんかまずい!
豆も少し高いの買ったのになあ、淹れ方悪かったかなぁ

シチリアは海に囲まれているので
水道水に塩分が含まれているところが多い。
エトナ山の麓など内陸のあたりは美味しい水が飲めるらしいけど
飲料水は皆ミネラルウォーターを飲んでいる。


長老家に欠かせない牛乳もしかり。
スーパーでもフレッシュミルクはあまり置いてない。
オーストラリアで山のように並んでいたいろんな種類の牛乳は見当たらない。
そのかわりずらっと並んでいたのがロングライフミルク。
カプチーノのミルクも練乳(?)と思わせる味がした。

イタリア人は牛乳の味に関心ないのかとおもいきや
シチリアは酪農が盛んなので牧場がすぐ近くにあるらしい。
だから少し時間に余裕があれば牧場まで出かけて
ほんまの絞りたてを買っていくそうだ、もちろん毎日の話ではないけど。


では美味しかったものは何か。

野菜は品種改良されていない力強い味がした。
卵も肉も鮮度抜群で、手を掛けずに食べるのが美味しかった。

シチリアは新鮮な魚介が豊富、海に囲まれてるから当然だけど。
とくにマグロはぴか一。
われわれも本マグロのグリルをいただきました。
お世話になったナオコさんはレストランのオーナーで、和食も出しています。
マグロのにぎりはイタリア人にも好評だそうです。

私が一番感激したのはB&Bオーナー サルバトーレのオレンジ。
「オーガニックで作ってるから好きなだけ食べて」と
鉢いっぱいのオレンジをいただきました。
これが激旨!
シチリアといえばレモンですが、それ以外にもブラッドオレンジやマンダリンなど
沢山の種類のかんきつ類が栽培されています。
たぶん気候、風土が栽培に適してるのだろうな。
だから多くの家にオレンジの木がある。
ほったらかしでもおいしい実がなるそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

<ガソリン>
レンタカーがディーゼル車だったので燃料代は安くつくと思ってた。
返却時に満タンにしたら「31」と言う数字が見えた。
「いくらですか?」
「56ユーロ」
「…」
「56だよ」
なんか高いなあと思いながら支払いを済ませ
計算すると1.8ユーロ/L
円に換算すると260円/L
軽油やで〜!

「さっきのスタンド、ボラれたんかなぁ。いくらなんでも軽油がリッター260円って、ないやろ」
「いや、イタリアほんまにガソリン高いみたいやで〜、ほら」
ネットで検索した記事によると経済危機以来乗せられる限りの税金をガソリンに掛けたらしい。
燃料費の高騰に通勤に自転車を使う人が続出とあった。

こんなに高いならエコドライブを心がけたらいいのに
和○ナンバーの若者のようなアグレッシブな走りは国民性なんでしょうかねえ。


<オルティージャ島とラ・カンブーサ>
世界遺産の街シラクーサには見所がたくさんある。
その多くがギリシャ、ローマ時代の遺跡、遺構だ。
それぞれに興味深いものではあるが長老家の一番のお気に入りは
旧市街であるオルティージャ島の街歩きでした。

一周4キロメートルほどの小さな出島は新市街と橋で結ばれていて
島の中は迷路のように小路が張り巡らされている。
小路には有名ブランドのショップ、みやげ物屋、食料品店、バールなど
所狭しとひしめく。
それらを見ながら街を歩くとドオモやアレトゥーサの泉など
歴史的な建造物が現れる。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

夜のオルティージャ島の美しさは格別。
愁いを帯びた小路に灯る店の明かり、
澄んだ空気の中ライトアップされ浮き上がるドオモ、
ゆったりと夜景を楽しむ観光客のシルエット
全てが絵画のようでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ラ・カンブーサは今回お世話になったナオコさん&マリオが経営するリストランテ。
マリーナの近くにあるシチリア料理と和食のお店です。
白い石造りのお店はテーブル席が10ほど。
シチリアの新鮮な魚貝を使ったお料理がいただけます。
メニューは日本語でも書かれていて、わかりやすいのが嬉しい。

ここで頂いた塩鱈とキノコのリゾット、美味しかった〜。
なかなかあの味は再現できないなぁ。
長老はデザートのカンノーロがお気に入り。
筒型のクッキー生地にリコッタチーズクリームをてんこ盛りに詰めたお菓子。
とても食後に頂くボリュームではないけど
甘酸っぱい味が大好きな長老のつぼにはまったみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/1/24

イタリア・シチリア島ツアー その@  紐登攀

クライミングツアーに出掛けるとき、インターネットで情報を集めますが、
今回ツアー先として選んだ、イタリア・シチリア島のクライミング情報は少なかったですね。
いつも情報を貰うばかりでは申し訳ないので、シチリアツアーの顛末と情報を公開。
書くのは全てを手配した妻長老氏です。
私はボ〜と後をついてっただけなモンで(笑い)

では、これからシチリアに向かうかも知れない、誰かのお役に立てますように。



2013〜2014 イタリア・シチリアツアー その@

有給休暇なんてありえない私にとって年末年始は海外脱出の唯一のチャンス。
長時間のフライトに渋る長老を説きふせて行ってきました。

イタリア シチリア島
地中海の真ん中に位置する九州よりちょっと小さいくらいの島です。

なぜ シチリア?

イタリア好きの妹からの情報によると
1 冬でも暖かい
2 もちろん食べ物はおいしい
3 適度に田舎で治安が良い、人も親切
4 世界遺産がいっぱい、見所多し
5 そして『岩だらけ』

クライミングエリアは島中に点在しているが
大きくは最近アダム オンドラによる9aも引かれた
San Vito Lo Capoや州都パレルモを含む西海岸と
古都シラクーサを中心にした東側に分かれる。
西海岸はシークリフなのに対してシラクーサ近辺のエリアは渓谷にできたケイブを登る。

妹の話からシラクーサは穏やかでノンビリして美しい街と判ったので
今回はシラクーサを拠点に巡ることにしました。


とは言っても日本からクライミングに行く人は稀だし
言葉も通じないし、情報もそう多くないので不安でしたが
現地在住で妹の友人のナオコさん&マリオに助けられて楽しい旅になりました。


その1 旅のメモ

日程 

12月28日 14時30分 関空出発 
          ローマ経由 
     23時頃  カターニア着(現地時間) 泊

12日29日      移動 カターニア→シラクーサ
          車で1時間くらい
          B&B チェックイン 買い物

12月30〜1月3日   クライミング&観光

1月4日  12時頃  カターニア発      

1月5日  11時   ローマ経由関空着 帰国


<航空券>
金も無いけど時間も無い我々は最短で行けるアリタリア航空。
去年の8月にはアリタリアのサイトから購入。
不思議なのはあまり早い時期だと金額が日替わりで変化すること。
早く買ったほうが安いとは限らない、2日前より今日の方が安い!ってこともある。
タイミングは微妙なので自分的に安いと思ったときは迷わず買うことをオススメします。

<レンタカー>
ネットで予約。
ご存知のとおりヨーロッパはオートマ車はほとんど無い、しかも道が狭い。
最安値のミッションのフィアットパンダを予約。
保険は万全を期して免責0になるフルインシュランスにした。

ところが現地で借り出すと
ワーゲン トゥーラン 大きい車じゃなくていいのに..
「ディーゼルやで...,間違ごうたらあかんでぇ〜」っとレンタカー屋のおっちゃんに念押された。
知らなかったけどヨーロッパで走ってる車の8割くらいがディーゼル車なんだって。

「車はそこの駐車場においてある。フロント右に擦り傷あるわ。
それと右の前のホイールは外れてるけど心配せんといってらっしゃい」

お気軽に送り出されたけど、返却したときはそれはそれは入念に見てました。
クリックすると元のサイズで表示します

<宿泊>
Catarnia International Airport Hotel
カターニアに着いた日は夜中だし、レンタカーの借り出しもあるので
空港近くで1泊。
最近出来たばかりできれいだけど普通のホテル。
空港から1キロの距離だから送迎は無料だが
我々は深夜着だったのでサービス時間外「自力で来てなあ〜」と言われた。
当たり前か?
クリックすると元のサイズで表示します


B&B Eurialo
12月29日〜1月3日はシラクーサ近郊の町Beldevereにあるここに滞在。
キッチン付のアパートメントはおしゃれ!(似合わん)
ここでも自炊の長老家にとってキッチンは最重要課題でしたが、
4つ口のガスコンロ、オーブン、冷蔵庫、鍋、食器、エスプレッソメーカーまでありました。
しかもリビングキッチンから中庭が見渡せる素敵なロケーション。
オーナーのサルバトーレは几帳面できれい好きなおじいちゃんで
英語も話せました。

実はシチリア島は冬はオフシーズンで10,11月は閉まってる宿泊施設も多いらしい。
さすがに年末年始はバカンス客がいるので
12月15日から1月10日はホテルもB&Bも開けている。
それでもハイシーズンほど料金は高くない。
冬しか用の無いクライマーにはお誂え向きです。
クリックすると元のサイズで表示します


<モバイル>
ガラ携夫婦のわれわれ、どちらかがスマホにしないと電話もネットも繋がらないのに
結局スマホにしなかった。
電波状況がわからないというのもあったしね。
そのかわり緊急連絡用に海外で使える携帯電話をレンタルし、
タブレットPCを現地でテレコムイタリアのSIMカードを購入してナビとしても使うことに。

しかしローマの空港で手に入れるはずのSIMは売り切れ、シラクーサの街で手に入れるまで
オフラインで使える地図だけを頼りに一方通行だらけの街をさまよいました。
多分ネットアクセスには最安値だったと思うけど疲れたぁ〜
0

2013/10/23

京都府・笠置の岩場清掃2013  

今年も笠置の岩場清掃が行われます。
詳しくはこちらを→京都府・笠置の岩場清掃2013

よろしくお願いいたします。
0

2013/10/15

3連休  紐登攀

10月の3連休、休めました。
もう何ヶ月ぶりかの連続お休み。
正直、家でダラダラと寝ていたい気持ちでいっぱい・・・
疲労を抱えたままホーライへ。
初日、2日目と鬼岩へのアプローチでボロボロ。
登れるわけないべさ、とうそぶきながらも心の片隅には淡い期待が。
やはりぜんぜん登れない(TT
現実は甘くないと言うことデスね。
精進します。

3日連続で長いアプローチはイヤなので、お初のフクベに向かいました。
お昼頃に到着し、荷物をまとめて歩き出すとよっちゃん、ママさん、
キムキム、SAKAさんと遭遇。
案内をしてもらい、楽しく遊べました。
4人に会わなかったら、さっさと帰ってたかもしれんな〜。
宿題も残してしまったし、また行こう。

久々に多くの知人に会えて、楽しい連休となりました。
やはり家にいちゃイカンね。
楽しいことは外にある。
それがクライミング。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ