2008/4/10

フォークオイル交換5(セロー)  おんぶセローのメンテナンス(完)

4/8の記事の続きです。
http://wind.ap.teacup.com/applet/serows_world/20080408/archive

ダイソー製計量カップにて計量したオイルをフォークに注いだ。
オイルレベルは106mmだ。
フォークをストロークさせてエアを抜いた後、メジャーを突っ込んだ。
だが、106mmに達していない。

そこで更にオイルを注ぎ、自作湯面調整器にて余ったオイルを吸いだした。
クリックすると元のサイズで表示します

この湯面調整器は、ハンガーとオイラー(オイル注し)と耐油ホースとタイラップとシャンプーボトルの管で作成した。
(ググると参考になるサイトがわんさか出てくるので詳細は省略)

ただし、ハンガーの曲げ角度が正確に90度になっていなかったので誤差が生じてしまった。(吸い取りすぎた。)
結局ちびちびオイルを注ぎその都度メジャーを突っ込んで106mmに達した時点で終了した。
根気がいる作業だった。

もう1本の湯面調整が終了した後は、フォークをはずした手順の逆工程でフォークを組み付け終了した。

乗り味がかちっとした気がするのはブラシーボ効果だろうか。
満足する結果だった。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ