更新情報  投稿記事など

Blogはほぼ毎週更新しています!
スマホで写真を拡大してご覧になる場合は、画面最下部で PC  VIEW に切り替えてください。「スマ-トフォン版」のままでは、写真を拡大できません。


12
タグ: 野鳥 トンボ 自然

2018/8/11

山の日の瑞牆山登山(山梨)  旅行・トレッキング・高山植物

山の日に、元職場後輩と瑞牆山に登った。瑞牆自然公園から不動滝経由で頂上へ、頂上からは富士見小屋経由で下山する周回コース。朝7時登山開始。不動滝コースは、渓谷沿いの登山で、瑞牆山の背後から登るという感じ。暑くはなく、夏おすすめのコース。不動の滝は優しい流れで、滝つぼ近くまで行け、涼がとれ、登山の疲れをいやしてくれた。後半は、ごつごつした急坂を登り、いきなり頂上。途中の景観は楽しめないコースであった。頂上着は10時過ぎ。頂上は断崖絶壁。金峰山、茅が岳、八ヶ岳を遠望できたが、南アルプス、富士山は雲の中であった。下山も急坂。最後は膝がガタガタであった。下山後は増富温泉で汗を流し帰路についた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/8/5

猛暑の干潟(木更津市)  野鳥

野鳥の会千葉県小櫃川河口干潟探鳥会。猛暑のせいか、幹事含め7名の参加。小潮の満潮時に観察。アオアシシギ、キョウジョシギ、ハマシギ、メダイチドリなどシギ・チドリ10種を確認。あまりにも熱いので午前中に切り上げた。合計27種観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/7/21

水辺の観察会(市原市内)  水生生物

市原市環境部主催の「水辺の観察会」に講師として参加。トンボ池の仲間もサポート。猛暑の中30名弱の参加で開催。場所は、養老川上流のクオードの森周辺。子供たちは水に入りおおはしゃぎ。水生生物をつぎつぎゲット。2か所で観察したが。岩のある場所ではギバチが、草のある小川ではミズカマキリを観察することができた。
魚類:フナ、ウグイ、オイカワ、ギバチ、ヨシノボリ、ホトケドジョウ、シマドジョウ、ドジョウ
水生昆虫:ミズカマキリ、コオイムシ、ヤゴ(コヤマトンボ、コオニヤンマ、オニヤンマ、サナエトンボ他)、ヘビトンボ幼虫、チラカゲロウ幼虫、小型ゲンゴロウの仲間 他
甲殻類:サワガニ、ヌカエビ、スジエビ
外来種の観察はなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/7/16

雲上の野鳥(栂池・室堂)  野鳥

栂池、室堂で出会った野鳥。もちろん、筆頭はライチョウ。♀親が7羽の幼鳥を引き連れている場面に遭遇した。高原特有の、イワヒバリ、カヤクグリも親子観察。その他ウソ。早朝は、ルリビタキ、メボソムシクイ、コマドリが賑やかだった。高原のトンボ、カオジロトンボには栂池自然園で観察。アキアカネも多く乱舞していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します





ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/7/16

雲上は楽園(2)(室堂)  旅行・トレッキング・高山植物

15,16日は室堂平。ここでは、チングルマ群落、ヨツバシオガマ、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、アオノツガザクラ、コイワカガミ群落、タテヤマリンドウ、ハクサンイチゲを観察。
室堂の夜空は、星が見えすぎて星座がわからないくらいであった。早朝の鹿島槍ヶ岳方面からのご来光は、残念ながら雲でみれず。野鳥は別途アップ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/7/14

雲上は楽園(栂池・室堂)  旅行・トレッキング・高山植物

3連休を利用し、妻と栂池自然園、立山ー黒部アルペンルートで室堂に避暑及び高山植物の観察を兼ねて出かけた。地上は猛暑のようであったが、雲上は涼しく爽やかであった。
栂池自然園は、結構アップダウンが多く、トレッキングのようなもの。妻は途中で断念。湿原では、ニッコウキスゲ、コバイケイソウ、ミヤマキンバイ、斜面では、キヌガサソウ、シラネアオイ、サンカヨウ、オオバミゾホオヅキなどを観察できた。
先ずは14日の栂池自然園。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/7/8

絶滅の危機に瀕しているトンボ達(千葉県内)  トンボ

千葉県内の池にトンボ観察に出かけた。目的はオオセスジイトトンボ。全国でも局地的にしか生息せず、絶滅の危機に瀕している。現地に到着すると外来藻や浮き草、そして廃棄されたペットボトルで池が覆われていた。嫌な予感がした。ハスとヒシが生える場所を探したが見つからない。岸辺の草むらの入れるところまではいり水面を確認するが見つからない。かつては、容易に見つけられたトンボであるが見つからない。結局3時間探したが見つけられなかった。絶滅してしまったのか。オオモノサシトンボ、ベニイトトンボの他の絶滅危惧種は何とか見つけられた。池の環境が悪すぎるのか?もう本当に観察できないのか?今後も仲間と連携しながらチェックしていくことにしたい。その他、チョウトンボ、アオヤンマ、コフキトンボなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/7/1

幼鳥だらけ(奥日光)  野鳥

この時期野鳥の幼鳥を目にする。本日も、ヒガラ、シジュウカラの幼鳥が警戒心が低いせいかすぐそばまで寄ってきた。親鳥も心配。オシドリは声を出してやんちゃな幼鳥に注意を促していたが、あまり聞いている様子ではなかった。オオルリ、キビタキ、アオジ、ホオアカ、ノビタキなどの成鳥は一生懸命さえずっていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/7/1

奥日光へ避暑  野草

猛暑の甲府・千葉を離れて週末を利用し、栃木県北部に避暑にでかけた。1000mを超える高原は涼しい。帰り掛けに寄った戦場ヶ原では、ワタスゲは終わっていてホザキシモツケが咲き始めていた。一面をピンクに染めるのはもうすぐだろう。ヒオウギアヤメ、林縁ではショウキラン。葉緑素を持たない希少なランを見つけることができた。ピンクがかったきれいな花を見ることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/6/30

日本最小のトンボ(栃木県内)  トンボ

日本最小のトンボを栃木県内の湿地で見つけた。ハッチョウトンボ。真っ赤な個体にサングラスをしたような顔が印象的。ほかにコサナエ、オツネントンボなど観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/6/23

お花畑(秋田駒ケ岳)  旅行・トレッキング・高山植物

スミレ以外の主な植物
チングルマは盛りを過ぎていたが群落は見事。コマクサは咲き始め。スミレと名がつくがスミレ属に属さないムシトリスミレやシラネアオイなど。この時期は、スミレも含め黄色が支配していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/6/23

スミレ咲く8(秋田駒ヶ岳)  野草

スミレ観察も高緯度、高地になってきた。黄色のスミレが見れる秋田駒ヶ岳に出かけた。比較的低い8合目で、オオバキスキレ。大きな葉が特徴。徐々に高度を上げていくと、唇弁が長細いキバナノコマノツメ。ハイマツの際に咲いていた。頂上付近の丘陵地では、秋田駒ヶ岳特徴のタカネスミレ。生息地が局地化しており、見られる場所が限られる。ここでは大群落を見ることができる。いずれも黄色のスミレ。今年のスミレ観察は今回で終わりか?
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2018/6/23


JR東日本大人の休日クラブパスを使って、秋田駒ケ岳に出かけた。業務終了後東北新幹線で夜現地入りし、翌日登山し、戻るというコース。甲府−東京−田沢湖ー東京−千葉−甲府 が新幹線込みで4日間15000円はお得。過去2度登山経験があるが、この季節に天候に恵まれず眺望を期待し晴れ間を狙ってトライした。やや霞がかかっていたとはいえ、はるか鳥海山、森吉山、早池峰山まで見え、良い登山になった。目的のタカネスミレは黄色の絨毯、チングルマは終わりかけ、コマクサは咲き始めであった。植物などは別途アップ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
3

2018/6/17

湿地のトンボ(市原市内)  トンボ

市原市内の休耕田でトンボ観察。
適度に湿地状態になっている休耕田を探索。以前観察した場所と異なる場所でモートンイトトンボを発見。ハラビロトンボの密度が濃かった。ショウジョウトンボ、シオカラトンボも飛んでいたが、キイトトンボを見つけることができた。このトンボも絶滅の恐れがある種とされている。近くの崖では、イワタバコの群落。紫色の花をつけていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
モートンイトトンボ♀      ♂   ハラビロトンボ ♀      ♂
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 キイトトンボ      イワタバコ



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ