更新情報  投稿記事など

Blogはほぼ毎週更新しています!
スマホで写真を拡大してご覧になる場合は、画面最下部で PC  VIEW に切り替えてください。「スマ-トフォン版」のままでは、写真を拡大できません。


11
タグ: 野鳥 トンボ 自然

2017/4/16

甲州路の桃(山梨県)  旅行・トレッキング・高山植物

スミレ以外の花や景観を紹介。
韮崎市新府の桃源郷の桃はベストシーズン。桃畑の後方に鎮座する鳳凰三山や甲斐駒ケ岳、八ヶ岳が、青空、雪山、桃、菜の花のコントラストは感動的であった。摘花前のわずかな時期、1年のうち1週間程度しかないまさにベストシーズンであった。
暖かさに促されて、越冬していたチョウも舞い始めた。
夏鳥のクロツグミ、オオルリ、センダイムシクイも確認できた。春本番である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/4/16

幻のゲンジスミレとの出会い(山梨県内)  野草

スミレ好きの仲間と甲州路のスミレ観察を行った。甲府市内、翌日には北杜市内を散策し、
初めてゲンジスミレに出会ったり、イブキスミレ、エゾアオイスミレなど山梨県ならではのスミレに出会うことができた。それにしても、偶然発見できたゲンジスミレは淡いピンクで品を感じた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/4/14

ワニ塚の桜(韮崎市)  その他

勤務後、同僚に、夜桜見学に連れて行ってもらった。
韮崎市にあるワニ塚の一本桜。樹齢200年のエドヒガンザクラ。ソメイヨシノの親。
18時半からライトアップされ、たそがれ時に映えるサクラは圧巻であった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/4/8

今年は遅い桜とスミレ(甲府市)  野鳥

曇天の中、スミレ探しに出かけた。
武田通りの桜はほぼ満開。観光客がシャッターを切っていた。イカルも花見に来ていた。
要害山頂上をへて深草観音折り返しを歩いた。ダンコウバイ、キブシ、クロモジが咲くのみで、草花はほとんど咲いていない。アカフタチツボスミレがわずかに咲いていたのみ。ヒナスミレも蕾。今年は遅いようだ。当然帯那山も褐色の世界。路肩にはわずかに雪が残っていた。途中の日当たりのよい斜面できれいなアカネスミレが咲いていたのみ。
白山のカイイワカガミも蕾。ジュウニヒトエやセンボンヤリがわずかに咲いているのみ。
それでも、一輪、ひっそり咲くエゾアオイスミレを見つけた。
来週以降期待しよう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/4/2

盤州干潟探鳥会(木更津市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県主催の探鳥会・16名の参加。今日は春を感じるため、金木橋から干潟まで観察しながら徒歩で移動。
水田には田植えに備え、水が張られ始め、その田んぼにコチドリ2羽が現れた。途中、チョウゲンボウも出現。水田地帯をツグミ、モズ、ツバメ、キジ等を観察しながら、干潟に移動。干潟は、引いており、はるかかなたにダイゼンとハマシギらしき群れ。メダイチドリも観察できた。
浸透実験池には、数年前まで繁殖でにぎわっていたカワウがゼロ。池には、渡り前のカモ類が羽を休めていたが、驚かしてしまったか、ハシビロガモ、カルガモ、コガモなどを飛ばしてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/3/25

ツバメ初認・カワウ(市原市山倉ダム)  野鳥

カワウのカウントを行った。
落葉した木が糞で真っ白。
カワウ 395  営巣数 157  であった。
12月より数を増している。
巣の中には幼鳥も見られた。
なお、ツバメが湖上を飛翔していた。今季初認である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/3/18

宮古島のチョウ他  チョウ

青い海とこの季節のチョウ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/3/18

ヤツガシラだらけ(沖縄県宮古島)  野鳥

妻と宮古島に出かけた。青い海を観るためと短期間であるが花粉逃れのためである。2泊3日と短い旅であったが、天候にも恵まれ、きれいな景色と、野鳥やチョウを堪能することができた。(景色とチョウなどは別に掲載予定)
野鳥は、なんといってもイソヒヨドリ。今は繁殖の時期。様々なところでさえずっていた。非常に密度が濃い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
また、この時期、この島ならではの出会いがあった。ヤツガシラの群れ。これまでは、GWの渡りの中に新潟県粟島で、それも単独での観察例であったが、今回は同時に最大11羽を観察することができた。芝生を盛んに嘴でつついて一生懸命採餌していた。冠羽をたてることはなかったが、群れで採餌する様子を堪能することができた。これから北上していくのであろう。同じ場所にギンムクドリの群れやハチジョウツグミやツグミも見られた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
シロハラ、ジョウビタキも渡りの途中か。道路脇の電信柱には、サシバも多く見ることができた。ズアカアオバト、シロハラクイナ、ムラサキサギ、リュウキュウツバメなどこの島固有の野鳥にも出会えた。残念ながらキンバトには出会えなかった。 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
マングローブ林の干潟では、渡り途中のアカアシシギ、キアシシギ、チュウシャクシギ、コチドリをまじかで観察することができた。
青い海、野鳥を堪能することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
3

2017/3/12

桜に似合うメジロ(市原市)  野鳥

近隣の公園に出かけた。早咲きの桜は満開。そこにメジロが10数羽集まり、蜜をなめていた。警戒心も薄く一生懸命蜜をなめる姿はとても可愛らしかった。
近くの池では、カワセミ。光に当たり、コバルトブルーがきれいだった。
ピンクにグリーンにコバルトブルー、色鮮やかな色とりどりに春を感じた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/3/5

鳥いっぱい(渡良瀬遊水地)  野鳥

日光野鳥研究会渡良瀬遊水池探鳥会
風もなく穏やかな天候の中18名の参加で開催。
集合時間までに時間があったので散策。いきなりアリスイに出会う。幸先がいい。開始後もアトリの群れ、これでもかというシメ、鮮やかなベニマシコ、ホオジロ、シロハラ、コゲラなど観察。最後は、鷹見台に移動し、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、ノスリを観察。残念ながらコミミズクには出会えなかった。それでも、充実した探鳥会であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 



ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/2/18

カイツブリ類三昧(市原市内)  野鳥

日本野鳥の会千葉県山倉ダム観察会に幹事として参加。開始時は低く垂れこめた雲であったが、時折薄日がさし、風もなく観察しやすい天気であった。
ダム湖では、太陽光発電が湖面の1/4を覆う大規模な工事が進行中だが、カモやカワウの数は現時点では大きく影響していないようだ。ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、マガモが多いが、ここでは珍しい、ミコアイサ(メス型)、トモエガモ、オシドリを確認することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
また、カンムリカイツブリに混じり、アカエリカイツブリが1羽確認できた。くちばしの色が黄色で、ピンクのカンムリカイツブリとは区分が可能。赤い目のハジロカイツブリや普通のカイツブリもおり、カイツブリ三昧であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
今回は、森を通って、文化の森にも出かけた。桜の蕾を食べるアカウソの群れを堪能し、荒地では、ベニマシコも観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、トラツグミ、ゴイサギなど(計50種・参加者16名・担当幹事3名)


ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/2/12

野鳥の会千葉県総会  活動

日本野鳥の会千葉県総会。千葉県立中央博物館で開催。講演会は東京都市大北村さんの「ツバメに見る夫婦の形」。調査に基づく独自のデータで解析。オスのモテ方は、喉の赤の鮮やかさと面積が決め手のようだ。「浮気」に関しては、30%が浮気し、次世代に残せる子供の数を増やすためではないかという話があった。また、メスの浮気が分かると、オスは育雛を手伝わなくなる傾向があるという興味深い話があった。身近な野鳥とは言え、わからないことが多い。じっくり観察することでいろいろ見えてくるようだ。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/2/5

盤州干潟探鳥会  野鳥

日本野鳥の会盤州干潟定例探鳥会。幹事として参加。
開始時は、青空が広がっていたが午後から崩れるということで、車で早めに移動。小櫃川では、オカヨシガモ,ヨシガモ,ヒドリガモ,コガモ,ホシハジロ,キンクロハジロを観察していると上空をミサゴ、ムナグロが通過。干潟では、流木の上にハヤブサの若い個体。干潟では、 ダイゼン,シロチドリ,ミユビシギ,ハマシギなどシギチドリがのんびりと休息していた。昼前に雨がぱらつき、昼食をとらず解散した。(計46種・参加者17名)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 


ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/2/4

九州らしい野鳥との出会い(福岡)  野鳥

2月2,3日の福岡出張を済ませ、4日の土曜日に福岡在住の日光野鳥研Tさん夫妻の案内でBWに連れて行ってもらった。夕方のフライトで千葉に戻るため、福岡市内の今津干潟と油山市民の森に出かけた。今津干潟では、潮が引いた干潟にカモ類に混じってクロツラヘラサギを観察することができた。休息中も含めて20羽いたと思われる。黒い平たい嘴を水中に入れ、左右に振りながらエサを探していた。ヘラサギも10羽程度混じっていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
カモの中には、関東ではほとんど見れないツクシガモを観ることができた。シギチではタゲリの群れ。干潟ではあまり見ることがないが、汽水だからか。その他、アオアシシギ、ハマシギ,ミサゴ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
干潟に隣接する人工池にはヘラシギ10羽程度の群れ。クロツラと異なり、目先が白く、嘴は淡い茶色。羽を広げた個体の中に羽の先の一部が黒い若鳥が混じっていた。葦原では、オオジュリンに混じって、「チー」という声。しばらく粘ったところ姿を現した。ツリスガラであった。メスはばっちり姿を見せてくれたが、オスは葦原の中を移動するだけで、はっきりと姿を現してくれなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
油山市民の森では鳥影が少なく鳥果はなかったが、咲き始めた梅と福岡市を一望できる絶景を楽しむことができた。
Tさんご夫妻、ありがとうございました。

ぶらぶら自然散歩!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ