消える湯来線最後の難所  バスネタ

広島電鉄湯来線のバスが走る国道433号線や県道41号線は狭隘路線で、以前から道路拡張や新道への付け替えで改良されて来た。
そして最後まで残っていた、国道433号線の大古谷〜東川角バス停間の難所がトンネルや架橋によって一気にほぼ直線で結ばれることになる。
昨夏2本目のトンネルが貫通したが、岩盤が固く難工事でかなり工期が伸びたと聞いた。
そしてついに来る6月3日に開通、バスも始発から新道を走るという。
クリックすると元のサイズで表示します

しばぞうさまから今のうちに撮りに行こうとお誘いを受けたのご一緒させて頂いた。
ところが狭隘路線なのに交通量も多く、立ち位置どころか、そこまで行くのに歩くスペースすらない(実際通行人なんて今まで見た事は無い)。
それでも何か所か見つけて撮影してみた。
まずはバス停が移設される東川角。
露払いにヒロデンジャーがやって来た。昭和のバスで峠を攻める(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

移設される東川角バス停付近を走る湯来温泉行き。
クリックすると元のサイズで表示します

大古谷へ下りて…
クリックすると元のサイズで表示します

トンネル越しに旧道を走るバスが見える…かな?
クリックすると元のサイズで表示します

旧道から合流して来る五日市駅南口行き。ここは片側交互通行中。
クリックすると元のサイズで表示します

途中に一か所だけ車が止めれるので湯来温泉行きを。こんな所で止まっていたら車がめげたと思われるな(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

この広告塔と絡めて撮りたかったが時間切れだし望遠持って出てない…。
翌日出直して五日市駅南口行きを。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

難所が無くなるとは言え湯来の街中は狭いし拡張できないが、バイパス開通で交通量が激減しているので問題はないであろう。
クルマで走って楽しい道がまたひとつ減ってしまうのは残念であるが、そんな事言うのは一部の人間だけである(汗)
4



2018/5/29  17:50

投稿者:シンコー

>しばぞうさま
再度行って正解でした。ぜひまた行ってみて下さい。

2018/5/29  0:48

投稿者:しばぞう

やはり最後の写真がいちばんいいですね〜🤗
雰囲気が出てます

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ