QLOOKアクセス解析 現在の閲覧者数:

2018/1/17  16:43

占ひ転載(平成30年1月17日(水))  

(以下転載)
もしあなたの感情面にかかわる人生の領域がふたたび活気づいているように感じているなら、それは実際にそうだからです! 天空のパワーが組み合わさり、あなたにとって見覚えのある状況を生んでいますが、今回あなたはその状況に以前よりもうまく対処することができます。これまでの自分の経験を頼りにすれば、正す必要のあることを何でも正すことができるはずです。仕事上の人間関係についてあなたがいくつか重要な調整を行うにあたっては、一つや二つのサプライズがあるでしょう。でも、あなたが今後のことに焦点を当てているかぎり、物事ははるかにうまくいくに違いありません。
(以上転載)
0

2018/1/17  16:42

今日の宇宙(平成30年1月17日(水))  占ひの転載

(以下転載)
夢までの現実的なステップ

やぎ座は海ヤギの星座であり、あともうしばらくの間、黄道帯の主力プレイヤーのほとんどがここに滞在します。この天空の領域に象徴される知恵と忍耐力をいかすチャンスです。そして今夜の新月が、今年達成したいと思っていることについてもう一度考えてみるよう私たちに促(うなが)しています。すべての夢を実現できるわけではないでしょう。でも思慮分別のある実際的な手順をふめば、必要なものを手に入れる新たな方法が見えてくるはずです。私たちが現実的な観点から思い描くことを実現できるでしょう。
(以上転載)
0

2018/1/16  13:35

占ひ転載(平成30年1月16日(火))  占ひの転載

(以下転載)
賢(かしこ)くなること――あなたが賢くなっていることに疑いの余地はありませんが――の副作用は、歳をとることです! これは私たちの誰もが受け入れなくてはならない事実のひとつです。でも、ちょっと待ってください! 近頃では、クリームやら新療法やら、心理的アプローチやら健康管理法やら何でもあって、若さを保ち続けることができます。一方、賢くなることに関しては、取り消しができません。あなたが何か貴重なことを学んだのなら、それを忘れることは不可能です。最近あなたが発見したことの真の重要性が今にも明らかになろうとしています。
(以上転載)
0

2018/1/16  13:33

今日の宇宙(平成30年1月16日(火))  占ひの転載

(以下転載)
変化するコントロールのかたち

今日は、2018年の私たちの運命を形づくる、3回にわたる木星と冥王星の「セクスタイル(60度の位置関係)」の初回が形成されます。今持ち上がっているテーマはふたたび4月に出現し、9月でクライマックスを迎えるでしょう。冥王星は、コントロールや支配といったものに対する私たちの経験の仕方を表します。この星は、見えないものを操(あやつ)る支配者、糸を引く力、深い秘密を守る番人です。対する木星は、楽観、冒険、拡大を象徴します。したがって、どれほどの懸念(けねん)があろうと、今起こりつつある変容の中には知恵があります。それは変化に向けた素晴らしい旅の一部です。
(以上転載)
0

2018/1/15  17:03

占ひ転載(平成30年1月15日(月)からの1週間の運勢)  占ひの転載

(以下転載)
今週のあなたを分析

「駆動」を表す紫色、そして「幸運」を表す黄色が出ています。ちょっとこういう話を聞いていただきたいのですが、天秤座の人の調子のバロメーターって「部屋を片づけられているかどうか」に表れることが多いです。どういうことかと言うと、たとえば家でおいしいごはんを食べるときでも、なんとなく部屋が片づいていない状態だと100%の満足を得られない。天秤座ってそういう「自分なりの快楽をちゃんと味わうために、周辺の面倒事をパワフルに片づけていく」ことができる人なのです。ですから、片づけていくことが楽しくなくなっているときなのか、それが楽しく鼻歌を歌ってできているかはひとつの大きな健康の目安となります。
(以上転載)

(以下転載)
今週どう乗り切る?

今の天秤座は良い形で前に進んでいっています。でも、多少疲れも溜まっている人もいるでしょうから常に自分に「今の私は〇〇のために△△している」とつぶやき続けてください。「今の私は良い勉強をするために14:50までお菓子を食べる」など。それをひたすらブツブツ言っていてほしいのです。そして、今の自分を映画のワンシーンのようにドラマティックにとらえて「その労苦の末には栄光が待ち受けているであろう!」と今週は生きて、そして駆け抜けていって。頑張ってくださいね。恋愛面は細かいところに気になることがあるなら、今は神経的に疲労がたまっていると思って「他人の期待に応える」分量を10%ぐらい減らしていくこと。自分の何となくの感覚でOKです。
(以上転載)
0

2018/1/15  16:59

占ひ転載(平成30年1月15日(月))  占ひの転載

(以下転載)
私たちは過去から前進するのが一番いいということを学びます。でも、過去は自分の目の前に持ってきたほうがいいに違いありません。そうすれば常に監視下におき、それが真実で信頼できるものかどうかをチェックすることができます。歴史は、誰がそれを調べ、その人がその調査から何を得たいと思っているかによって書き換えられることが往々(おうおう)にしてあります。あなたの歴史は今ふたたび書き換えられようとしています。あなたの過去が、これまであなたが思ってきたものと違うことに気づいたとき、あなたが向かっている方向も自分で思っていた方向とは違うことに気づくでしょう。
(以上転載)
0

2018/1/15  16:44

今日の宇宙(平成30年1月15日(月))  占ひの転載

(以下転載)
冒険への最初の一歩


先週末の間に皆さんのバッテリーがめいっぱい充電されたことを願っています。木星が今にも形成しようとしているアスペクトは、私たちが2018年に誘(いざな)われる数々の冒険の出発点です。そして、この幸運の惑星が冥王星とリンクすることから、私たちは自分の持っている懐中電灯がちゃんと点(つ)くことを確かめておかねばなりません。私たちは今、最も経験豊富な洞窟探検家(どうくつたんけんか)さえをも興奮させるような深部を探(さぐ)るよう促(うなが)されているのです。そこがどれほど狭(せま)い空間であろうと、最初から怖気(おじけ)づいて諦(あきら)めるべきではありません。宝物はその暗闇の中に隠されているのです。
(以上転載)
0

2018/1/15  2:41

占ひ転載(平成30年1月15日(月)からの1週間の星回り)  占ひの転載

(以下転載)
たとえば
逃げた飼い犬を探し回ったけれどみつからず
あきらめて帰宅してみると
犬はすでに先に家に帰っていた
などということがあります。
今週はもしかすると
そんなことが起こるかもしれません。
どこかに行ってしまった、
と思って探していた存在が
元の場所に帰ってみたら、そこにいた
といったようなことです。
探し物が出てくるような、
忘れていた大事なことを思い出すような、
原点にかえれるような、
そんなタイミングとなりそうです。

今週以降、愛の強い追い風が吹いてきます。
大きな幸福に包まれる瞬間が巡ってきそうです。
(以上転載)
0

2018/1/15  2:39

占ひ転載(平成30年1月15日(月)からの1週間の運勢)  占ひの転載

(以下転載)
あなたの持っている「力」に注目が集まりそう。



これまでに得た経験、知識、感性という

3点セットのパワーを

フル稼働していくことが求められています。



自分の芯をしっかり持ちながらも、

自然に皆に気を配ることの出来る天秤座のあなた。



一段と人望が高まっていく気配があります。



これからの計画やプロジェクトに関しては、

土台をしっかりと固めていく時期。



長期的に運用できる仕組みやシステム等、

じっくりとアイディアを温めていくタイミングです。



居場所、というテーマにも

スポットライトが当たっています。



星の世界より届いているのは、

家族や身内との関わりも大切ですが、

自分のやりたいこととの両立を図りましょう、

とのメッセージ。



周りに振り回されていたり、

家族の要望を聞き過ぎていたり、という状況があるならば、

変化させていくことの出来るチャンスです。



すべてを引き受け、責任を持つ必要はありません。

自分が責任を負う領域について見直すことが、

この先、行くべき道、そして取るべき選択について

明らかにしてくれるでしょう☆彡
(以上転載)
0

2018/1/15  2:37

占ひ転載(平成30年1月15日(月)からの1週間)  占ひの転載

(以下転載)
今週の予報

ショールを肩にかけ、水晶玉の上に手をかざす霊能者に会えるのは繁華街の「占いの館」だけだ......あなたはそんな風に思っているかもしれません。実のところ、あなたは自分で思っている以上に多くの霊能者に会っているのです。その人たちはごく普通の仕事を持っています。たとえその人が目に見えない情報を受け取っても、そんなそぶりは少しも見せません。その人が霊能力の持ち主かどうかを示す微妙な手がかりは一つしかありません。それは、時おりその人が人並外(はず)れた理解力を見せる、ということです。今、あなたの心の中にあるアンテナが強い信号を受信しています。その信号から指示されたことを実行してください。

今週の予報(恋愛編)

「この先に問題が待ち構えているかもしれないが、月光と愛とロマンスがある間は音楽とダンスを楽しもうじゃないか!」これは往年のアメリカの人気ミュージシャン、ナット・キング・コールが歌った名曲『レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス』の一節です。今となっては信じられないかもしれませんが、ナット・キング・コールはちょっとした革命家だったのです。現在「ジャズ・トリオ」として知られているバンドの形態は、彼のバンドが先駆けとなったのです。彼は自分自身をピアニストと見なしていましたが、アメリカの人々の心をとらえたのは彼の歌声でした。今週、金星(てんびん座の支配星)が天王星とつながり、あなたが唯一無二の特別な人であることを新しい形で明らかにしてくれるでしょう。そして金星は「あの人」もそのことに気づくよう、取り計らってくれるはず。自分の気持ちを表現し、創造性と優しさを発揮して、ダンスを踊るように生きたら、あなたもまた『アンフォゲッタブル(忘れがたい人)』(注参照)になるでしょう。 注:『アンフォゲッタブル』はナット・キング・コールのヒット曲の一つ
(以上転載)
0

2018/1/15  2:33

今週の予報(平成30年1月15日(月)からの1週間)  占ひの転載

(以下転載)
今週の予報

木星と冥王星 間もなく木星と冥王星が有望な角度を形成します。2018年に、木星と冥王星はポジティブな角度を三回形成し、私たちが精神的に成長するための背景を提供してくれるのみならず、この一年の間に大規模な変化を起こすでしょう。現在、木星は自分の実家(いて座)に向かって旅をしている最中なのですが、その旅も最終段階に入りました。冥王星は目に見えないところでこの長旅に最後の一押しをします。あなたが元気満々であろうと、疲れてヘトヘトになっているのであろうと、今は腰を下ろしてくつろぐ時ではありません。新月が新しい道しるべを視覚化するお手伝いをしてくれるでしょう。深く内省すれば、前進する道は見えてくるはずです。
(以上転載)
0

2018/1/15  0:47

占ひ転載(平成30年1月12日(金)から平成30年1月14日(日)まで)  占ひの転載

(以下転載)
今あなたの人生で繰(く)り広げられているドラマにはどこか見覚えがあります。状況も、登場人物も変わっていますが、少なくともある1つの重要な側面においては、これはあなたの過去のシナリオの再現です。あなたもそんな気がしていたものの、今ひとつ確信が持てていませんでした。でも、これではっきりしました。そして、前回起こったことが繰り返されることはないということもはっきりしています。今のあなたには豊かな知恵と経験があります。未来は前とはまったく違った展開を見せるでしょう。
(以上転載)
0

2018/1/15  0:46

週末の予報(平成30年1月12日(金)から平成30年1月14日(日)まで)  占ひの転載

(以下転載)
矛盾の中の調和

もう皆さんご存知かもしれませんが、情け深い水星がもうじきストイックな土星と合流し、昨年の逆行期に形成していたアスペクトをふたたび形成します。一方、金星と太陽が革命の星・天王星と緊迫したアスペクトを形成します。宇宙がときどき矛盾をもたらすのは公然の秘密です。今は、私たちが他の選択肢を拒(こば)んでいるのに、私たちの心が変化を切望しているように思える時です。でも、今週末は私たちが望んでいるものを手に入れる確かな方法があります。慎重でありながら、かつ進歩的であることです。
(以上転載)
0

2018/1/11  12:28

占ひ転載(平成30年1月11日(木))  占ひの転載

(以下転載)
カー・ブート・セール(車のトランクに不用品やがらくたを入れて広場で販売すること)を見て回れば、きっとあなたが子供時代に遊んでいたオモチャのいくつかが見つかるでしょう。ちょっと使い古され、くたびれてはいるものの、それらは昔の思い出集めをしている誰かにリサイクルされるのを待っています。では、かつて私たちが持っていた価値観や信念についてはどうでしょう? それらについても私たちは懐(なつ)かしくふり返るべきなのでしょうか? 今、ある思い入れがかつてと同じくらい強くなっています。それは喜ぶべきことです。過去があなたの未来の鍵を握(にぎ)っています。そして未来があなたの過去に平安を見いだす手助けをしてくれるでしょう。
(以上転載)
0

2018/1/11  10:53

今日の宇宙(平成30年1月11日(木))  占ひの転載

(以下転載)
水星の再出発

「僕は今、クリスマスに向けアイリッシュ海をわたって後ろ向きに歩いている」と歌ったのは、今は亡き偉大なるスパイク・ミリガンです。彼の崇拝者たちからすれば、スパイクにできなかったことは水面を歩くことくらいでした――少なくとも、後ろ向きには! 水星が先週末にその逆行期を終え、影を抜けてやぎ座に入る今日は、彼の言葉がふさわしいように思えます。水星が新居に移った今、たとえ私たちが愚(おろ)か者(silly goons。スパイクが制作・執筆を手がけたコメディ番組「The Goon Show」に引っかけている)のように行動しても、創造性とウィットは称賛され、歓迎されることでしょう。
(以上転載)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ