2017/2/13

シドニー発着クルーズ 5  Ovation of the seas

シドニー到着の2時間前の飛行位置です
クリックすると元のサイズで表示します
飛行高度は37,000ftで、気温は-47°Fでした。
この高度がこんなに暖かいのは、南半球だからでしょうか。


到着前の食事は、カレーにしました
クリックすると元のサイズで表示します
柔らかく煮込まれた牛肉がたっぷりはいっていて、美味しいカレーでした。

食事が終わる頃、窓の外には幻想的な色彩が広がっていました
クリックすると元のサイズで表示します
ピンクに染まる空と地球の影。
そのコントラストが刻々と変化していく様は、まるで生きているように感じられました。

その後、朝日が昇ってきました
クリックすると元のサイズで表示します
私達の席は右側なので、日の出は反対側でした。
太陽を直接見ることはできませんでしたが、エンジンが朝日に照らされて、赤く染まるのを見ることが出来ました。

それから、写真には撮れませんでしたが、夜中には、真横に寝たオリオン座やカノープスを見ることが出来ました。
夜間飛行の素晴らしさを、久しぶりに味わうことが出来たのでした。

スピードブレーキが開かれ、減速しながら降下が始まりました
クリックすると元のサイズで表示します
あと20分ほどで、着陸です。

フラップとギアが出て、ファイナルに入りました
クリックすると元のサイズで表示します
少し前に、オペラハウスとハーバーブリッジ。そして、Ovation of the seas の姿が見えました。
でも、一瞬の事で、カメラが起動する前に。主翼の影に隠れてしまいました。

着陸しました
クリックすると元のサイズで表示します
メインタイヤが、後ろから順番に接地していくのが分かる、穏やかで、でも速やかな、素晴らしい着陸でした。

さぁ、到着しましたよ〜

ちょこっと実験をしてみました
クリックすると元のサイズで表示します
37,000ftで飲み終えたペットボトルのミネラルウォーター。
ペットボトルのキャップをしっかりと閉めたままで、着陸しました。
降下中に、何度か乾いた音を立てながらボトルは変形していき、着陸した時にはこんな姿になっていました。
B787では、40,000ftから降りてきても、こんなに変形はしませんでした。
機内の気圧の差を改めて感じました。

キャップを少し弛めると
クリックすると元のサイズで表示します
シュッと音がして、ペットボトルは元に戻りました。

さて、オーストラリア入国です。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ