2017/2/13

シドニー発着クルーズ 6  Ovation of the seas

シドニー空港からサーキュラーキーまでの移動手段を色々と考えていたのですが、時間もたっぷりありますし、下船当日の事を考えて、電車を利用してみました。

入国審査を無事に済ませて、スーツケースをピックアップした私達は、電車の駅を目指しました。
Trainの表示に従って進んでいくと、5分程で空港と市内各所を結ぶ電車 Airport Link の入口に着きました。

サーキュラーキーまでの片道の切符は、自動券売機で買いました
クリックすると元のサイズで表示します
カードまたは現金で購入できます。
私達は、市内観光をせずにサーキュラーキーに向かうので、片道の切符を買いましたが、市内観光を予定しているのであれば、1日乗り降り自由になるパスがありますので、そちらを買った方がお得です。
その場合は、窓口で買う必要があります。

これが片道の切符です
クリックすると元のサイズで表示します
磁気カードで、自動改札機のカードリーダーにかざすと、ゲートが開いて通れるようになります。
目的地に着いたら同じようにして駅の外へ出ます。
日本のように、自動改札機が切符を吸い込んで出てこなくなる方式ではないので、切符は記念に持ち帰る事ができます。

空港駅のプラットホームです
クリックすると元のサイズで表示します
ホームの一部には Night safe zone の表示があります。
空港駅はホームの隅々まで明るく照らされていますが、止まる駅によっては、そうでないところもあるという事です。
この表示の場所から乗車すれば、降りた駅でホームが暗くて、怖い思いをする事が避けられる可能性があります。
あくまでも可能性があるということで、絶対ではありませんから、参考程度にしてくださいね。

サーキュラーキーに到着しました
クリックすると元のサイズで表示します

うん、これで良し!
帰りの予習が出来ました。
えっ、もう帰りの心配してるの〜? って、
そうなんです。

帰りは船が着いたら、自分たちで荷物を持って、一番早い時間帯に船から降ります。
そのまま空港に向かい、日本へのフライトに乗ります。
船が着いてから日本に向かう飛行機が出るまでは、3時間程度しかありません❗

前回も同じような時間帯で問題がありませんでしたので、不安はありません。
前回と違うのは。前回はタクシーを利用したことです。
タクシーですと移動時間は45分程ですが、電車は約20分です。
サーキュラーキーの駅から、クルーズターミナルビルまでは、10分程かかります。
その間の道には屋根はありませんから、船が着いた時間や天候を考慮しながら、帰りの移動手段を考えようと思います。

早目にサーキュラーキーに着きましたので、乗船手続きが始まるまでには、時間がたっぷりありました。
オペラハウス側に移動して、Ovation of the seasの全景を眺めることにしました
クリックすると元のサイズで表示します
ハーバーブリッジと一緒に眺める事ができて、最高のロケーションです。
日陰のベンチに腰を下ろしていると、磯の香りと涼しい風につつまれて、幸せな気分になりました。

ハーバーブリッジとオペラハウス
クリックすると元のサイズで表示します
シドニーの代表的な建物を背景に、船を納めてみました。

クルーズターミナルビルに着きました
クリックすると元のサイズで表示します
クルーズターミナル、正式には、オーバーシーズ パッセンジャー ターミナルです。
前回シドニーを訪れた時には、このターミナルは建設中でしたので、初めて利用します。

乗船手続きが始まりました。
ダイヤモンド以上から優先で受付が始まりました。
ハンディ―ターミナルを利用して、写真撮影と健康状態の質問等が行われます。
その後セキュリティーを通過、船に乗るまでには15分程でした。
あまりにも早く乗船しましたので、船内には、まだあまり乗客の姿を見かけません。

今は静かな船内です
クリックすると元のサイズで表示します
稼働中は長蛇の列になるNorth Starも、今はひっそりしています。

クリックすると元のサイズで表示します
抜けるような青空とシドニーの街が、これから始まるクルーズへの気分を高めてくれるのでした。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ