2017/10/12

のんびり旅   沖縄

先週末からの3連休での出来事です。

10月7日 13時過ぎ
羽田空港のラウンジから、ぼんやりと飛行機を眺めていました
クリックすると元のサイズで表示します
13時5分発のフライトで那覇に向かう予定でしたが、機材変更になりました。
ところが、さらにその機材もさらに変更となった為に、出発が3時間遅れの16時になりました。

元々、沖縄に到着後の予定を組み入れていない私達にとっては、羽田空港でぼんやりと過ごす時間が増えただけでしたが、その先に予定が入っていた方々にとっては、日程調整が大変だったと思います。
その対応に追われるラウンジのスタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

16時過ぎに羽田を離陸後、雲の上に出ると、富士山が見えていました。

久しぶりに、富士山を空から眺めました。
クリックすると元のサイズで表示します

富士山以外の山は、何も見えませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
富士山には、不思議な力がありますね。
旅のスタートのイレギュラーも、富士山が見えたら「まぁいっか!」になっちゃいました。

まだまだ夏の沖縄に向けて、フライトは続きます。。

羽田から那覇までのフライトは2時間を越えますので、お腹も退屈してきます
クリックすると元のサイズで表示します
ブルーシール の塩ちんすこう アイスクリームで、到着前から気分は沖縄です(^.^)

あと5分で着陸です
クリックすると元のサイズで表示します
雲の間から、那覇空港が見えてきました。


ホテルに到着すると、ホテル スタッフの方々が「おかえりなさい」と声を掛けてくださいました。
なかには、勤務時間が終わっているにもかかわらず、私達の到着を待っていて下さった方もいらっしゃいました。
久し振りに会えた喜びに加えて、そんなお話しを伺うと、目頭が熱くなってしまいました。

遠く離れている故郷に戻ったような感覚と言えば分かりやすいでしょうか。
時間を掛けても、訪れたい場所。
の〜んびり過ごす事だけを目的に訪れる場所。
Hilton沖縄北谷リゾートは、私達にとって、そういう場所なのです。

チェック インした私達が、真っ先に向かったのは、レストラン CORRENTEでした。
何か新しい発見がある、お料理も美味しく、楽しい時間を過ごせるお店です。

秋らしいメニューが目に留まりました
クリックすると元のサイズで表示します
今までのメニューは、オーソドックスなデザインでしたが、今回は、ばっと見た瞬間に、秋を感じるデザインでした。

お料理の内容は、一つひとつ丁寧に、フロアースタッフの方が説明してくださいます。
このお料理の魅力が十分に伝わるお話しに、この日のディナーは即決でした。

ホカホカのフォカッチャです
クリックすると元のサイズで表示します
今までは、これが出てくると、嬉しくなって写真を撮るのを忘れて食べてしまいましたが、今回はしっかり写しました❗

前菜は 色々なキノコのソテー です
クリックすると元のサイズで表示します
お皿の縁に散りばめられているのは、
ハーブソルトです。

クリックすると元のサイズで表示します
牛脂でソテーされたキノコは、そのままでも脂っこくなく食べられましたが、ハーブ ソルトを少しつけると、輪郭がハッキリとして、より美味しくなりました。

秋刀魚のグリルと生姜風味のポテト
茄子のピューレ タイムの香り
クリックすると元のサイズで表示します
なが〜いタイトルが付けられたこの一品。
これがテーブルに登場した時のスタッフさんの説明にも、力が入っていたのです。

二種類の人参は、甘さや食感が異なります。
その下には、油の乗った秋刀魚がいました。
骨はきれいに取り除かれていますので、人参や秋刀魚の下にある茄子などと一緒に、安心して食べることが出来ました。
グラスの一番下にあるのは、生姜の風味がしっかりとついた、滑らかに仕上げられたポテトです。
秋刀魚独特のクセが、うま〜く消えていました。
でも、秋刀魚の美味しさは、そのまま楽しめるのです。
絶妙なバランスのこの一品。
料理の名前や説明に力が入っていたことの意味が良く分かるお料理でした。

自家製かぼちゃのニョッキ
クリックすると元のサイズで表示します
チーズのソースの塩味が、かぼちゃの甘さを引き立てていました。

沖縄県産アグ―豚の黒胡椒風煮込み
クリックすると元のサイズで表示します
このお肉は、とても柔らかでした。
フォークを刺すという感じではありません。
ナイフを入れると、お肉がトロンと傾いていきます。
それをフォークで支えて、乗せて、口に運びます。
う〜ん、上手く伝えられないです。。。

油っこくなく柔らかなお肉を、ちょうど良い濃さのソースでいただきました。

先ほどの秋刀魚のグリルといい、沖縄県産のアグ―豚といい、手間がかかった素敵なお料理でした。
まさに至福の時が私達のテーブルを包んでくれていました。 


デザートです
クリックすると元のサイズで表示します
モンブランを中心に、美味しいものが仲良く手をつないで、テーブルに登場しました。
モンブランの下には、バニラアイスクリームが隠れていました。
見た目は甘そうに思えましたが、食べてみると、甘さが控えめで、とても優しい味のデザートでした。

美味しいお料理には、魔法の力があるようです。
目で楽しみ、味わい、季節を感じ、お料理を作られた方の想いを感じることができます。
そして、いつの間にか、身体の疲れがとれているのです。

あ〜ココに来て良かった! と感じる瞬間です。
そして、またココに来たい! と思うのです。

CORRENTEの皆さん、いつも、素敵な時間を、ありがとうございます。

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ