東海山岳会Blog

それではまず、山行報告から・・・

 

いっしょに登る仲間を募集しています。
クライミングを始めてみたい人。 スポーツクライミングだけでは飽き足らない人。
雪山に登ってみたい人。 海外の大岩壁を登ってみたい人。 是非一度見学に来てください。

東海山岳会ホームページ本館はこちらへ!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

お問い合わせ

 質問・お問い合わせは、下の「メッセージBOX」をお使いください。 なるべく早急に対応させていただきます。 ※必ず返信用のメールアドレスの入力お願いします。 ↓↓↓

メッセージBOX

過去ログ

キャラクター

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:G
横からすみません。
私はどっちでもありだと思いますが、その理由が「ネイリングの練習をしてる人がいるから」というのはちょっと違うと思います。
どのようなルートを後世に残すべきか?で考えればよい思う。フリーで登りながらセット出来ないにしても、自分でギアをセットするプロセスもルートに含むと考えるんだったら、回収するようにするのがいいんじゃないかと。
投稿者:kamba
有持さま 開拓者の貴重なご意見有難うございます。ピトンスカーができるよりは抜かないほうが良いのかどうなのか・・・、と悩んで私の中でもしっかりとした考えや基準が無いのですが、他のかたからもご意見を聞いている最中ですので、改めてご返事いたします。有難うございました。
投稿者:有持真人
こんにちは。アニバーサリーのフリー化の記事を読ませていただきました。
私たちが開拓したルートをたくさんの方々に登っていただいて、そしてフリーでチャレンジしている方の記事を見つけて本当に嬉しく思っています。
残置のハーケンの件ですが、私の知る限りでもネイリングの練習として登っている方が多々いるようですし、ネイリングの練習用ルートとして開拓しましたので、手間がかかってしまうとは思いますが、フリーで登る際にはその都度、ハーケンをセット、回収と言うルールにしていただければと思いましてコメントさせていただきました。
よろしくお願いいたします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ