2014/8/12

頸城鉄道コッペル2号機 完成!  頸城鉄道

昨日の続きです。
上回りの塗装を行いました。
キャブ内をタミヤのコックピット色に塗り、マスキングを施して、全体をフラットブラックで塗装しました。
汽笛はエナメルの金色に塗ってあります。
乾燥後、色調を整えるためにエコーモデルのウェザリングブラックをこすりつけ、最後にウェザリングマスターで下回り中心に軽くほこりっぽい感じで調子を整えました。

それでは、完成した姿をご覧ください。
まずは公式側から。

クリックすると元のサイズで表示します

非公式側です。

クリックすると元のサイズで表示します

後端からです。キャブインテリアがチラリと見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

前面斜め上からのカットです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、百間町モジュールを引っ張りだしてきて記念写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プロポーションは実車の特徴を良く捉えており、モジュールに置いた時に実物を思い出させてくれます。
走りは、最後に組上げた時に若干渋くなってしまったのですが、車軸に少しだけグリスを入れてあげたら、スムーズな走りが戻り、とてもスローが効くようになりました。アラン式バルブギヤーを装備した頸城のコッペルをようやく手に入れることができ、大満足な一台となりました。

慣らし運転中の動画です。アラン式バルブギヤーの動きが分かるかと思います。ちなみに、線路はR103です。


さて、次は何を作るかな...
4



2014/8/13  16:32

投稿者:ウエハラ

くるまやさん

ありがとうございます。久しぶりのナローでしたが、楽しめました。

jiuliuさん

ありがとうございます。私も早めに休みをもらって、家族旅行をしてきました。jiuliuさんは北海道に行かれたようで...羨ましいです。笑

2014/8/12  19:55

投稿者:jiuliu

完成おめでとうございます。
ナローも良いですね。
小さい頃は、TMSの広告にあったPICOの上回りキットとMINITRIXの下回りの組み合わせに憧れていましたが、それでも雰囲気がありましたね。私の方は、早めに休みをいただいて旅行してきたので、休み期間に新たな工作を始めたいです。(まだ現在作成中のものは、内装が残っていますが・・・)

2014/8/12  19:35

投稿者:くるまや

完成おめでとうございます。
ウエハラさんの丁寧な作り、機関庫前の姿、流石です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ