にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
2018/2/23  「白梅の楚々として白極めけり」  日記

家の近くの房総半島のなかほど、真名の梅園は早咲きの梅は見頃ですが、

全体としてはまだまだですね・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

生命の森リゾートの中にある梅園なので梅園を囲む周囲はジョギングロードになっており、

膝の負担がないように木屑が敷き詰められている。

周囲が1200Mほどで、5週、10週するランナーが黙々と梅にも目をくれずに走っている。

梅は見ごろが長く楽しめるのでこれからも度々散策に来たいもの・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

此処はゴルフ場ほか陸上トラック、ラグビー、サッカー、テニス、アーチュリー、

屋内トレーニング、プール・・なんでも揃っている。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/22  「蕗の薹やうやう大地目覚めけり」  日記

庭隅のふきのとうが日々目覚めてきました・・

クリックすると元のサイズで表示します

蕗味噌作りの3回目、作る度に少し違うけど、

この苦味が晩酌のあてに、ご飯には最高に旨い。

クリックすると元のサイズで表示します

この大地から頭を出した蕗の薹を取り、水の浸して、

黒い部分やねを切り取り綺麗にします

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

熱湯で軽く茹でますが、余り柔らかくならないします。

味噌に日本酒と、みりん.砂糖少々を混ぜて用意しておきます

クリックすると元のサイズで表示します

水分を取り、ペッパータオルの上で味噌とふきのとうを叩いて合わせて出来上がりです。

クリックすると元のサイズで表示します

フライパンでみじん切りにしたふきのとうにお酒、みりんの味噌を混ぜて

フライパンの上で混ぜても作ってみたけど、

自分には上の茹でてやった方が蕗の苦味があっていい様の思いましたが、

いろいろな作り方が有るのでしょうね。

2018/2/15  「古雛に折り目正しく迎へらるる」  日記

「古雛に折り目正しく迎へらるる」

お雛様の季節になりました・帰宅し玄関に入ると

50年も前に母の作った雛が迎えてくれました・・。

勝浦のビッグ雛祭も間もなく始まりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

昨日、今日と暖かな日でしたが、明日は又寒くなるようですね。

三寒四温を繰り返し春が来るのかな・・。
タグ: お雛様

2018/2/13  「ふきのたう大地微笑むごとく出づ」  日記

庭の片隅に蕗の薹が出てきました。

寒い日が続いていますが、やはり春は其処に来てますね・・。

クリックすると元のサイズで表示します

5時前の春夕焼けも美しい

明日から2日ほど暖かな予報で、寒が緩むようですね

クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/8  探梅やジョギング人は黙々と  日記

房総半島の中ほど、真名(命の森リゾート)の梅園はチラホラ開いてましたが・・

まだまだこれからですね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

さすがに人影も疎らですが、散歩道には木屑が敷いてあり、

膝に負担が少ないようなジョギングコースでもあり、日が差して割りと暖かな散歩日和でした

梅祭りはこれからですかね・・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/7  春近し健康寿命伸ばさうよ  日記

気温は8℃でしたが、風がなく日が差していたので久々のゴルフを満喫・・

クリックすると元のサイズで表示します

陰には先週の雪の塊が残ってましたが・・紅梅が結構開いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

北陸は大雪で1400台の車がまだ動けなくて大変なようで、

雪に難儀をしている方たちが居るのにゴルフなどしていては申し訳ないような気もしますが、

14,000歩を歩く自分なりの健康法で、

今や健康寿命を延ばすためには週一のゴルフをと思っているけど、

寒くて中々腰が上らない・・。

日が差して風のない日なら8℃でも、10℃でも寒くないのでゴルフ日和なのだ・・。

これで今年は2回目のラウンドだったが、早く暖かくならないかな・・。




クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/5  詩吟の講習会  漢詩

3日(土)は学院ホールにて詩吟の講習会でした。

毎年この時期に千葉・茨城地区講習会を開催するのですが今年は3回目です。

三人の講師の先生が一時間の持ち時間で準備した吟題で長年の自分の詩吟感を織り交ぜての

講義ですが、それぞれの個性豊かな熱心な講義でした

その中の一人の先生は水戸のご出身だそうで、

ご当地水戸藩の浪士が時の江戸幕府の大老井伊直弼を襲った「桜田門の変」の

水戸浪士佐野竹之助の「出郷作」を取り上げた 

水戸で育った講師の先生の解説にはこの事件の背景に新鮮な話があり、勉強になりました。

クリックすると元のサイズで表示します 

  「出郷作」 佐野竹之助 

 決然国を去って天涯に向う

 生別又死別を兼ぬるの時

 弟妹は知らず阿兄の志

 慇懃袖を牽いて帰期を問う


詩の心・・作者は安政7年(1860)3月3日桜田門外に大老井伊直弼を刺殺した

     水戸藩浪士17名の内の1人。この詩はその出立に際して決意の詩。

     この旅立ちは決死の門出、「兄に代わって孝行せよ」と口に出し得ない

     断腸の思いが秘められています。

     同作者の辞世の和歌
 
     桜田の花と屍は散らせどもなにたゆむべき大和魂

70名の参加で、実技研修の17名の熱吟もあり大変熱気ある講習会でした。
    

2018/1/27  「吟詠の吹き飛ばしたる大寒波」  日記

「吟詠の吹き飛ばしたる大寒波」

趣味の詩吟の会,清風会の合同発表会です・・

朝から大寒波で縛れる陽気ですが元気な叔父さん、叔母さんたちが集ってきました。

11教場の60余名が新小岩の活動センターに集まり熱吟と

余興、懇親会に寒波を忘れる一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/25  料峭のダム湖に歴史ありにけり  日記

そろそろ目がかゆくなり始めてきました。

憂鬱な花粉の季節がきますね。

早めにいつもの東金市の大原耳鼻科へ行って薬一式90日分を貰ってきました。

受付を済ませ1時間半の待ち時間があるとのことで

近くのの「ときがね湖」へドライブ・・。

周囲3.8キロの遊歩道が在るのですが、

気温が低く風が冷たくとても10分と外に入れない寒気だった。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/24  被せ藁に夜はいかにか寒牡丹  日記

「咲き満ちて風雪に耐へ冬ぼたん」

上野動物園の隣にある上野東照宮「ばたん苑」の寒牡丹が

昨日、一昨日の雪を抱き見頃でした・。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/23  雪の日を楽しむ  日記

昨夜5時過ぎから降り出した雪が瞬く間に積もり、

今朝は久々の一面の雪景色・・.

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

電車は動いているが、雪が溶けるまで駅まで車が出せない。

まあ・・今日は会社はお休みにしようと、少し雪が溶けてから

東金の耳鼻咽喉科「大原医院」に花粉の薬を早めに貰いに行こうと出かけたが、

いつも2−3時間まちの病院の駐車場が空っぽ・・・。

いやな予感が的中しました・・・「本日雪のため休診」・・・の貼り紙が・・・。

折角来たので東金文化会館の奥のほうまで両側の雪景色を見ながら

雪溶けの道路をドライブ・・・。

夕方いつもの川土手を散歩したが、日陰には雪が残っており、

足裏に雪を踏む感触を楽しみながら一時間余り歩くと結構暖かくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は会社に出かけたら上野公園の中にある牡丹苑を尋ねてみよう

雪が残っていれば雪囲いをした藁被りの冬牡丹楽しみだ・・。




2018/1/18  今年の初打ちでした  日記

3月の陽気で朝からセーターを脱ぎ、シャツ一枚のゴルフ日和でした。

平日で空いているし、紅梅も綻び始めてました。

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

14,000歩も歩くとかなりの疲労感が・・

今まで寒かったのに、急に気温が高くなったせいかな?

お陰で体がのびのびと喜んでいるみたい。

明日のエネルギーになりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

平日の所為もあるけど、ゴルフ場は70歳以上が殆どですね・・。

女性と若い人たちをゴルフに誘い入れなければ、

10年後、20年後はゴルフ場の経営はかなり厳しくなるかもね・・。
















































































タグ: 南総CC

2018/1/15  料峭のカタカタとなる祈願絵馬  日記

湯島天神の早咲の白梅が少し開き初めています

受験生の皆さんの絵馬が寒風にカタカタと鳴っているのも今時期の風物詩です.

クリックすると元のサイズで表示します

受験生のお二人が真剣に絵馬に願いを書き、それを写メにとっていたり、

ご父兄と思しき方が掛けた絵馬の写真を撮って居られる様子を見ていると

それぞれのご希望が叶えられるといいなあ・・・・・と他人事ながら思います。

クリックすると元のサイズで表示します

上野松坂屋の方から春日通の一筋裏側の男坂へ続く通りが「学問のみち」の通り名をつけて

電信柱に括られていました。

パンダの町のお隣の学問の神様を祭る湯島は道真公の町とsite売り込もうとしているようですね。
クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/6  寒に入る吟声遠く響きけり  日記

松の内ですが、土曜日の詩吟教室が大網、土気、茂原で始まりました。

新年の初吟になるので全員が参加して新年の漢詩、

お正月の短歌・俳句も良く知られた下記の2首と3句を朗詠し

新春を寿ぎました

新しき 年の初めの 朝めざめ  

 生きとし生ける 心はげまん (斉藤茂吉)


今年こそ 何かよいこと あるごとし
      
     元日の朝 晴れて雲なし (石川啄木)


初春の 眩しきまでの 田畑かな (武石 茅)
    
初日さす 硯の海に 波もなし (正岡子規)
    
一行の 心をこめし 年始状 ( 高浜虚子)

クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/4  初春の詩魂を込め吟じけり  日記

2018年初春の詠い初めに新年に因みお祝の詩歌を吟じてみる

  祝賀の詞  <河野天籟>

四海波平らかにして 瑞煙漲り

五風十雨 桑田を潤す

福は東海の如く ようとして限りなく
 
壽は南山に似て 長えに騫けず

鶴は宿る老松 千載の色

龜は濳む江漢 萬尋の淵

芙蓉の雪 大瀛の水

神州にほうはくして 九天に輝く

クリックすると元のサイズで表示します

  新年祝いの詩 木村岳風 

淑気乾坤万物新たなり 

陽光燦々として吾が身に注ぐ

暁天気爽やかに鶏鳴朗らかなり 

心境揚揚として此の春を迎う


クリックすると元のサイズで表示します

初春の短歌・俳句などの詩歌も吟じると新しい年の意気込みが自ら湧いてくる

クリックすると元のサイズで表示します
   
新しき 年の初めの 朝めざめ

   生きとし生ける 心はげまん (斉藤茂吉)

今年こそ 何かよいこと あるごとし
  
       元日の朝 晴れて雲なし (石川啄木)

            クリックすると元のサイズで表示します
    
初春の 眩しきまでの 田畑かな (武石 茅)
    
初日さす 硯の海に 波もなし (正岡子規)
    
一行の 心をこめし 年始状 ( 高浜虚子)

今年も精一杯詩歌を魂を込めて詠ってゆこうと思います




AutoPage最新お知らせ