にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ情報へ
にほんブログ村
稔田に龍這ひしごと野分過ぐ  詩吟

台風13号が九十九里沖50キロを北上し、昨日から避難準備地区として

地元大網白里市も全国区に有名になり、隣町の茂原市は一宮川の氾濫から全世帯に

避難勧告が出て、昨夜は懐中電灯とローソクをよういしてヒヤヒヤでしたが、

無事通り過ぎ、庭の楢の木が倒されることも畑の支柱が倒れることもなくやれやれでしたが、

明けて今日は蝉時雨のなか、又急に気温が上がり30度越え、

昨日、一昨日が24度から25度と涼しかったのに猛暑がまた戻ってきそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな時期によく詠う詩が夏日悟空上人の院に題すするの詩  杜荀鶴(とじゅんかく)です。


昔、武田信玄が禅に帰依し、その師「快川和尚」の恵林寺は武田家の菩提寺とも言われますが、

天正10年(1582年)4月3日織田と武田の戦によって

武田の残党がこの恵林寺に逃げ込んだとして、信長の息子織田信忠によって取り囲まれ

快川和尚は寺を頼って来たものは全て仏弟子として渡すわけにはまいらぬと断り、

火をかけれれ、快川紹喜以下、僧100名近くが業火の中、経を唱え、辞世の言葉を残して

生きながら刮然として焼死するのですが、その時快川和尚が唱えた

「心頭を滅却すれば火も自ずから涼し」という言葉が残っていますが、

詩吟の各教室では猛暑の夏に、己を励ます意味に於いても、以下のこの詩を吟じます

夏日悟空上人の院に題すするの詩  杜荀鶴(とじゅんかく)

三伏門を閉じて披一衲を披く

兼ねて松竹の蔭房廊を蔭う無し

安禅は必ずしも山水を須いず

心頭を滅得すれば 火も亦涼し
 

クリックすると元のサイズで表示します

快川 紹喜(かいせん じょうき)は、戦国時代、安土桃山時代の臨済宗の僧。

織田信長の甲州攻めにより武田氏が滅亡して領内が混乱すると、

中世において寺院は聖域であるとする社会的観念があったため信長に敵対した

六角義弼らを恵林寺にかくまい、織田信忠の引渡し要求を拒否したことから焼討ちにあった。

快川和尚の兄の子の朴蔵主はまだ子供なので、

快川和尚は「お前はここから脱して、私達の最後を後世に伝えなさい。」と命じます

その若い僧は後に末宗和尚となり、徳川家康からの寄進を受けて恵林寺を再建しています。

こうして恵林寺の「心頭を滅却すれば火も自ずから涼し」の名言が

今にも伝えられているのかもしれません。

板垣退助が暗殺された時に「板垣死すとも自由は死なず・・・」といったのは

おそらく後世の創作されたものでしょうが、

心頭を滅却の話は焼死を免れた当時子供の僧たち、或いは取り囲んだ織田方の武将から

伝わっていったものでしょう。

猛暑の昨今、家の中でも暑いですが、この詩を思い出したいものです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ