2018/6/17

最終日  ウインド2018

朝、起きようとしても、体が痛くて動けません。
腰痛やら、肘の腱が痛い・・・・。

何分か掛けて少しづつ動いて、居間で背骨や腰をマッサージしてどうにか動き出したのは10時前。
まずは、少し仕事をして、浜へ。

今日は無いだろうなぁという声が多く聞こえてきて、坂ビーチ最終日は終了かと思いましたが、15時40分、キターーーーぁ

とか言ってってヒヨヒヨだろ、と思ったら、昨日よりパンピングが少なくていい。

8.0のずーみんもやれやれ遅いがのぉとか言いながら、出てきてバシバシ走ってました。
新セイル8.8のN本さんは最初だけ下り気味だったけど、深いドラフトを生かした走りで、カンカン!
8.5にフォイルのH本さんは低空だけどよく走ってて気持ちよさそう。
その他多くのセイラーがフォイルやノーマルフィンで走りまくり。


そしていつものパンピングスラ道場開催でi本兄と走れました。


実は平日も含めて弱いながらも連日走れて、良い終盤の坂ビーチでした。
これから9月10日頃まで放浪期間です。
どこか良い所があったら教えてくださいな。


TitanGSX-8.5
Neil_X9_460+35
i-sonic130
Z-50

Distance31.7km
Max41.5km/h
0

2018/6/16


週末を迎え、日本海も考えましたが、今週も炸裂しそうなので、遠慮。
東系なので、Sポを物色。

しかし、管理人さんが仕事で行けない。

グダグダしてたら、昼になってしまって、いつもの坂へ。


昼には1時間くらい走れたそうですが、その後は長ーい休憩。
4時ころからフォイルなら?って感じから徐々に上がって、8でもイイ感じ。
貝掘りに行ったDさんに声をかけておいて出撃。
まずまず走れたけど、基本アンダーでセイルパンピングは必須。

i本兄さんが「フォイル止めようかなぁ?」
「いえいえ、フォイルで楽しんでください。」「そんなに吹かないだろうし。」


撤収モードになって道具を上げかけてるとFW板をお貸ししたi森さんが乗ってみなって言ってくださって、2か月ぶりのフォイル。

最初は板が重いなぁ、と思ってましたが、風が入ってきて、フワフワァ〜!!クイッと前を押さえてフォイル出来ました。

最後は、さらに上がってきて、おいおい、ノーマルフィンモードだわ!
大急ぎだけど丁寧に道具をお返しして、ダッシュ!!


もう一度セイルを出して、出撃!
7.0のS木君も走ってるし、今日イチの風!
i本兄さんもフィン変更に走ってる!
すぐに出てきて、パンピングスラ道場開催!

しかし、走り出しはギリギリで、パンピングも10回じゃ足らない?
体力勝負のようなセイリング。
最後には、走りだすから、追いかける、追いかけるから逃げる、いかに止まらないでプレーニングを続けるためのパンピング。
インサイドは強いので、インサイドだけでジャイブ。
どっちが先に走り出すかを30分くらい続けたか?

もうヘトヘトで終了。

片付けながら、夕焼けをフープー撮影したりしてたら、真っ暗に。

げ、20:10帰りだしたら、待ってないはずの家の人が「遅い!」


やっちまったなぁ!





TitanGSX-8.5 ダウン460+35
Neil_X9_460
i-sonic130
Z-50

Distance31.4km
Max42.9km/h



Special thanks !! Winds.S.B.H
クリックすると元のサイズで表示します
この写真、オートフォーカスは効かないそうで、マニュアルフォーカスだそうです。
この次のショットが最高のジャイブシーン!
ああ!誰?
0

2018/6/12


北風弱いなぁと思い、107の修理をして行くと、吹いとる・・・。

7.0でもいいくらい?
461さんはいつものグイグイ登り下りを見せてくれてます。

2回目の7.7をセットして、フィンはD−44で出ました。

最初は気持ちよく、走れましたが、徐々に落ちて、ブローだけになっていきました。

カムの返りが悪いと思っていたけれど、風があれば問題なしでした。

最後はフィンをZ−50cmに。



TRx7.7 ダウン±0
Maui 460
i-sonic130
D-44→Z-50

Distance 24.4km
Max 42.3km/h
0

2018/6/10

Sポで7.0  ウインド2018

朝、あぁ、やっちゃった。

8:30いつもの寝坊。(きのうの悪酔いのせいにしとこう)

電池切れで死んでる携帯を充電しながら、準備。

電源が入るようになって、メールを見ると、8:17には「吹いてるよ!」

あぁ、確かに吹いてる。   しかし、今から昼まで潮が引きっぱなしでしょ、


ジモティは引き潮の中、乗ってたようです。
(ただ、無謀なチャレンジではなく、潮の流れをよく考えたライン取りや、攻め方を知り尽くした乗り方で。)

11:30着くと、まずまずの風。今は落ちたそうですが、7.0ジャスト-オーバーだったそうです。
で、早く乗れとの事。

急いでセットして、出ると、流石にここはよそとは違う海面。
プレーニング中もヌルヌル海面に入ると、板が張り付いてるのに速い感じ。
その海面でジャイブに入ると、誰かさんが言いました。


勘違いゲレンデ・・・。


正に、勘違いしちゃうジャイブのドライブ感。
後ろ足の踏み込みが自在にコントロール出来て、円弧の大きさが自在。
足元から水を切る音がチュルチュル〜チュル〜

ただ、流されないように登って、登って約1時間楽しめました。

でも、いつもより流されてるなぁ、だって、まだ引き潮だもの。

上げ潮に変われば風は上がると読んで、G10のMeanLine36cmに変更。

出ると、徐々に落ちて、上がるはずがユルユルに。

違いといえば、チョッピーな海面での衝撃がマイルドな事、スピンアウトはし易い。


ようやく潮が緩んだ頃には風も落ちてしまって、出ても走れずで終了モード。


ただ、ここのゲレンデとしては遅くまで吹いたのは確か。
ここは、午前中でパチンッとスイッチが切れるのが普通ですからね。

上が1ラウンド目、下が2ラウンド目。
2ラウンド目は潮が止まってきて、沖に出られるようになったけど、風が終了モード。
クリックすると元のサイズで表示します

最高速は49.8km/h(言い訳だけど、アンダーでちょいアタック)

1ラウンド目をGPSRepoに掛けてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

何がジャイブの円弧の大きさが自在だぁ?
全然、円弧になってねぇし、
クリックすると元のサイズで表示します
でも、最低速度はもう少しあったと思ったけど、落ちすぎですなぁ、



Mauisail TRx7.0 Mauimast430+26cm(454±0)
RRD X-FireV6 114 (131)
Nsb-36
0

2018/6/9

自業自得  ウインド2018

今週末は気合を入れて楽しむつもりで、金曜からお誘いメール。
出張しながら、明日の予定が決まっててワクワクでした。

朝、マリクシの影響か?北東で波子が爆裂じゃん。
こんな日に行ってもキツいがなぁ。


隊長から行けんと連絡があって、行く気消沈(内心ホッ)。

明日の用事を前倒しして午前が消え、挙句に自分で言い出してショッピングモールへ。

終わったのは15時・・・・。

でも浜に行こう!(行く気なかったのに)


16時半着。セット。17時出艇。インサイドでシバイたら走りました。(100mだけ)


ちょっと悪酔い(自業自得だろ)して寝ました。


GSX-8.5 
i-sonic130 (129)
Z-50
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ