兎月庵日記

五句三十一音詩の歴史に、日本語の歴史を重ねるとき、歌のスタンダードである現代語短歌が見えてくる。

 
歌人・吉岡生夫の日記です。 和歌と狂歌と短歌、五句三十一音の定型詩は名称を変えつつ時代の波をくぐり抜けてきた。そこには先行する五句三十一音詩の衰退があり、それを受けた復活劇があった。このような史観に立って歌の未来図を航行しています。 詳しくは「草食獣・吉岡生夫の世界」へどうぞ。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

自由項目

五句三十一音詩という概念を導入し、日本語の歴史を重ねることによって歌の歴史に新たな視座を開いた吉岡生夫の狂歌逍遙第1巻! 450頁。定価3000円。ブイツーソリューション

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ