2007/2/24

結局  144日本軍

きょうは午前中からアベンジャーの作業をすべく机に・・・。
でも月光に翼端灯作ってないことを思い出し、サクサクっと。
ここでレーダーを作り直したくなっちゃってさ。
やっっちゃいました。
でもたいして差がないな。上が昨日まで、下が今日の作品。
クリックすると元のサイズで表示します
ただ、画像はありませんが真正面からみるときょう作った方が
ピシッとそろっております。
クリックすると元のサイズで表示します
作業は、下画像の上部分のように
主軸は0.3mm真鍮パイプと0.1mm真鍮線。大方の方がやってるピトー
管といっしょですね。
それを両面テープの上に等間隔にならべ、のばしランナーを4本全て
を跨いでこれも等間隔にセットします。で瞬接の点付け後、長さを
揃えて切断です。
少しだけましになったと思ってます。問題は強度ですね。いまのとこ
ろじゃもろいもろい。



2007/2/24  20:24

投稿者:さっちゃん

北風さん、こんいちは。
うーん。
まあ、実物どおりいけばそうですよねぇ。
でも飛燕のストックたしか、この1機だけなんだよな。失敗したら終わりだし・・・。
誰かやった人いないかね。
ていうか、順番に行けば五式戦に到達するのは多分
来年以降だな、きっと。北風さん、お先にどうぞ、
なんて振っちゃったりして。
漫画、面白そうですね。探してみようかな。

2007/2/24  19:57

投稿者:第144戦隊きたかぜ小隊

電探の作り方、わかりやすくて勉強になります。5式戦、弊社も飛燕の頭を切り飛ばして、彗星のカウルをつけようかと画策いたしております。ぜひとも先陣を切っていただいて、勉強させていただきたく思います。この間、松本零士の漫画に6式戦が出てました…
誉44型(えっ?)2400馬力でした…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ