2007/11/15

P144出品予定作品そのF  144日本軍

中島キ84 四式戦闘機 疾風
NAKAJIMA ARMY TYPE 4 FIGHTER HAYATE “Frank”
陸軍特別攻撃隊第57振武隊 高埜徳伍長機
昭和20年5月下館飛行場

クリックすると元のサイズで表示します
【実機について】
太平洋戦争も大詰めを迎えた昭和20年3月25日、陸軍航空隊本部は各飛行師団隷下、教導飛行団に「ト」号編成(特別攻撃隊)を命じ、これによって、隊号第48〜116振武隊の名称が与えられた。
 3月30日第57振武隊は訓練基地を茨城県下館飛行場と命ぜられ同地に移動。4月10日隊員は各自キ84を受領し、飛行訓練準備の後、演習を開始した。
 5月17日、高埜伍長を含む12機の四式戦は特攻訓練終了をもって九州方面移動を命じられ、山口県防府飛行場へ向けて発進、1週間後の5月25日、沖縄周辺海上の米軍艦艇に突入し散華する。
文林堂『世界の傑作機No19〜陸軍4式戦闘機「疾風」〜』より
クリックすると元のサイズで表示します
【作品について】
ベースにはバンダイ「ウイングクラブコレクションL2」を使用しました。
 コックピット内をそれらしく自作し、機体全面にリベットを打ってみました。これは「精密図面を読む」の疾風の図面をスキャナでPCに取り込み1/144に縮小したものを透明シールに印刷。直接機体に貼って、上からピンバイスに縫い針を差し込んだ治具を使ってフリーハンドで打ち込んでいきました。なかなか綺麗な直線にはならず、間隔もまばらになってしまっています。
本機の工作上のポイントはフラップを下げ状態にしてみたのと爆弾懸架器具を自作したことです。
機体色には悩みましたが、濃緑色に土地色などを混ぜたもので塗ってみました。
デカールはまずは市販品を入手してみたものの赤の発色が気に入らず、インクジェットプリンタ用のデカールシートに印刷したものを自作して使っています。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ