2008/5/25

メンフィスベルその8  144連合軍

今週も土曜は仕事でした。
なので模型製作もあまり進んでいません。
本日は機首まわりを。
クリックすると元のサイズで表示します
天面の小さなドーム型のクリアパーツを工作し、爆撃照準器をとりつけました。
いよいよ前面爆撃士窓をつける。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

B−17はやっぱ「顔が命!」だと思うんですけどいかがでしょうか。
この先はいよいよ仕上げに向かってまっしぐら!ってとこなんですが、実は
デカールが厳しそうです。
インクジェットプリンタで作ったデカール、きれいにできたと思っていたのですが、
黄色系はやはり隠ぺい力が弱く、機体色の上に直にはっても全然ダメなことがわかりました。
クリアーデカールシートに濃いめの黄色で印刷したのですが、やっぱだめでしたね。
ホワイトのシートに印刷して、なるべく余白がないようにカット。あとはリタッチ
でごまかす。
 こんな方法しか思い浮かびません。
あぁどうしましょ。



2008/5/28  8:02

投稿者:さっちゃん

レスおそくなってごめんなさい。
デカールの件、色によっては全然OKなんですけどね。なかなか難しいです。
 リベットツールは北海道にある模型工房「北風舎」(!)さんというところのものです。「ほくふうしゃ」とよみます。HPもあるので探してみてください。そもそも144ではないので小さな戦闘機なんかに使ったらどうなのかはまだわかりません。私は72、48のキットも持ってるので(完成したものなし)そっちでも使えるし、と思って買いましたが・・・。税、送料込みで3,800円でした。在庫があれば直ぐに手に入ると思いますよ。

2008/5/26  15:01

投稿者:北風

いやぁー大鳥のB17とは思えませんね。
リベットも効いてます。
デカールですがやはり白地に印刷が必要なんですね。勉強になりました。
リベットツールはどこの製品なんでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ