2008/10/26

続ウイングキットコレクション2  144食玩

昨日の紫電に続いて、きょうは鐘馗のインプレッションご紹介です。
紫電の後に鐘馗を組むとあまりの落差(いろんな面で)にびっくりしちゃいます。
まずは側面
クリックすると元のサイズで表示します
下段は拙作、フジミの鐘馗です。
シルエットは悪くないのだが・・・
カウリングの処理は残念なことになってます。まあ、排気管表現のためにカウルフラップ
のところでカギ型で処理したのでしょうが、どうしても目立つので興ざめですね。
また、アンテナのところは胴体抉って胴体の一部と一体化されています。ここもちょっと目立つな。
では上面。
クリックすると元のサイズで表示します
フジミに比べて胴体のシルエットは鐘馗の特徴をよく捕えているのではないでしょうか。
鐘馗独特の頭でっかちなカウリングからギュッと絞り込まれて中島らしい細い後部胴体。
図面と見比べてもフジミよりよいように思えます。

というわけで、鐘馗については形状というかシルエットはよいのですが、不満点としては上記のほかに
@足回りとかエンジンとかとてもチープ。
A紫電同様、塗装が雑
ってとこでしょうか。
なんか、紫電に比べると全体にチープな感じです。同じシリーズとは思えないところがあります。

さて、あとはタイフーンですが、時間がないのでとりあえず、皇軍志向の私としてはスルーしておきます。組んでも置き場所がないので・・・。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ