2009/5/10

四式重爆「飛龍」制作開始  144日本軍

さて、この週末は飛龍の制作にとりかかりました。以前から銀河を作りたかったのですが、もうすぐ出ますからそれを待ってからと思い、まだ食玩化されていない最後の?皇軍大物の飛龍を選びました。
 このキットは透明パーツの処理が最大の難関だと思います。
で、窓枠の塗装をどうしようかと考えているのですがうまい方法がまだ見つからないので、先に機体を弄ります。
このキット基本的にパネルラインが凸モールドなので、いったん削っちゃいます。
とりあえず片身だけ削ったのがこれ。(左半分が削ったもの、右はオリジナルのまま)
削ったあと、磨いておきました。
クリックすると元のサイズで表示します

で、そこへスジ彫を施したのがコレ。
道具はハセガワのトライツールを使いました。
ところどころ黒っぽく見えるのは失敗したところを黒い瞬接で補修したところです。
クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、リベットツールでリベットを打ち込みました。
このあたり、酔っ払い状態で作業したので結構ぐだぐだになっちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

でも、まあ塗装してしまうとリベットはあるかないかわからないくらいしか残らないので気にせずこのまま進めます。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ