2009/11/23

ベース作り  144連合軍

P144明けの三連休。

散乱した部屋の片づけやらなんやらに追われてアッと言う間に終わってしまいました。

あぁ悲しい。

で、今回は次回作作品用のベースを作ってみました。

直径20cmのベースに草っぱらを作ります。

この方法は少し前までP144にも参戦されていたマキノ師匠がスケアベで紹介されていた

方法をパクッております。(2005年9月号:FW190D-13がオマケについていた号)

ベースサイズに切りぬいた芝シートは鉄道模型用です。

なんでもいいんでしょうが、私の使っているのは

河合商会の「ジオラママット 若草(600mm×980mm)」ってえヤツで確かアキバのタム

タムで買ったと思います。値札シールには1160円と書いてあります。1枚あれば相当使

えますな。

でそれをカッターの腹を使ってハゲハゲにします。

クリックすると元のサイズで表示します

上半分が処理済み。下半分が未処理です。

結構大胆に削ります。

ときどき勢い余って破ってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

でもご安心ください。

あとで全然わからなくなります。

全体の処理を終え、木工ボンドでベースに貼ったのがコチラ。

破れたところ、すでに殆んどわからないでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します

右のヤマが刈り取られた芝のヤマ。結構な量です。

何かに使えそうですが私は捨てています。

どっちかというと残っている方が少なく地肌丸見えってとこまでやったほうが

いい感じになるようです。

このシートは地肌がサンドイエローっぽいのでちょうどいいです。

以前、タミヤの情景シートでやったら地肌もグリーンだったので使いにくかったです。

このあとウエザリングしてベースとして完成したのがコチラ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は・・・

サンドイエロー系のラッカー塗料を薄め液でシャブシャブに薄めて全体に塗るというか

染み込ませます。ティッシュで拭いたりたたいたりしながら。

さらに乾きもしないうちに、アクリルガッシュのダークブラウン系を水でシャブシャブ

に薄めたヤツを上から太筆で適当に置いていきます。で、ティシュで上からポンポンた

たいていきます。

で、乾燥すると画像のような感じになりますです。

このあたりは表現したい内容によっていろいろでしょう。

濡れた感じにしたければ、光沢のクリア使うとか・・・。


今回はとっても地味な記事になちゃいました。

では、おやすみなさい。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ