2010/3/22

メンフィスベル〜帰還編〜 製作C最終回  144連合軍

ずぼらな感じで進めて参りました本作品の製作記も今回が最後です。

今月は2月の製作工程を記事にしただけで終わりそうですが、果たして3月は私は何をしていたのでしょうか。

実はまぁ、一応ちょこちょこやってはいたのですが、はっきりした目標がないもんだからこれにちょっと手をつけ、あっちにも手を出し、とフラフラ状態でした。
この後なにをどう記事にしたらいいのかわからない状態です。

さて、最後はフィギュアです。私のこれまでの作品中最大の67名(たぶん)にご出演頂きました。
↓コレはその一部でコケてる人もいますが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
全部プライザーですが、Nスケールと144スケールが混在してます。
なぜか同じポーズの方も・・・。

状況としては、無事に帰還したクルー10名(1名は重症で担架にいますが)とそれを祝う地上員たち。また戦意高揚のため、この快挙を大宣伝しようとする広報担当の士官とカメラマン、という具合です。

バリをとったりパーティングラインや押し出しピン後を消したりとか結構たいへんでしたが、ポーズには一切手を加えていません。

サフを拭いたのがこちら
クリックすると元のサイズで表示します
爪楊枝に各員を貼りつけ、カーキ・オリーブドラブを中心に塗装しました。
↓それがこちら

クリックすると元のサイズで表示します

ということで来週からの記事が不安な状況ではありますが、この作品はここまで。



2010/3/23  22:39

投稿者:さっちゃん

ヘタ朗さん
ありがとうございます!!
今朝、会社でこっそりイエサブさんの発表を見ました。
いわゆるコンテストへの参加は初めてでした。P144に間に合わせるのも時につらかったですが、コンテストは製作途中では出せないのでより厳しかったです。
粗さの残る作品ではありますが、受賞できて素直にうれしいです。
静岡は日帰りでもいいからなんとか行ければいいなあと思ってます。仕事のスケジュールが見えたら是非。

http://wind.ap.teacup.com/144world/

2010/3/22  22:16

投稿者:ヘタ朗

やっぱ、きましたね。
アルジャーノン賞の受賞おめでとうございます。
人の物語が感じられる素晴らしい作品なことが評価されたんでしょう。細かい作りも実感を高めてます。

ダメージはこうして作るんですね。
とても勉強になりました。静岡に持ってきてください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ