2006/7/9

完成!・・・ってことにしておきましょ  144日本軍

雷電を強引に完成までもって行きました。
まずは
雷電21型 352空青木義博中尉機 大村基
クリックすると元のサイズで表示します
雷光マークはデカールの上からわざわざ、水性アクリル絵の具
で筆塗りしました。
主翼付け根付近を中心に塗装剥がしを。下地の銀塗装とそれも
剥げて地色のグレーが露出してたりします。全体にパステルで
汚したのでほとんど光沢はありません。

もうひとつは
雷電21型 302空 斜め銃装備機 厚木基地
クリックすると元のサイズで表示します
仕上げは概ね青木中尉機と同じです。

今回、MYKデカールのニス剥がしに苦戦しました。いつも貼るとき
には壊れたりして苦労するんですが、今回そこは楽チンだったのにい
ざ、剥がそうとすると一部剥がれちゃったり・・・。
リタッチでごまかしましたけど・・・。

画像でみるとまだ気になるところはありますが、とりあえず、機体はこ
れで完成ってことで。
週明けには足回りや張り線あたりの製作をご紹介する予定です。



2006/7/10  18:35

投稿者:さっちゃん

コワルスキ様
はじめまして、ようこそおいで下さいました。
「1/144ギロチン工場」のHP、時々拝見しておりましたがブログもやってらっしゃったのですね。今回初めて知りました。
航空機そのものやエアモデルに対する深い愛情と知識のある方と認識しておりました。ご訪問下さって光栄に存じます。
当方、きちんとした基礎知識もほとんどなく、行き当たりばったり、試行錯誤の連続でして、全くの我流なもんですからお見苦しい点、多々あろうかと思います。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

>確かあの電光マークは結構塗りむらがあったはず、さすがですね
デカールの解説にも「手塗りなので左右で大きさ、形が違います」なんて書いてありましたし、塗ってるところの写真もありましたがどう見てもムラだらけみたいだったので。

>やはり制作過程が載っていると面白いですね
ありがとうございます。恥ずかしい失敗も満載してますが。

>MYKのデカルですが、私の場合もフィルムが下地をひろって欠けました
>通常している「温湿布」をしなかったせいか、圧着不足のようでした
温湿布か、そうか、そういうことも全然しませんでした。今度やってみます!

2006/7/10  18:33

投稿者:さっちゃん

taro様
>黄帯の上・下部でも光の当たり方を意識されたような色の違いが!
ゲゲッ!そこまでは・・・。イエロー系とかホワイトをパレットに数色出して適当に混ぜながらやりましたけど、場当たり的でして。
基本塗装においても退色表現も考えなきゃなって調色変えて吹き付けたりしてましたが、ウォッシングしたりなんかしてると全くわからない状態になっちゃってます。

2006/7/10  0:50

投稿者:コワルスキ

こんばんは
初めて投稿します「1/144ギロチン工場」のコワルスキといいます

いいですね雷電
重量感のある仕上がり(もちろん地上姿勢の方)ですね
確かあの電光マークは結構塗りむらがあったはず、さすがですね

10日ほど前に初めてこのページを見つけて楽しみに見ていました
やはり制作過程が載っていると面白いですね

MYKのデカルですが、私の場合もフィルムが下地をひろって欠けました
通常している「温湿布」をしなかったせいか、圧着不足のようでした
その後、何機か貼りましたが小さな「注意書き」を除いてはうまくいってます
あまり温度が高いと、簡単に塗膜がちぢれてしまい泣きますが

では、楽しみに見てます

2006/7/9  22:52

投稿者:taro

なるほど〜あらためて画像見てみると微妙に
濃淡がついてますね
下の画像だと黄帯の上・下部でも光の当たり方を
意識されたような色の違いが!
参考になります。

2006/7/9  20:33

投稿者:さっちゃん

taroさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
お褒めの言葉、恐縮です。なんとか完成させました。
風防やり直したり、結構手間かかっちゃいましたです。
アクリルガッシュ塗ったのは、デカールがあんまり綺麗すぎて浮いてたのとムラがあったほうがリアルかと思ったので。(画像ではよくわかりませんね)少し黄色味を薄めにしたかったってのもあります。こんなことしたりパステル擦り込んだりするもんだから完成品は
ほとんどマットな状態になっちゃいました。

2006/7/9  18:55

投稿者:taro

おぉー、ついに完成しましたか。
とても144とは思えない精密さですね。
コックピット周辺が特にいい味出してます。
水性絵の具の上塗りはどんな効果をねらったんですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ