2019/3/13  21:24

本の読み聞かせ  

3/12 今年度最後の読み聞かせボランティアに行ってきました。6年生です。
6年生恒例のお楽しみ企画のエプロンシアターは、いつもやってくれているメンバーが急遽欠席となったので(2日前に連絡)本来なら1人でやるのを、2人でやることにして前日に練習しました。
私が本を読み、もう1人のメンバーがエプロンをつけアドリブをいれながら演技というパターン。お互い初めてだったので緊張しましたが、なんとかできました。
2冊目、3冊目は昨年の6年生と同じ本でしたが、昨年と読み手を交換しました。なので、私は2冊目を読みました。
3冊目の「このよでいちばんはやいのは」は担任の先生がとても興味を示していました。

1冊目
エプロンシアター                          
おおきなかぶ
A.トルストイ作


2冊目
ひとりになったライオン                         
夏目義一/文・絵  福音館書店  2017年4月


クリックすると元のサイズで表示します
わかいライオンが親離れして、ひとりで暮らすことになった。これからは、お父さんに会うことも、お母さんが獲ってきた獲物を食べることもできない。どうやって生きていくのか心細くなった。でも、自分の力でやっていくしかない……。舞台はアフリカの大地。リアルに描かれたライオンは迫力満点。群れを離れてひとりで狩りをする過程を通じて、失敗しながらも成長していくライオンの姿が表現されている。大自然の厳しさを知る貴重な一冊。

3冊目
このよでいちばんはやいのは                       
ロバート・フローマン/作  あべ弘士/絵  天野祐吉/訳 
福音館書店  2011年11月

クリックすると元のサイズで表示します
カメとウサギが競走します。どっちが速いかな? 答はウサギ。それじゃあ、ウサギより速いのは? チータ。チータより速いのは?ツバメ。ツバメより速いのは、新幹線、飛行機、音、地球の自転、人工衛星、地球が太陽のまわりをまわる公転。いや、この世で一番速いのは、光だ。いや、光よりもっと速いものがある。それは……?




2019/3/10  15:02

読書記録  

音叉
高見澤俊彦/著
文藝春秋 2018年7月


クリックすると元のサイズで表示します

日本を代表するロックバンドTHE ALFEEの高見澤俊彦による初小説は、恋愛と音楽に溢れる70年代青春小説! 東京の平凡な大学生・雅彦は同級生と組んだバンドでデビューを目指す一方、学生運動に染まる響子やグラマーな加奈子、憧れの美佐子先輩との恋愛模様に翻弄される。 順風満帆に見えた大学生活だが、思いがけない悲劇でデビューか友情かの決断を迫られることに。さらにある歴史的事件によって恋愛にも陰りが……。 何者かになりたくて足掻く青年たちを、原宿のレオンや赤坂のビブロスといった70年代東京カルチャーをふんだんに盛り込んで描き出す。 音楽業界を知り尽くした著者ならではの視点が光るスピンオフ短編も収録。(e-honのHPより)


面白かったです。70年代の若者の話なのでまるでたかみーの自叙伝と錯覚してしまいそうでした。当時の実際にあった事件や音楽、実在の地名がでてくるのでリアル感があります。といっても当時の自分はまだ小さいこどもだったので懐かしいとかまではいきませんが。音楽、ロック通の方にはかなり楽しめるのではないかとも思いました。
そしてリアル感があるがゆえに、現在のアルフィーの楽曲はたかみーの恋愛事情、恋愛観が反映されているのかなあなんて思ったりもして。

2019/3/10  12:51

Red Hot & COLE  ジャニーズ関係

Musical Red Hot & COLE


2019.3.3(日)13:00開演
銀座博品館劇場

4扉P列19番


翻訳・演出:小林香
CAST:屋良朝幸 矢田悠佑 吉沢梨絵
彩乃かなみ 木内健人 真瀬はるか 鈴木壮麻 彩吹真央

ブロードウェイで活躍し米ポピュラー音楽史に功績をもたらしたソングライターと、その名曲で綴るミュージカルシリーズで、本作は、アーヴィング・バーリンをフィーチャーした『I LOVE A PIANO』(2017)、作曲家のリチャード・ロジャースと作詞家のロレンツ・ハートの半生を描いた『ロジャース/ハート』(2018)に続く第3弾で、作詞家で作曲家のコール・ポーターの生涯を綴る。ポーターが愛したパーティーを舞台に、妻リンダとの関係や、数奇な人生が描かれる。



実はコールポーターは知らなかったのです。楽曲もわからない。でもキャストの歌声に魅了されました。またコールの波乱万丈な人生は興味深く見られました。
屋良くん以外のキャストは何役かを演じられていてそれも感心しました。特に矢田くんの演じ分けがわかりやすかったです。

前日にSHOCKを観て屋良くんの歌声聞きたいって思っていたのでより一層感動しました。やっぱり屋良くんの歌声が好きです。

2019/3/10  12:33

Endless SHOCK 観劇2回目  ジャニーズ関係

Endless SHOCK

2019年3月2日(土)18:00開演
帝国劇場

1階T列51番 S席

今年2回目のSHOCKは娘と観劇。今回も1階席だけど前回よりは後方席。それでもそれほど双眼鏡をつかうことなく見られました。双眼鏡を駆使して見ていたころが懐かしい。(Jr.の岸孝良くんが出てた頃ですね)当時は孝良くん中心にみていたので、おかげで光ちゃん以外の一人一人の細かい演技にも気づくことができました。もちろん今も他のキャストも見ますがやっぱりどうしても中心で輝いている光ちゃんを見てしまいます。

先月は昨年との変更点にとまどってしまいましたが今回はすんなりうけいれられました。新曲やせりふが歌になったところなどは先月よりうまく聞こえました。だいぶこなれてきたようですね。
月末にもう1回観られるのでますます楽しみです。次は2階席なので、また違った楽しみ方もできますし。



この日は昼間に銀座で娘と誕生日プレゼント選び(財布にしました)したりお茶したりしてからの観劇で、夜は都内のホテルに泊まりました。(翌日も銀座での観劇があったので)なのでちょっとプチ旅行気分でした。



2019/2/24  17:39

読書記録  

すぐ死ぬんだから
内館牧子/著
講談社 2018年8月


クリックすると元のサイズで表示します

終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問題は息子の嫁である。自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。それだけが不満の幸せな老後だ。ところが夫が倒れたことから、思いがけない裏を知ることになる―。人生100年時代の新「終活」小説!(e-honのHPより)



面白かったです。「ババくささは伝染る」「セルフネグレスト(自分で自分を放棄する)」「品格のある衰退」など心にささる言葉がいっぱい。私自身は主人公の娘の苺と同年代だけど、主人公のハナの気持ちもよくわかるし、かっこいいなあって思いました。
アンチエイジングしすぎず、セルフネグレストせず美しく老いる。今後の人生の課題です。


2019/2/14  9:50

本の読み聞かせ  

2/12 今年初めての読み聞かせボランティア
5年生でした。5年生は2クラスあり、1組は12月に読んだんので同じ本でいこうかと思っていたのですが、一人参加できず2人になってしまったことと本を借りてくるのがまにあわなかったこともあり、1冊は違う本になりました。
また私も12月は1冊のみ読んだのですが、今回は2冊読みました。

1冊目
むらの英雄 
わたなべしげお/文  にしむらしげお/絵
瑞雲社  2013年4月

クリックすると元のサイズで表示します
とても強くて勇敢な英雄が消えた!?
昔、アディ・ニハァスという村の12人の男達が、粉をひいてもらうために、マイ・エデガという町へ行った。帰り道、一人が仲間を数えてみたら、なんと11人しかいない!いなくなった一人とは…。読み聞かせに楽しいエチオピアの昔話。幻の名作絵本の新装復刊です。

2冊目
ぼくのつばさ   
トム・パーシヴァル/作  ひさやまたいち/訳
評論社  2017年6月
クリックすると元のサイズで表示します
ノーマンは、ごくふつうの男の子。なのにある日、つばさがはえてきました! パパにもママにも言えずになやむノーマン。でも、あることに気づいて……! 

3冊目
エゾオオカミ物語                           
あべ弘士/著  講談社  2008年11月
クリックすると元のサイズで表示します
それは、たった100年前のことでした……
北海道にいたエゾオオカミが、この世からいなくなったのは約100年ほど前のこと。動物絵本作家の第一人者であるあべ弘士が、人間と動物の歴史をしずかに語ります。


私は1冊目と2冊目です。1冊目の本は、紙質のせいかめくりづらくスムーズにめくれなくて反省です。でも両方とも子どもたちは興味をもってきいてくれました。
3冊目の本も真剣に聞いていました。終わったあとに3冊とも感想も言ってくれました。

2019/2/11  13:10

読書記録  

会社を綴る人
朱野帰子/著
双葉社 2018年11月


クリックすると元のサイズで表示します

注意散漫で自信がなく、何をやってもうまくできない紙屋(30代・独身)は、なんとか老舗の製粉会社に就職することができた。しかし配属された総務課では、あまりの仕事のできなさに何もしないでくれと言われる始末。営業部のおじさん達にイジられ、ブロガーの同僚にネットで悪口を書かれながらも、唯一誇れる文章への愛をたよりに紙屋は自分にできることを探し始める。会社で扱う文書にまつわる事件を、社会人偏差値低めなアラサー男子が解決!?人の心を動かすのは、熱意、能力、それとも?(e-honのHPより)



面白かったです。文章力が高いってうらやましいなあってほんとに思います。でもこの彼やそのお兄さんの人柄があってこその結果だよなあって思いました。

2019/2/11  12:14

Endless SHOCK  ジャニーズ関係

Endless SHOCK

2019年2月6日(水)18:00開演
帝国劇場

1階K列37番 S席

キャスト
堂本光一、内博貴、前田美波里
福田悠太、松崎祐介、寺西拓人、松田元太、松倉海斗、川島如恵留
梅田彩佳、石川直、日野一輝 他

Scene & Music

一幕
Overture
- SHOCK OVERTURE
Scene 1  SHOCK OPENING
- OPENING CONTINUE
- 劇場への誘い(オーナー挨拶)

Scene 2  Off Broadwayのショー
- So Feel It Coming
- The Company
- NEW HORIZON

Scene 3  劇場のバックステージ
- Yes, My Dream

Scene 4  劇場の屋上
- ONE DAY

Scene 5  ニューヨークの街
- It’s A Wonderful Day
- Don't Look Back

Scene 6  インペリアル・ガーデンシアター
- Introduction
- Dancing On Broadway
- Memory of Skyscrapers
- Rock The World
- SOLITARY

Scene 7 バックステージ
- Missing Heart

Scene 8  Japanesque Show
-Japanesque組曲

二幕
Prologue
- 死への招待
- Dead or Alive

Scene 1  シェイクスピア ・シアター
- バッハ ミサ曲
- マーラー 5番
- ベルディ レクイエム

Scene 2  オーナーの劇場のバックステージ
- Don’t Look Back
- New York Dream

Scene 3A  インペリアル・ガーデンシアター
- Higher

Scene 3B  バックステージ
- Japanesque(Underscore)
- Don't Look Back(Underscore)
- ONE DAY (reprise)

Scene 4  It’s A New World On The Earth
- New Show Introduction
- MUGEN(夢幻)
- USA TAIKO
- Ladder Flying
- インターミッション
- マスク
- 夜の海
- 大桜

Scene5  フィナーレ
- CONTINUE

Curtin Call 
- カーテンコール



今年もEndless SHOCKがはじまりました。私は6日に行ってきました。
今回はライバル役は内くん、オーナーは美波里さん。リカ役は梅田彩佳さんでした。
それから川島如恵留くんが初参加。ふぉ〜ゆ〜からは福ちゃん、こっしーの予定でしたがこっしーがけがのため松崎くんが代わりにでています。
演出が変わると聞いていましたが、ネタバレはあまりみてなかったので変更点にいちいちびっくりしました。
アドリブ部分がだいぶけずられ、派手な演出が減り、その分アダルトな感じもし、また今までセリフだったところが歌になったりと多少大人向けになったかなあって思いました。
オーケストラピットを使うことに客席からの登場がなくなったのは少し残念でした。
新曲もいままでにないアダルト感があり新鮮でした。
印象に残ったのは海斗くんのソロパートと寺西くんの演技(今回前回と違うポジションでセリフもふえてました)
ウチの夢のシエイクスピアのシーンもだいぶかわりましたが良かったです。前のもよかったけど今回もまた違って良いって感じ。
如恵留くんは初参加なのになんの遜色もない印象。ダンスも綺麗だしまさにミュージカルダンサーさんでした。得意なアクロバットがもっとあったらよいなあと思いました。今後に期待です。


2019/2/11  11:24

映画鑑賞記録  

2019年2月1日

刀剣乱舞

クリックすると元のサイズで表示します

監督:耶雲哉治
原案:「刀剣乱舞 ONLINE」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本:小林靖子
キャスト:
鈴木拡樹 荒巻慶彦 北村諒 和田雅成 岩永洋昭
定本楓馬 椎名鯛造 廣瀬智紀 
八嶋智人 山本耕史 土屋神葉 他

刀剣を擬人化した「刀剣男士」を率い歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲームで、アニメ化やミュージカル舞台化もされてきた「刀剣乱舞 ONLINE」を実写映画化。織田信長を本能寺の変から逃し、歴史の流れを変えようと企む時間遡行軍の企みを阻止したはずの刀剣男士たちのもとに、「織田信長生存」の一報が届く。本来の歴史を取り戻すため、刀剣男士たちは再び過去へと出陣するが、信長生存の影には怪しい影がうごめき、時間遡行軍も立て続けに歴史に介入してくる。やがて三日月宗近は、敵の本当の狙いに気づくが……。
(映画.comより)



前から気になってた刀剣乱舞。いつか舞台を観たいなあと思っていたのでまず映画を観てみることにしました。
最近刀剣男子をTVで見かけていたのですが、刀剣乱舞はもともとはゲームで刀剣を擬人化した話でミュージカルが大人気というくらいの知識しかなかったのですが、ミュージカル版、舞台版、そしてアニメとあるそうで、ミュージカル版と舞台版では配役もちがうんだとか。
紅白歌合戦をはじめ歌番組にでている刀剣男子はミュージカル版の俳優さんたちで、今回の映画は舞台版の俳優さんたち。
TVでみた刀剣男子たちは若い子たちが多く知っている人の方が少なかったのですが、この映画のキャストは割と知ってる人たちでした。
そしてストーリーですが思いのほかよかったです。歴史を変えようとする人から歴史を守るために過去に行って戦う。なんか最近のライダーもののような話だなあって思っていました。
でも単なる戦闘ものではなくそれぞれの心の葛藤などが描かれ、また信長の最期のあらたな解釈。歴史も好きだし、特撮ヒーローものも好きだし、私の好みにばっちり。
あとでしらべたら仮面ライダーの脚本で有名な小林靖子さんが脚本でした。
映像も綺麗だし、殺陣も迫力がありつつも美しい。
主役の三日月宗近役の鈴木さんもほんと素敵でした。
今後続編ができたならまた観たいなあと思いました。

2019/1/27  15:42

読書記録  

人生のピース
朝比奈明日香/著
双葉社 2018年11月

クリックすると元のサイズで表示します

中高女子校で共に過ごした潤子、みさ緒、礼香。ただいま34歳。「彼氏いない歴=年齢」だった礼香が、見合い結婚することになった。潤子はにわかに焦り、結婚相談所に入会、みさ緒もダメ男と手を切ってマンションを買おうとする。ありがちな選択をした彼女たちが紡ぐ、ありがちではない自分だけの婚活ストーリー。(e-honのHPより)

もし自分が潤子の立場だったらと思うとわかるような気がする。早くに結婚しちゃった自分は結婚が幸せのすべてじゃないよと今なら言えるけどもし結婚してなかったらそれに気づかなかったかもしれないし。まあ他人の婚活ストーリーはおもしろいです。


妻のトリセツ
黒川伊保子/編著
講談社 2018年10月

クリックすると元のサイズで表示します

いつも不機嫌、理由もなく怒り出す、突然10年前のことを蒸し返す、など、耐え難い妻の言動…。ベストセラー『夫婦脳』『恋愛脳』の脳科学者が教える、理不尽な妻との上手な付き合い方。(e-honのHPより)


男脳と女脳の違いは面白いと思う。具体的な例があげられていてわかりやすいです。こういう本を読む夫は問題ないと思う。妻の気持ちをわからない、妻をおこらせる夫はまずこの手の本を読まない。この手の本に気づかない。いっそ、学校で脳科学の授業をしたらどうでしょう。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ