2020/2/27  10:19

泣くロミオと怒るジュリエット  

泣くロミオと怒るジュリエット

クリックすると元のサイズで表示します

2020年2月23日(日)13:30開演

シアターコクーン

S席 1階D列9番

作・演出:鄭 義信
出演:
桐山照史、柄本時生、橋本 淳、元木聖也、高橋 努、
岡田義徳、朴 勝哲、みのすけ、福田転球、八嶋智人、
段田安則 他

ストーリー
戦争が終わって5年。港を擁する工場街ヴェローナ。
工場から出る黒い煙と煤に覆われた鉛色の街。その街の空気をさらに不穏にしているのは、顔を合わせる度に揉め事を起こす2つの愚連隊“モンタギュー”と“キャピレット”だった。
“モンタギュー”の元メンバーで、今は更正してカストリ屋台で働く奥手でまじめな青年ロミオ。ロミオの親友で、喧嘩っ早くいつも問題を起こす張本人のマキューシオと、正反対に聡明で理知的なべンヴォーリオ。3人はそれぞれに、今の時代や自分の境遇に悩みや閉塞感を感じていた。そんな日々の憂さ晴らしに3人が出かけたダンスホールで、田舎から出てきたばかりのジュリエットに出会い、ロミオは人生で初めての恋に落ちる。しかしジュリエットはなんと、敵対する“キャピレット”のリーダーティボルトの妹だったのだ…!
そんなことはお構いなしに燃え上がる2人の恋。ロミオは白頭山東洋治療所の店主で父親のような存在のローレンスに相談するが…。2人を取り巻く様々な人物と共に、街は大乱闘に巻き込まれていく…。(公式HPより)


泣くロミオと怒るジュリエットを夫と観てきました。柄本時生くんがでるというので、夫も行きたいと言い、連れて行きました(笑)夫はお芝居など観に行くのは初めてだったと思います。
結構長時間だったのでちょっと疲れたようでした。
でも内容も年齢的には理解できるものだし、知っている俳優さんもでていて楽しめたのではないかな。
これはオールメール&関西弁というかなり異色のロミジュリでしたがとても面白かったし、戦争という背景の重さもつたわってきました。
時生くんのジュリエットはとってもかわいい。冒頭は笑ってしまいましたが、どんどんかわいくみえてきてもうジュリエットでした。ラストのドレス姿も素敵でした。
桐山くんは吃音のロミオ。想像していたロミオとはちがいましたが、その純粋なまっすぐな青年をしっかり演じていました。でもダンスシーンになるとさすがアイドル。キラキラ感あります。
あと橋本淳さんがかっこよかったです。これは初日に観た娘も言っていました。本家ロミジュリならロミオにピッタリのビジュアルです。
元木くんは得意のアクロバットをふんだんに使い迫力のある乱闘シーンになっていました。
そしてなんといっても八嶋さんと高橋さんのシーンが印象にのこりました。高橋さんが戦争の時のことを語るシーン。気迫が凄かったです。八嶋さんの普段のコミカルなおばさんキャラも一変しシリアスな二人のシーン。さすがです。
たくさん笑ったり心が締め付けられたり泣いたり、いろいろ考えせせられる舞台でした。



2020/2/18  11:08

本の読み聞かせ  

今月の読み聞かせは2/18 6年1組。
3人で行ってきました。

1冊目
エプロンシアター                        
おおきなかぶ
A.トルストイ作


2冊目
おおきな木                
シェル・シルヴァスタイン/作・絵  村上春樹/訳
あすなろ書房 2010年9月

クリックすると元のサイズで表示します
いつでもそこにある木。成長し、変わっていく少年。それでも木は、少年に惜しみない愛を与え続けた・・・何度でも読み返したい、シルヴァスタインのロングセラー絵本。

3冊目
ももたろう                             
代田昇/文  箕田源二郎/絵
講談社  2005年1月

クリックすると元のサイズで表示します
ももたろうは、おにを退治しに鬼ヶ島へ! 
誰もが知っている、ももたろうが育ち、おにを退治し、村にももどるまでの昔話を、正当派の口調で再現


恒例のお楽しみエプロンシアターは今年も担当者不在のため2人でやりました。なかなかタイミングを合わせるのがむずかしいのでやっぱり一人でやるのがベストかなっておもうんだけど、それもまた難しいです。
小さい頃みた懐かしいエプロンシアターをやりますっていうんだけど、ここ数年の6年生は初めて見る子が多いようです。幼稚園とかではもうやらなくなったのかな。
私はこのエプロンシアターのナレーションと2冊目の本を担当しました。
そして3冊目は昔話の読み方がとっても上手なメンバーが担当。良く知られているお話をあらためて聞くとそうだったのかって新たな発見もあったりするかなと思いました。このももたろうは、最初はぐうたらのこどもだったところがかえってよかったりします。ただ8分くらいかかるので時間オーバーしてしまいました。
6年生にしては簡単なお話ですがそこにかくされているメッセージに気付いてくれてもよし、単純に楽しんでくれてもいいかなって思います。


2020/2/17  17:16

天保十二年のシェイクスピア  

絢爛豪華 祝祭音楽劇
天保十二年のシェイクスピア

クリックすると元のサイズで表示します

2020年2月16日(日)12:30開演
日生劇場

S席 1階I列29番

作 井上ひさし
作曲 宮川彬良
演出 藤田俊太郎

キャスト
高橋一生 浦井健治 唯月ふうか 辻萬長
樹里咲穂 土井ケイト 阿部裕 玉置孝匡
章平 木内健人 熊谷彩春 梅沢昌代 
木場克己 他

あらすじ
江戸の末期、天保年間。下総国清滝村の旅籠を取り仕切る鰤の十兵衛は、老境に入った自分の跡継ぎを決めるにあたり、三人の娘に対して父への孝養を一人ずつ問う。腹黒い長女・お文と次女・お里は美辞麗句を並べ立てて父親に取り入ろうとするが、父を真心から愛する三女・お光だけは、おべっかの言葉が出てこない。十兵衛の怒りにふれたお光は家を追い出されてしまう。
 月日は流れ、天保十二年。跡を継いだお文とお里が欲のままに骨肉の争いを繰り広げている中、醜い顔と身体、歪んだ心を持つ佐渡の三世次が現れる。謎の老婆のお告げに焚き付けられた三世次は、言葉巧みに人を操り、清滝村を手に入れる野望を抱くようになる。そこにお文の息子 ・きじるしの王次が父の死を知り、無念を晴らすために村に帰ってくる―。
(公式HPより)

面白かったです。
天保水滸伝を父としシェイクスピアの全作品を母として生まれたという井上ひさしさんの戯曲。
天保水滸伝はよく知らないし、ジェイクスピアも全部は読んでないのですが、楽しめました。
言葉遊びがたくさんあって、そして卑猥な言葉や芝居もあるのだけど、嫌な感じはせず笑えました。シェイクスピアの聞いたことあるセリフ、みたことあるシーンがあって全37作品がおりこまれているんだそうです。
主役の一生さんは悪人ですがリチャード3世かな?三世治って名前だし。浦井くんはハムレットであったりロミオであったり、ああだから名前はきじるしの王次なのかって、観ながら納得。よだれ牛はモンタギューからとってるのかとか、わかりやすいものからそうでないものまで、調べたらきっときりがないかもしれません。
役者さんそれぞれのレベルも高いし、楽曲もたのしい。歌詞もおもしろい。歌詞が字幕として舞台左右にうつしだされます。
殺し合いで、たくさんの人が死ぬけど、暗くはないし悲喜劇で楽しめました。

2020/2/13  16:52

読書記録  

まほり
クリックすると元のサイズで表示します
高田大介/著
KADOKAWA 2019年10月

『図書館の魔女』の著者が描く、初の長篇ミステリ!4年の沈黙を破り、『図書館の魔女』の著者が描く驚天動地のミステリ「まほり」とは何か?蛇の目紋に秘められた忌まわしき因習膨大な史料から浮かび上がる恐るべき真実大学院で社会学研究科を目指して研究を続けている大学四年生の勝山裕。卒研グループの飲み会に誘われた彼は、その際に出た都市伝説に興味をひかれる。上州の村では、二重丸が書かれた紙がいたるところに貼られているというのだ。この蛇の目紋は何を意味するのか? ちょうどその村に出身地が近かった裕は、夏休みの帰郷のついでに調査を始めた。偶然、図書館で司書のバイトをしていた昔なじみの飯山香織とともにフィールドワークを始めるが、調査の過程で出会った少年から不穏な噂を聞く。その村では少女が監禁されているというのだ……。代々伝わる、恐るべき因習とは? そして「まほり」の意味とは?『図書館の魔女』の著者が放つ、初の長篇民俗学ミステリ!(e-honのHPより)

長かったです。ストーリーは面白かったのですが、それを謎といていく過程の文献の引用部分が難しかったので、途中からそこは適当に読み飛ばした感じです。

マジカルグランマ
クリックすると元のサイズで表示します
柚木麻子/著
朝日新聞出版 2019年4月
女優になったが結婚してすぐに引退し、主婦となった正子。夫とは同じ敷地内の別々の場所で暮らし、もう4年ほど口を利いていない。ところが、75歳を目前に再デビューを果たし、「日本のおばあちゃんの顔」となる。しかし、夫の突然の死によって仮面夫婦であることが世間にバレ、一気に国民は正子に背を向ける。さらに夫には2000万の借金があり、家を売ろうにも解体には1000万の費用がかかると判明、様々な事情を抱えた仲間と共に、メルカリで家の不用品を売り、自宅をお化け屋敷のテーマパークにすることを考えつくが―。「理想のおばあちゃん」から脱皮した、したたかに生きる正子の姿を痛快に描き切る極上エンターテインメント!
(e-honのHPより)

面白かったです。元気をもらえる1冊です。

2020/1/27  16:20

フランケンシュタイン  

ミュージカル「フランケンシュタイン」

2020年1月26日(日)13:00開演
日生劇場
 

S席 2階A列12番

クリックすると元のサイズで表示します


音楽:イ・ソンジュン
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞

キャスト
中川晃教 柿澤勇人(Wキャスト)
加藤和樹 小西遼生(Wキャスト)
音月桂
鈴木壮麻
相島一之
露崎春女
大矢臣 小林佑玖(Wキャスト)
浅沼みう 山口陽愛(Wキャスト) 他

ストーリー
19世紀ヨーロッパ。科学者ビクター・フランケンシュタインが戦場でアンリ・デュプレの命を救ったことで、二人は固い友情で結ばれた。“生命創造”に挑むビクターに感銘を受けたアンリは研究を手伝うが、殺人事件に巻き込まれたビクターを救うため、無実の罪で命を落としてしまう。ビクターはアンリを生き返らせようと、アンリの亡き骸に今こそ自らの研究の成果を注ぎ込む。しかし誕生したのは、アンリの記憶を失った“怪物”だった。そして“怪物”は自らのおぞましい姿を恨み、ビクターに復讐を誓うのだった…。
(公式HPより)



2020年最初の観劇は日生劇場でのフランケンシュタインでした。加藤和樹さんファンの友人と行ってきました。
なので、加藤さん、中川さんの公演です。
2017年のときもこの二人の組み合わせの公演をみました。
ストーリー、演出はほぼ同じなのですが、加藤さんの迫真の演技、中川さんの歌声にひきこまれます。のめりこんでみてしまうので切なくて苦しい結末にどっと疲れました。それでも観たい、よかったなあって思えるのはなぜなのでしょうか。


終演後は友人と俺のフレンチにて美味しいお料理をたべながら感想を語り合いました。
ちなみに俺のフレンチではドラマのグランメゾンとのコラボメニューがあり3種類いただいてきました。

2020/1/16  12:02

本の読み聞かせ  

2020年初の読み聞かせボランティアは1/14 5年生でした。
今回は2人で3冊を読んできました。

1冊目
どんぶらどんぶら七福神                        
みきつきみ/文  柳原良平/画
こぐま社  2011年11月

クリックすると元のサイズで表示します
コピーライターのみきつきみさんの言葉も調子よく、子どもは呪文のように覚えてしまうかも? 福々しい神さまの笑顔にこちらの頬もゆるみ、思わず周りの人にもすすめたくなってしまう絵本です。

2冊目
としょかんねずみ                           
ダニエル・カーク/作  わたなべてつた/訳
瑞雲社  2012年1月

クリックすると元のサイズで表示します
本を読むこと、書くことの楽しさを伝える絵本
図書館ネズミのサムは本を読むのが大好き。ある日、自分で本を書くことを思いつきました。一生懸命書き上げて、こっそり図書館の棚に並べたら、大人気に。でも、みんながサムに会いたいと言い出したから、さあ大変!


3冊目
どうぶつさいばん ライオンのしごと                 
竹田津 実/作  あべ弘士/絵
偕成社  2004年8月

クリックすると元のサイズで表示します
タンザニアの草原。ヌーを襲ったライオンが裁判にかけられる。8つの証言の後判決が。動物の世界のあるがままの姿を伝える絵本。


私は1冊目と2冊目を読みました。1月ということ、ねずみ年ということで、お正月のお話、ねずみがでてくる本の中から選びました。どちらも絵がみやすく読み聞かせにはとても適していました。





2019/12/31  14:38

2019年備忘録   

2019年
1月
 ママ友4人でスカイツリーへ
2月
 娘の結婚相手の家族と顔合わせ
3月
 都内外泊(綾瀬)
 娘入籍
 座骨神経痛(腰部脊椎菅狭窄症)発症
 床下点検
 甥高校卒業
4月
 家族食事会(娘の結婚のお祝い)
 義父3回忌法要
 娘の結婚式衣装合わせ2回
5月
 母と金沢旅行(2泊3日)
 人間ドッグ(オプションマンモグラフィー、動脈硬化検査、ピロリ菌)
 WOWOW契約
 キッチン換気扇取替工事 リビング照明器具取替
6月
 娘の結婚式の衣装合わせと両家食事会
 腰部MRI
 夫人間ドッグ
7月
 
8月
 寝室エアコン取替
 長野お墓参り(1泊2日)
 ケーブルTV点検 ガス会社変更
9月
 夫タイ旅行(4泊5日)
 都内外泊(赤坂)
 台風
10月
 台風
 シェービングエステ
 娘の結婚式(八芳園)品川に前日泊
11月
 台風後の家屋点検
12月
 都内外泊(神保町)
 
 
 

2019/12/31  13:26

2019年ライブ・舞台鑑賞記録  

2019年の鑑賞記録

1.13(日)13:00 ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812(東京芸術劇場プレイハウス)

2.6(水)18:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

3.2(土)18:00 Endless SHOCK(帝国劇場)
3.3(日)13:00 Musical Red Hot & COLE(博品館劇場)
3.15(金)18:00 ミュージカル「プリシラ」(日生劇場)
3.21(木・祝)14:00 佐藤健 30th アニバーサリーイベント(三郷市文化会館大ホール)
3.24(日)15:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

5.8(水)18:00 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!(東京ドーム)
5.12(日)13:00 滝沢歌舞伎ZERO(新橋演舞場)
5.26(日)13:00 BACKBEAT(東京芸術劇場プレイハウス)

6.16(日)13:00 Rock Opera 「R&J」(日本青年館ホール)
6.20(木)13:30 CLUB SEVEN ZERO U(シアタークリエ)

7.7(日)12:00 ミュージカル エリザベート(帝国劇場)
7.21(日)13:00 奇子(紀伊國屋ホール)

8.11(日)15:30 Brand New Musical Concert 2019(東京オペラシティコンサートホール)
8.18(日)13:00 ミュージカル エリザベート(帝国劇場)
8.25(日)13:00 舞台「7ORDER」(天王洲 銀河劇場)

9.2(月)18:30 関ジャニ∞ 十五祭(東京ドーム)
9.15(日)13:00 新作ミュージカル「怪人と探偵」(KAAT神奈川芸術劇場ホール)
9.16(月・祝)13:30 ミュージカル「ドン・ジュアン」(TBS赤坂ACTシアター)
9.23(月・祝)14:00 ORIGINAL MUSICAL THE CIRCUS! EPISODE FINAL(新国立劇場中劇場)

10.26(土)17:00 A.B.C-Z ジャニーズ伝説2019(日生劇場)

11.3(日)17:30 中川晃教 コンサート2019 I Sing 〜Soul Beat〜(日本青年館ホール)
11.17(日)12:00 ミュージカル「ファントム」〜もうひとつのオペラ座の怪人〜(TBS赤坂ACTシアター)
11.23(土)18:00 ミュージカル ダンスオブヴァンパイア(帝国劇場)
11.30(土)18:00 ARASHI Anniversary Tour 5×20(東京ドーム)

12.14(土)18:00 KinKi kids Concert Tour 2019-2020 Thank 2 YOU(東京ドーム)
12.15(日)12:00 ENTA!2(Zepp DiverCity TOKYO)
12.19(木)13:00 ロカビリー☆ジャック(シアタークリエ)





2019/12/30  12:16

ロカビリージャック  

ロカビリー☆ジャック

2019.12.19(木)13:00開演

シアタークリエ

5扉11列18番

作・作詞・楽曲プロデュース:森雪之丞
作曲:斉藤和義 さかいゆう 福田裕彦
演出:岸谷五朗

出演:屋良朝幸 海宝直人 昆夏美 
   青柳塁斗 岡千絵
   平野綾 吉野圭吾
   真瀬はるか 中村百花 かちゃ 蛭薙ありさ
   田村雄一 上野聖太 宮野怜雄奈 村井成仁 常川藍里

Story
1950年代に誕生し、エルヴィス・プレスリーら人気シンガーが牽引し一世を風靡したロカビリー音楽――。ロカビリーに魅せられた売れない歌手ジャックは、スターになるために悪魔と契約を交わす。それは“愛”を歌えないジャックにシンガーとしての成功を約束する代わりに、彼の中に“愛”が生まれ大きく育った時、命とともにそれをもらう…という契約だった。 一年後、成功の階段を駆け上がるジャックの前に、一人の女性シンガーが現れ、二人は一瞬で恋に落ちる。悪魔がささやく「こりゃ意外と早く“愛”を味わえそうだ…」。
情熱的な若者たちの愛、友情、青春、予想のつかないどんでん返しの物語に、コミカルでキャッチ―かつ感動的な音楽が絡まる日本発!世界を席巻する一大エンターテインメントがついに開幕!!(公式HPより)


すごく楽しかったです。キャストみんな歌がうまいし、楽曲もいい。そして屋良くんのダンスはやっぱり素敵。綺麗です。
昆ちゃんや吉野さんの演技は秀逸。ストーリーも面白かったです。

2019/12/30  11:51

ENTA!2  ジャニーズ関係

ENTA!2

2019.12.15(日)12:00開演

Zepp DiverCity


2階2A列7番

出演:ふぉ〜ゆ〜
    福田悠太 辰巳雄大 越岡裕貴 松崎祐介
ゲスト:壇蜜(12/15)


今年もふぉ〜ゆ〜のエンタメショーのENTA2を観てきました。
歌、ダンス、トーク、お芝居などもりだくさん。この日のトークの日替わりゲストは壇蜜さんでした。とってもかわいらしくもとめられていることに上手に対応する気遣いのできる素敵な女性でした。でもトーク内容はふぉ〜ゆ〜メンバーがまいあがってたのか、薄かったなあという印象でした。せっかくの壇蜜さんがもったいない。
お芝居はその場で抽選して役割をきめてやるということで、ふくちゃんがセリフをわすれたりと面白かったです。これ毎回みたくなります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ