卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどい  専攻科・学ぶ作業所

 今日は松原の「ぽぽろスクエア」で第10回目の「卒後の学ぶ場・専攻科を考えるつどい」を行いました。
 北河内からの参加がなかったのが残念でしたが、泉南と東大阪に加えて、堺から来ていただいた方もあり、スタッフを入れて13人の参加でした。
クリックすると元のサイズで表示します

 見学は建物も畑も含めて皆さん我がことのように喜んでいただき、嬉しかったです。
 聖母の家学園・専攻科の見学会報告とぽぽろスク絵のカリキュラム・授業内容はぽぽろ大東スタッフのShaさんにしてもらいました。
 3月24日(土)に行う「堺(松原)に学ぶ作業所をつくる会」総会で「つどい」から発展させて「「卒後の学ぶ場・専攻科を実現させる会」(仮称)の結成を呼びかけることも提起しました。
 今後は大阪府や国に対して希望すればだれでも通える専攻科のある特別支援学校の建設を求めて運動を強めることになります。また、有力な地域から「実現させる会」(仮称)を立ち上げ、学びの場を拡大していく取り組みを進めていけたらいいねと確認しました。
 事務局はぽぽろスクエアにおいて、実践の発信と合わせて運動の拠点にしていきたいと思います。

 ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした。一緒に頑張りましょうね。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ