ブランデュー弘前 2019 ホーム6戦目  ブランデュー弘前

ブランデュー、8月唯一のホーム戦。
相手は全国的に有名ないわきFC
昨年は東北2部南を圧倒的な力で制し、今年は東北1部で現在首位
消化ゲーム数はブランデューと同じで勝ち点差は3。
ってことは、ブランデューが今日勝てば勝ち点では並びます

開催場所はいつもの球技場ではなく隣の陸上競技場。
クリックすると元のサイズで表示します
スタメンは
GK 尾関選手
DF 宮下選手 川崎選手 濱中力選手
MF 根本選手 眞口選手 姜選手 沼倉選手
FW 浅利選手 高橋選手 早乙女選手
3−4−3ですが、濱中力選手はサイドのイメージが強いんだよな。

クリックすると元のサイズで表示します
序盤は、ブランデューがコーナーキックのチャンスが2度くらいあったが決められず。
13分、ディフェンスの裏に抜け出したいわきFCの選手をペナルティエリア内で倒してしまいPKの判定。
ブランデューサポーターのすぐ目の前で起こったことで、通常であればPKじゃないだろくらいの怒声がとぶもんだが・・・
あれはしょうがないよねという空気。
10番に決められて0−1。
その後はいわきFCが攻めてブランデューが守るような感じ。
とは言え防戦一方という感じでもなく、効果的にショートカウンターでゴール前まではいけてる。
いわきFCはボール保持時間は長いものの、そんなにゴール前に迫るような感じでもなく・・・
ただ、カウンターになったときには9番10番の2人だけでチャンスを作ってしまう。
前半の両チームを比べると、走る距離スプリント回数なんかは同じくらいなんじゃないかな。
ただ、スプリントの質と言いますか、どこで全力で追うかとかその辺がいわきFCのほうが上回ってた感じはあった。
ってことで、前半0−1で終了。
失点はPKだけだし、攻撃も悪くはないから後半に期待が持てる感じ。

ハーフタイム。
クリックすると元のサイズで表示します
スタンドでまったりするヤーヤドンさん。
※弘前市非公認ローカルヒーロー

後半、開始時点での選手交代なし。
特段悪いところや気になるところがなかったということか。
クリックすると元のサイズで表示します
後半開始直後から、ブランデューが攻撃的に。
選手が変わらず戦術だけでここまで変わるのかというくらい、攻め立てます。
しかし相手のブロックは固い・・・
9番10番を残してがっつり引くような場面も。
カウンターが怖いが、そこは3枚のディフェンス陣がしっかりカバー。
58分、沼倉選手アウト、海野選手イン。
最終ラインからサイドの前のほうにいる海野選手へのパスが出るようになり、攻撃がさらに活性化
しかし得点にはつながらず・・・
66分、姜選手アウト、笠原選手イン。
交代で入った海野選手は右サイドで、笠原選手は左サイドで前を狙う動き。
暑さもあって疲れた相手に対し、裏を狙うという攻撃はシンプルだが効果的
67分、笠原選手が左から上げたボールがゴール前でごちゃごちゃっとなって、高橋選手が詰める!
ここに来て同点に追いついた!
スタンドはすごい盛り上がりようで、中にいたこっちも驚いちゃった。
その後、いわきFCバスケスバイロン選手(青森山田高出身)を投入。
それもあってか終了間際にはゴール前に攻め入られる時間もありました。
尾関選手のセーブやクロスバー選手の活躍もあって失点なし。
攻撃陣も、シュートは打つものの相手ディフェンダーの必死の守りを崩すことができず。
クリックすると元のサイズで表示します
最終的には1−1で終了しました。

今日のよかった点
 失点はPKのみ(流れから失点してない)
 尾関選手のセーブ
 変な方向に熱くならなかった
今日の悪かった点
 勝てなかった(今日の試合としてはOKだけどリーグ戦全体を考えると痛い)

なんか、今日の試合は感動しちゃったな。
個人的には前日に行われたサポーター同士の懇親会に出席したんだけどもさ。
総勢10名程度だから大した規模じゃない。
でもこういう交流があったからこそ、今日の試合は両チームの選手、サポーターが一体となって作り上げたような感じがしたんだよなぁ。
入場者数は公式発表525人ってことで、Jリーグに比べたら数は少ない。
でもあの雰囲気をたったこれだけの人数で作り上げるってすごいことなんじゃないかな。
もし、初めてブランデューの試合を見たのが今日だって人がいたらすごくラッキーなことだと思うよ
いや、勝てればもっとよかったんだけども。

クリックすると元のサイズで表示します
東北リーグ公式プログラムに昨シーズン得点王早乙女選手のサインもらった♪
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ