高校サッカー  スポーツ


1月上旬のこの週末、高校サッカーの決勝がありました。
結果はPK戦の末、鹿児島実業が優勝しました。
以前は決着がつかない場合「両校優勝」だったんだけどなぁ。
それだとだめなのかな、と思っちゃいました。
決勝以外は、次の試合に進むチームを決めるからPKもしょうがない。
でも、優勝をどうしても決めるって必要ないじゃん。
なんとなくそう思っちゃうなぁ。

今年の高校サッカーの決勝は鹿実、市船。
準決勝で敗れたのは国見、星稜。
4強のうち3つはいわゆる「常連校」。
高校の場合、3年でメンバーが全員入れ替わります。
それでもいつも全国大会で上位に来るのはすごいこと。
こうなると、やっぱり指導者の力なんだろうな。
国見の小峰総監督なんかが有名だけどね。

まぁ、それにしてもPKは運だからな。
負けたほうは負けた気がしないはず。
それでも勝負だからしょうがないか。
こればっかりは指導者でもどうしようもないもんなぁ。
はずそうと思って蹴るやつはいないんだし。

この大会に出た人から、未来の代表選手が出るんだろな。
それがこういう大会を見るいちばんの楽しみかも(笑)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ