こいのぼり  やわらかい話


この3連休、ちょっと実家へ帰りました。
明日も仕事が終わったら帰るんだけどね。
2日は仕事だからしょうがないね。
6日は休みをとったけどさ。
うちの職場で「2日か6日、どちらか必ず休みなさい」って言われてさ。
まぁ、上の上からのお達しみたいだけど。
そうでもしなきゃ休みを取りたい人が取りにくいからね。
俺はどっちでもいいんだけど。

ってなわけで、金曜日に実家へ車で向かいました。
途中にはこいのぼりを立ててる家もあったよ。
海沿いで、強風に耐えてるこいのぼりもあったし・・・
支柱がしなってるくらいの強風だったよ。
それでもこいのぼりは優雅に舞ってました。

それをみながら、こいのぼりってすごいなって思っちゃった。
ただ風に流されてるように見えるよね。
でも視線は常に風上を向いてる。
来る風に向かっていってるんだよね。
流されてるようで、流れに向かっていってる。
風がなくなれば上を向いてる。
これって人間にとっても大事なことかもね。
流されているようで、自己を主張する。
そして上を目指してる。

な〜んて、たかがこいのぼりでこんなこと考えるのは俺くらいのもんか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ