2013/11/22

バガンの馬毛胎漆器  技巧・意匠・素材



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 ミャンマー・マンダレー管区 バガン近郊の村にて)


●漆を塗って仕上げる前の製作途中の馬毛胎漆器
クリックすると元のサイズで表示します


●馬毛胎漆器の完成品
クリックすると元のサイズで表示します


この“馬毛胎漆器”は、極薄に削った竹ひごを経に、馬の毛を緯に緻密に編み込んで漆器の素地とするもので、漆を塗ったあとの完成品は軽量で力を掛けると柔軟にたわむほどの柔らかさですが、それゆえ力を吸収し壊れにくいという独自の特性を有するものとなります。

乾燥後も柔軟性・弾性を保持し続けるビルマ漆の性質を巧く利用したもので、乾燥後は硬化する漆での製作は馴染みません。ビルマ固有の素材遣い・技巧の伝統漆器と位置付けられます。



●本記事内容に関する参考(推奨)文献




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ