2014/2/19

19c 海洋交易の時代の絹絞り  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インドネシア・スマトラ島 パレンバン  
製作年代(推定) 19世紀半ば〜後半
素材/技法 絹、天然染料 / 縫い締め絞り、巻き締め絞り、手描き彩色(藍)、マクラメ

海のシルクロード交易の地で生まれた、固有の美と香りを有する絹縫い締め絞り布”プランギ”。目にしていると彼の時代に心が運ばれ、物語が展開していくような心地になります。

染織作品の香りは土地と時代が纏わせるもの、現代も美しい染織作品は数多くありますが、鼻腔の奥をくすぐるような香りを有するものは極めて少ないように思います。

”美しい”という言葉より、”薫り高い”という言葉が先に口につく絹縫い絞り布の名品です。




●本記事内容に関する参考(推奨)文献



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ