2014/6/24

天然染色の完成美  染織



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ラオス・フアパン県 サムヌア  
製作年代(推定) 20世紀前期
民族名 タイ・デーン族  

紺(絹×木綿)と赤(絹×絹)の絣、白・黄・橙・緑・赤の浮文の緯紋織と縞が一つの織物として表現されたタイ・デーン族の祝祭・宗教儀礼用スカート、20世紀前期の作例です。

腰布の茶を含め、染色はすべて天然染料を素材になされたものであり、鮮やかながらも深みのある色彩の美しさが際立ちます。”完成美”という言葉が自ずと浮かんでくる作品です。





●本記事内容に関する参考(推奨)文献
 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ