2016/2/15

パトラ写しのトラジャ伝世インド更紗(2)  染織



クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド北西部 グジャラート州  
製作年代(推定) 18世紀
渡来地・使用地 インドネシア・スラウェシ島トラジャ
素材/技法 木綿、天然染料 / 木版捺染、媒染、両面染め
サイズ 緯78cm×経212cm

同時代作の絹経緯絣パトラのデザインが忠実に写された、18cのトラジャ交易向けインド更紗。

この手のパトラ写しインド更紗は比較的長い期間にわたり製作されスラウェシ島トラジャやバリ島にもたらされたことが確認されますが、いずれも両面染めで手掛けられている点に特色があり、単なるデザインの写しでなく、パトラを代用する儀礼用布として用いられたことが推察されます。

繊細な模様ではありませんが、デザインと染めの完成度の高さを感じさせるインド更紗です。




●参考画像 絹経緯絣 パトラ (インドネシア渡り)
クリックすると元のサイズで表示します

※上画像は京都書院刊「知られざるインド更紗」より転載いたしております





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ