2017/3/24

インド・ビハール ミティラー画  絵画




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 インド・ビハール州 ミティラー地方(Mithila)
作者 バーティ・ダヤル(Bharti Dayal)
製作年 2000年
素材 紙、天然水彩絵の具

「ミティラー画(マドゥバニ・ペインティング)」は、インド・ビハール州北東部とネパール南東部にまたがって位置する”ミティラー地方”(マドゥバニは、主たる製作地の村々を擁するインド側にある街の名前)で、3千年にわたって母から娘へと継承されてきた伝統的民俗絵画です。

本来は家の泥土壁を彩色する”マッド・ウォール・ペインティング”として伝えられてきたモノであり(紙に描かれるようになったのは比較的近年)、農牧生活の豊穣・家族の幸せ等を神々に祈りながら描かれてきました。絵のモチーフは、神々や人・動物・太陽や月など自然と創造に関わるものが中心となります。

本画はミティラー画家の”バーティ・ダヤル”がビハールの牧歌的風景を描いたもので、彼女はこの絵を製作した2000年に「Bihar State Award」、2001年には「Millennium Award from All India Art and craft」を始めとする数多くの美術・伝統工芸賞を受賞したのち、2006年にインド政府から「National Award」を授与されました。




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




●本記事内容に関する参考(推奨)文献
  



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ